« 人格 | トップページ | いざとなったら鎌倉 »

2017年6月24日 (土)

子供たちの進学

 七転八倒してきた十年間のことに限って、案外、思い出せない。

 無我夢中だったことはたしかだ。そのときどきで、いろんなこだわり、負い目、苦しみ、悲しみがあった。そんな気持ちだったことは、忘れない。
 でも、中身が、くっきりよみがえらない。
 父子家庭になった中で、子供たちが、意外に健闘してくれていたからなのかもしれない。
 それはそれで、子供たちが自分の口から言うことも、ほとんどない。

 家内が死の直前まで娘と音楽大学や音楽高校を見学して歩いていたので、娘はおのずと音楽志望になった。でも、進学に必要な専門の勉強をやったことがない。周りの人に尋ねまくって、教えてもらえる先生探しをした。
 先生が決まると、あとは特段、娘の勉強について心配する必要は生まれなかった。
 公立高校の音楽科に無事合格したときは、発表の掲示の前で、飛びあがって喜んだ。本当に、大声で叫びながら飛び上がったのらしい。その後しばらくのあいだ、娘は僕に近寄らなかった。

 息子には、姉の目途がたつまで、何もしてやれなかった。それで、やっと小六の秋に、なにか夢中になれることが出来れば、と、藁にもすがる思いで、柔道教室に入れてみた。これがしかし、小学生までが対象の教室なんだという。残念ながら、半年かよわせたところで、教室卒業とあいなった。中学に進んで入った部活動は、柔道ではなかった。
 その部活も、いじめにあって、一年しかもたなかった。
 酷なもので、学校から、
 「新学年でも部活を続けるかどうか」
 を書くように、と通知が来た。
 なんとか続けてみたら、と、説得しながら記入用の書面を息子の前に広げたのだったが、息子は手がぷるぷる痙攣して、とうてい「続ける」だなんて書けそうにない。
 諦めて、サインをさせずに、書類を学校に返した。
 安いデジカメを渡して、これを持って好きなところを写してくればいい、ということにした。
 自転車で十分くらいのところに、野良猫のたくさんいる公園がある。
 息子が選んだ写真撮影場所は、そこだった。
 晴れても降っても、息子は自転車をこいで公園へ出かけて、野良猫たちの写真を撮ってきた。
 同じころ、絵を描くことにも興味がわいたので、二人で画材屋さんに出かけて、アクリル絵具なるものを買いこんだら、それでこつこつと絵も描いた。
 じゃあ、この子には写真や絵の学校がいいのかな、と思って、そういう高校を、中三になった息子と一緒に見学に行ったのだが、帰りに食事をしているとき、ぼそっと言われた。
 「ここは、僕の入るところではない気がする」
 担任の先生の骨折りで、ちょっと変わり種の子でも入れる、という私立をひとつ受けた。
 別に、やはり先生から
 「ここが向いてるんじゃない」
 と勧められた実業系の公立高校の説明会に出かけた。
 公立高校で、説明を聞きながら、息子は目をキラキラさせた。こんなキラキラは初めて見た、というくらいのキラキラだった。
 私立も公立も幸いに合格した。
 私立は大学受験も見据えていたので、じゃあ、私立かな、と準備しようとしたら、
 「いや、公立に合格していたら公立に行かなければならないんです」
 とのことで、結果、公立高校に進学させることになった。
 こんなはざまに、熱血漢の楽しい先生に出会って、息子はギターも習い始めることが出来た。
 息子の方を本当に向いてくれるか、向いてくれたのか、ということだけが気がかりの種だったが、そこはちょっとズレていた。
 高校卒業までお世話になった。

|

« 人格 | トップページ | いざとなったら鎌倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/70948641

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの進学:

« 人格 | トップページ | いざとなったら鎌倉 »