« 【やじうま古文01】『無名抄』散歩1 | トップページ | しばらく放置していました »

2015年2月28日 (土)

【やじうま古文02】『無名抄』散歩2

Chomeiden

長明さんは19歳か20歳の頃お父さんを亡くしています。庶民の感覚だと、昔の人ならそんな遅くはなかったのでは、と思うのですけれど、長明さんは下鴨神 社の高級神官さん(禰宜)の家の生まれ育ちで有力な親族もいましたから、まだ生活力もついていないうちに大切な庇護者のお父さんが死んでしまったのは、 やっぱり早すぎたのですね。
けれども長明さんはお父さんがまだ生きている間に、お父さんが主催した歌会を目の当たりにしたり、琵琶の腕を磨いたりして、和歌と音楽でそこそこやっていけるようには育ててもらえていたらしく、鎌倉時代史の第一人者である五味文彦さんは
「(長明の父の)長継は兄の早世により禰宜の職が転がり込んだことから、次の禰宜は我が子(=長明)ではなく、(早世した)兄の子季平を考えていたのかもしれない。そのため長明には和歌や管絃を学ぶ環境を整えたのだろう。」
と仰り、そうだったからこそお父さんの長継さんは
「若い長明の才を買い、色々と勉学の手配をしたのであろう。」
と推測なさっています(『鴨長明伝』p.49 山川出版社 2013年)。

きわめて若いうちにお父さんを亡くしたことで長明さんは世間から「みなしご」と言われたようで、のちに後鳥羽院の和歌所で同僚となった源家長にも 「この長明みなし子になりて」と書き残されています(『源家長日記』三七ウ)。それでも『無名抄』の文面にはこうした境遇からくる鬱屈はほとんど感じられ ません。素直な人だったのでしょう、長明さんはおそらくお父さんの親友だった歌人の勝命や、若いときからの琵琶の先生の中原有安から受けたアドヴァイスを 『無名抄』でまっすぐに書き留めています。

中でも琵琶の有安先生は歌人生活の実態にも詳しく、その助言は長明さんの生き方に大きな影響を与えたようです。

あなかしこ、あなかしこ、歌詠みな立て給ひそ。歌はよく心すべき道なり。我がごとく、あるべきほど 定まりぬる者は、いかなる振舞をすれども、それによりて、身のはふるることはなし。そこなどは、重代の家に生まれて、早くみなし子になれり。人こそ用ゐず とも、心ばかりは思ふ所ありて、身を立てんと骨張るべきなり。(中略)そこたちのやうなる人は、いと人にも知られずして、さし出づる所には『誰(たれ)そ』など問はるるやうにて、心にくく思はれたるがよきなり。(以下略)」(13)
決 して決して、歌人だと表立てにしないように。歌はよく注意しなくてはならない道だ。私たちのように、身の振り方が決まってしまった者は、どんなふるまいを しても、それで身の落ちぶれることはない。でもあなたなどは重代の家に生まれて、早く孤児になってしまった。他人こそ用いてくれなくても、心だけは思いを しっかり持って、身を立てようと頑張るべきです。(中略)あなたたちのような人は、よく人にも知られないで、出席したところでは「あなただあれ?」などと 訊かれるようでいて、もっと知りたいと思われるのが良いのだ。(角川文庫の久保田淳訳をもとにしました。)

こんな訓戒を大事にしていたからでしょう、三十代のとき勅撰の『千載和歌集』に歌一首が採用され、長明さんはほんとうにまっすぐに喜んで、有安先生にその心の態度を誉められます。
(一 首くらい採られてみて、長明くんは)別になんてことないさ、みたいに言うのかと思っていたら、本心から喜んでいるんだねえ、歌の道で必ず報いられる(神様 が守って下さる)人だよ、と、先生はすっかり感心した様子で、このときさらに長明さんに大切なことを言ってきかせます。

道を貴ぶには、まづ心をうるはしく使ふにあるなり。今の世の人は、皆しかあらず。身のほども知らず。心高く驕り、かまびすしき憤りを結びて、事に触れて誤り多かり。今、思ひ合はせられよ」(12)
道を貴ぶには、まず精神を清らかにはたらかせるのが大切だ。今の世の人は、みんなそうしていない。身の程も知らず、プライドが高く驕慢で、ぴいちくぱあちく憤懣ばっかり口にして、なににつけても誤りが多い。いまこれを考えあわせておきなさい。

先生のこの言葉をまた大切に感じ、後人のために書き留めておかなければならない、と、長明さんはきっと強く思ったのでしょうね。書き留めた末尾に
「古き人の言へること、必ずゆゑあり。」(12)
と付け加えています。

「(数字)」は、角川文庫版(久保田淳 訳注)での章段のナンバー。底本の章段分けに沿っている由

角川文庫『無名抄』
http://www.amazon.co.jp/dp/4044001111

『無名抄』の電子テキスト(やた管ブログ)
~角川文庫版の底本と同じ「梅沢本」をテキストファイルに落としてあります。
http://blog.livedoor.jp/yatanavi/archives/53157957.html

e国宝
http://www.emuseum.jp/detail/100410?d_lang=ja&s_lang=ja&word=&class=2&title=&c_e=&region=&era=&cptype=&owner=&pos=177&num=4&mode=detail&century=

ここのブログに12段の話がとりあげられています。
http://invitrocafe.blog.fc2.com/blog-entry-187.html

|

« 【やじうま古文01】『無名抄』散歩1 | トップページ | しばらく放置していました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/59089210

この記事へのトラックバック一覧です: 【やじうま古文02】『無名抄』散歩2:

« 【やじうま古文01】『無名抄』散歩1 | トップページ | しばらく放置していました »