« 集会所【こどものころ(7)】 | トップページ | 乗り物【こどものころ(9)】 »

2013年6月23日 (日)

お祭など【こどものころ(8)】

【お祭など】

町内のお祭は、夏に2回あったのではなかったかな。忘れてしまいました。
盆踊りはたしか、「うえの公園」と「したの公園」で別々にやるのです。それはひとつに数えるとして、です。
盆踊りの他に、「うえの公園」では、集会所前に一段高い木の舞台を組んで、近所のおばちゃんが演歌をバックに日本舞踊を踊ったりする、大人の発表会みたいなお祭が、夏に入ったばかりの頃にもうひとつあった気がします。おばちゃんたちが入れ替わり立ち替わり踊っている舞台の下を、悪ガキたちが、屋台で買った串刺しのお菓子片手にちょろちょろ走り回っていました。
とにかくお祭というと、狭いところですからそんなにたくさんの数ではなかったのでしょうが、屋台が出て、そこで何か買えるのが嬉しかった。何か買える、というそのことが嬉しいので、何を買ったかなんて、ちっとも覚えてやしません。例のヒヨコもこうしたお祭の時に買ったものだ、とだけしか記憶にありません。
ただ、お祭のときの、周りがだんだん薄暗くなって行くほどに舞台や櫓が鮮やかな白熱灯色でくっきり浮かび上がって来る、あの空気だけが、いつも目の奥によみがえって来ます。

「うえの公園」では、お祭の他にときどき映画の上映会がありました。集会所前に大きなスクリーンが設けられて、そこに映写をするのです。大抵は、「交通事故は怖いんだよ」式の映画で、なまなましいシーンもあったり、で、うわぁ、って感じでしたが、最後にひとつは小さなマンガの映画でした。アニメーションになっておらずに紙芝居風仕立てのものだったりしたのかもしれませんが、ウチのあたりには紙芝居屋さんは来なかったので、とても楽しい見ものでした。
でもやっぱり、子供にとっての映画の花形は怪獣映画で、これはこういう上映会ではやりませんので、バスで町まで行って見るのです。そろばん教室の先生が、年に1回、8つくらい先の停留所のところにあった小さめの映画館に連れて行ってくれました。そこで見たゴジラが海老の怪獣を背負い投げしたのや、ガメラがなんでだか鉄棒で大車輪をやったのが、そこだけくっきり思い出されます。東日乃出といったその映画館の名前は、今はマンションの名前に残っているはずです。

映画はともかく、お祭の最大のものはやっぱり、旧市街の商店街が総出でやる仙台七夕で、これにはおめかししてバスに乗って出掛けるのです。
以前は吹き流しがほとんど和紙で、その裾が子供の頭のてっぺんにまでかかるほど長かったように思うのですが、子供の誇大な記憶なのかなぁ。
ただ、七夕飾りには動きがないから、というので、いつのまにか七夕の正式な開催の前日の8月5日に「動く七夕」なるものが始まって、自衛隊のパレードだの、青森のねぶた、弘前のねぷただのが練り歩くようになりました。そっちは人が大勢出るので、どうせ人の頭しか見られませんから、ほとんど見に行ったことがありません。
七夕を飾るお店でも、ところどころで仕掛けものをやっていて、これは「動く七夕」導入以前からありました。店の入り縁の真上にこぢんまりした舞台をしつらえて棒操り人形を面白おかしく動かすものがほとんどでしたが、頭の上から大きな顔型の張り子を突然落として若い女性を驚かす、みたいなものもありました。
「動く七夕」の日には、夜になると、東北大や仙台博物館、スポーツセンターの手前の広瀬側の川岸で、2、3時間ほど花火を連発であげるのです。これも「動く七夕」と同じ頃に始められたことではなかったかと思います。高校生くらいになってからは仲間と連れ立って見に行き、花火が終わったあとにぞろぞろピザ屋さんに行って夜中まで騒いだりするなんていうこともしましたし、それなりに甘酸っぱい思い出もありますけれど、省きます。ともあれ、この日はガキ共だけで夜中まで遊んでいても補導なんかされませんでしたね。今はだめなんでしょうね。
この花火は、自分にも子供が出来てから、おふくろと家内といっしょに子供を連れて一度だけ見に行きました。幼稚園児だった娘が、近くで見る花火の音の大きさにびっくりして泣いたので、一度きりになってしまいました。まあ、ずっとあとの話です。

いちばん忘れられないのは、これは僕が数度しか見たことのない、松島の水上花火で、祖母につれられて、電車に乗って見に行ったのでした。海の上で半円形の花火が彩り豊かに光ったのが、いくつかいまでも目に焼き付いています。出掛けるのが大変だったのでしょう、二度か三度行ったきりです。いまでもやっている、と、どこかで知らされたことがありましたが、震災の後また復活してくれていればいいなと思います。

|

« 集会所【こどものころ(7)】 | トップページ | 乗り物【こどものころ(9)】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/52148201

この記事へのトラックバック一覧です: お祭など【こどものころ(8)】:

» ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2013/06/27 [ガメラ医師のBlog]
 本日二本目の更新です。一本目「愛媛県美術館の特撮博物館情報 /06/27 」はこちら。 前回更新の「 /06/14 」に続いて、 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。  大怪獣TV放送の思い出...... [続きを読む]

受信: 2013年6月27日 (木) 16時37分

« 集会所【こどものころ(7)】 | トップページ | 乗り物【こどものころ(9)】 »