« 菜の葉にとまる蝶の話(7) | トップページ | 読んで下さるお友達の皆様へ »

2014年8月 4日 (月)

菜の葉にとまる蝶の話(8)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)


(*数字 とあるのは、文中に資料名を入れると面倒なので末尾に載せた印です。)


【日本人と蝶3】

模様の世界の蝶は平安中期以降はアゲハが多く、描かれる背景の季節は春夏秋まんべんなく、である様子を見てみました。

文芸上はどうだったのでしょうか?
(6)でみたネット上の質問に
「江戸時代以前には和歌に読まれた蝶も、蝶を描いた絵画もなかったという話を聞きました。」
とあったのでしたが、そんなことは全然ありません。

たしかに、万葉集では詞書にしか蝶が現れません。

815〜天平二年正月十三日
帥【大伴旅人】の老(おきな)の宅(いへ)にあつまりて宴会を申(ひら)く。時に、初春の令月にして(中略)庭には新蝶舞ひ・・・

3967〜・・・春は楽しむべし。暮春の風景は最も怜(あはれ)ぶべし。紅桃は灼灼にして、戯蝶花を廻りて舞ひ・・・(大伴家持)

春の花に蝶がやってくるありさまを描いてます。

漢詩ですと、『懐風藻』(751年成立)にいくつか、蝶の詠まれたものがあります。

 

21.犬上王 遊覧山水(五言詩) 4行目
  桂庭舞蝶新(桂庭 舞蝶新たなり)

 

22.紀古麻呂 望雪(七言詩) 9行目/12行
  柳絮未飛蝶先舞(柳絮いまだ飛ばず蝶まづ舞ひ)

和歌以外を先に見ますと、次のような感じです。
『堤中納言物語』の「虫めづる姫君」に生々しく出てくる毛虫と蝶は、ずっと昔であっても日本人が現実に抱く感触は今とさほど変わらなかったことを知らせてくれます。

 蝶は捕ふれば、手にきりつきて(鱗粉がついて)、いとむつかしきものぞかし

等々。
が、ふつうの文章であっても、残っていてよく読まれるものの中ではこれは例外に属します。(*1)

『枕草子』の若干の記述と、『源氏物語』の胡蝶の巻が、後続の和歌にも繋がる世界を築いています。

『枕草子』43段には「虫は すずむし ひぐらし てふ(蝶)・・・」とならべたてられているうえに、239段に「みな人の花や蝶やといそぐ日もわが心をば君ぞ知りける」とすでに慣用句化していた蝶が登場します。万葉集の詞書たちもそうでしたが、蝶の具体的な姿を描くことは関心の対象になっていないようです。

『源氏物語』「胡蝶」の巻は歌二首をともなっています。
  花園の胡蝶をさへや下草に秋まつ虫はうとく見るらむ
  こてふ(胡蝶)にもさそはれなまし心ありて八重山吹を隔てざりせば

こちらも、蝶は花に添うものとの定型的な図式を掲げているに過ぎません。

勅撰集には最初はまったくないのかなあ、と思っていましたが、探したら『古今和歌集』に蝶の登場する歌が「物名」のなかにありました。  

  散りぬれば後はあくたになる花を思ひしらずもまどふ蝶かな(435 僧正遍正)

『枕草子』や『源氏物語』の図式と異なるところがありません。

勅撰集ではほかに見つけていないのですけれど、個人の歌集(家集)となると新古今集の有名歌人である西行・九条良経・後鳥羽上皇・藤原定家はみんな蝶の歌を詠んでいます。

  西  行 「ませ(籬)に咲く花に睦(むつ)れて飛ぶ蝶の羨ましきもはかなかりけり」
    (『山家集』【1167?】下 1026 雑〜和歌文学大系 191頁)

  九条良経 「わが宿の春の花園見るたびに飛びかふ蝶の人なれにける」
    (『秋篠月清集』十題百首)

  後鳥羽院 「うすくこき園の胡蝶たはぶれて霞める空に飛びまがふ哉」
    (正治二年八月御百首【1200】春二十首の七首目〜和歌文学大系『後鳥羽院集』4頁)

  藤原定家 「人ならば恨みもせましそのの花かるればかるる蝶のこころよ」
    (建久二年「十題百首」774。笠間叢書『名古屋大学本 拾遺愚草』52頁)

