2008年1月20日 (日)

子供孝行〜付:チャップリン映画祭、期間延長

娘が高校受験直前なのに、今日は「壮行会」という名目で、昼から夜まで、子供らと三人、新宿で楽しんでしまいました。

・・・本当は、素敵な女性と二人でデート、が理想なのですが(まあ、誰も相手してくれない)、平日の夜はこの子たちが食事や風呂の支度を手伝ってくれ、休日は、一週間頑張った疲れで昼まで寝ている。
元気をあげて、恩返ししなくちゃ、罰が当たります。
本当はMr.Beenの新作「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」を見たいところでしたが、娘が先日、自分だけチャップリン映画祭に行かなかったのをぼやいていましたので、まずはそれを見に行って、そのあとはフルーツパーラータカノでデザート、それから好きなもの(娘は「色とデザイン」に関する本と、コブクロのCD、息子はチャップリンの写真集と「Been」映画版のDVD)を買ってやり、晩ご飯もレストランで。
一週間分の生活費を1日で使ってしまったけど、いいでしょう!

今日のチャップリン映画祭は「殺人狂時代」

・リンクしたのは、ワインに混ぜた毒物での殺人試験をやめるシーンです。

全編をじっくり見たのは初めてです。内容について、いまさらくどくど言う必要は無いでしょう。一言だけ許されるなら、この作品、チャップリンが初めて素顔で出演した自作であることに、私は大きな意味をみいだした気がしました。
なお、観客のアンケート結果から、25日のアンコール上映は「モダンタイムス」「街の灯」に決りました。
また、新宿ガーデンシネマでは、会場はワンフロア変わりますが、映画祭自体、2月1日まで延長されることになったそうです。
「独裁者」以降、とかく「モラリスト臭くなった」と陰口をたたかれることもありますけれど・・・彼の作品に「モラルの押し売り」は無い、と私は感じています。
この機会に、ぜひ一作品でもご覧になってみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

チャップリン映画祭in新宿その他

昨日、モーツァルトの作品紹介の中で、場違いとは思いつつ、チャップリンを引き合いに出してしまいました。

本当は、最近出た別の、日本人の漫才DVDを素材に、「演じることの勘どころ」を勉強してレポートするつもりだったのですが、先送りします(だいたい、自分に<勘どころ>が分かるかどうか、感性が甚だ怪しい、との危惧もありますし)。

で、ちょっとだけ、チャップリン。映画の中身のことではないのですけれど。(各映画のタイトルへのリンクで、内容は分かるようにしました。)



彼の残した中で、最も私の記憶に刻まれた言葉・・・

「人生は、短い目で見れば悲劇、長い目で見れば喜劇」

つい最近知った言葉ですが、反芻するようになってから、
「あ、私も喜劇を生きているんだな」
と、・・・精神不安定な日々を送っていてお恥ずかしくはあるのですが・・・思い出しては自分を笑えるようになってきた気がします。・・・誰もがそうだったら、人生、もしかしたら、どんなに不幸でも楽しい。(ホンマかいな?)



チャップリンの映画については、一時期、著作権が切れたということで数作品のDVDが500円で入手できましたが、その後の係争で、不可能になりました。
ただ、高価でも、やはりブックレットと特典盤付きのBOXセットのほうが、たとえば彼が上のように語るに至った心を窺い知るためには大変貴重な資料が特典ディスクに収められているので、結果的には「悪くなかったかも」と感じております。なお、一作ずつのバラ売りもしています。(ただし、初期のドタバタ短編はまた別の高価なボックスセットを入手しないと全部は見られませんので、いまのところその場その場で見つけた1枚ずつをちまちま息子に見せています。)


それはともかく、今、新宿の伊勢丹と通りをはさんだ映画館で、「チャップリン映画祭」をやっています。(下記リンクでは、他地方での上映映画館も分かります。札幌、青森、名古屋、大阪、福岡で開催中。)
1日に3作品を上映、好きな作品の上映時に1作ずつ鑑賞する、という形態で、1月25日まで開催されています。
アンケートが用意されていて、
「最も笑える作品」
「最も泣ける作品」
を書くようになっています。
最も票の集まった作品を、25日にアンコール上映するそうです。

1月6日に、私は息子の希望で「独裁者」を見てきましたが、お客さんが少なくて・・・ゆったりは見られるものの、なんだか寂しい気もしました。
没後30年で、チャップリンの静かなブームも始まっていることと思いますが、やはり、スクリーンで見るのはDVDでは得られない感動があっていいものです。
お時間がお取りになれるようでしたら、お出かけになってみてはいかが?

「チャップリン映画祭」のページ

ちなみに、明日以降の「新宿ガーデンシネマ」での上映スケジュールは下記のとおりです。
1回目)10:00〜、2回目)13:00〜、3回目)16:00〜、4回目)19:00〜

1/9〜24の1回目=「ライフ・アンド・アート」(ドキュメンタリー)

2回目
1/09〜1/14:「モダンタイムス」
1/15〜1/19:「犬の生活」「キッド」「担え銃」
1/20〜1/24:「殺人狂時代」

3回目
1/09〜1/14:「巴里の女性」
1/15〜1/19:「独裁者」
1/20〜1/24:「のらくら」「サーカス」

4回目
1/09〜1/14:「ライムライト」
1/15〜1/19:「黄金狂時代」
1/20〜1/24:「街の灯」



チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アートDVDチャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート


販売元:ジェネオン エンタテインメント

発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する




| | コメント (1) | トラックバック (1)