季節に縛られている感はうすい気がしないでもないのですけれど、ほぼ春の印象かな、というところです。
『夫木抄』(巻二十七)に源仲正の

  面白や花に睦るる唐蝶のなればや我も思ふあたりに

という歌があって、これとさっきのの西行の歌とは、鴨長明による『発心集』の説話で、佐国という人が花マニアだったために死後蝶になったとするものがあるのに依っている、とされていますが、『発心集』の成立の方が時期が後だと思いますので、説話が先にあったのでしょうか。

花に睦れる蝶のイメージの他には、『堀川院百首』にある大江匡房の歌(1538番)の 

  百年は花に宿りて過ぐしてきこの世は蝶の夢にぞ有ける

があって、荘子の有名な「胡蝶の夢」を踏まえていることが明白です。

室町期に入り、連歌の中に、蝶は春のイメージを引き継いで現れます。(*2)

享徳二年宗砌等何路百韻【1453】
      (別れつる庭は籬【まがき】も形見にて)
 (二裏4) 飛びかふ蝶も春やしたはん (行助)
      (舞の名の鳥の入方霞む日に)

天正十年愛宕百韻【1582】本能寺におもむく光秀が催したもの
      (たわわになびくいと萩の色)
 (二表13) 秋風もしらぬ夕やぬる胡蝶 (昌叱)
      (みぎりも深く霧をこめたる)・・・春に転換できず、まずい付きかたとのこと。

蝶は基本的に春の風物だ、という認識は、このように奈良時代という極めて早い時期に文芸には根付いていて、しかも他に何の具体性も伴わないまま江戸時代まで引きつがれたもようです。
そこには、古来の日本人が見続けてきた蝶はどんな大きさで何色だったかとの情報はまったくないのでした。
そこはしかし、江戸初期になって、『誹諧初学抄』(寛永十八【1641】年跋 *3)の中春に「上羽(あげは)ノ蝶」と出て来ることを参照すると、かろうじてアゲハだったのかなあ、と思われはするのでした。とはいえ後鳥羽院の歌などから推測するにアゲハに限定されるわけでもないようです。
実はすでに『懐風藻』にこんな詩もあるのでした。

 14.春日 詔に応ず(紀 麻呂)7行目
   階梅闘素蝶(かいばい そちょうをたたかわし)

素蝶は白い蝶をあらわします。

モンシロチョウには「キャベツ(葉牡丹)とともに入ってきた外来種ではないか」との疑いももたれていたりしていて(*4)、江戸時代より前の日本人が見ていた蝶は白くなかったんじゃないか、と思ってみたりもしていたのですが、この詩で白い蝶は奈良時代にも見られたことが分かってしまったのでした。

ともあれ、実際には夏に多く現れる蝶を自然の中で見る、という姿勢では、日本人は蝶に接してきてはいなかったのでしょうね。籬(ませ、まがき)だとか「わが宿の」とか「園の」とかあるので、人家や人にとって身近な場所で目撃した蝶が、歌を詠む契機になるくらいではあった感じです。

江戸時代の俳句は蝶すなわち春の世界観を継承するところから始まるのですが、しかし五七五という和歌よりさらに切り詰められた詩世界ゆえにむしろ蝶のすがたをより具体的に描くようになっています。
それについては、またあらためて見てみることにしましょう。


*1:『堤中納言物語』中の「逢坂越えぬ権中納言」が天喜三(1055)年の作だとは昭和13(1938)年に判明。角川文庫解説(245頁)。所収の他の物語、「よしなしごと」以外は1271年以前、おそらくは平安時代後期から末期の成立と推測されている由。全篇がこんにちのかたちにまとめられたのは元中二(1385)年と思われている。ただし近世以前に遡る伝本はない。

*2:新潮日本古典集成『連歌集』昭和54年

*3:古典俳文学大系2『貞門俳諧集』昭和46年 「誹諧初学抄」の該当箇所は365頁

*4:中村一恵「スズメもモンシロチョウも外国からやって来た」PHP研究所

|

« 菜の葉にとまる蝶の話(7) | トップページ | 読んで下さるお友達の皆様へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/56991414

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の葉にとまる蝶の話(8):

« 菜の葉にとまる蝶の話(7) | トップページ | 読んで下さるお友達の皆様へ »