« 苦しくても子はなぜかわいいか | トップページ | しあわせはどこにあるのか »

2013年3月27日 (水)

毎年同じ景色でも

おとといは雑務がたてこんだ隙間に子供らの歯医者&唇タラコ騒ぎ対応があり、、で、予定していた通院を一日伸ばしにしてもらっていた。

きのう、それで午後には職場を1時間抜け出してお医者にかかった
風邪でやや息苦しい感じなのでどうかと心配したけれど、血圧は病院で測ったのでは初めて正常値だった。
「風邪なんです」
熱はありません、といったが、念のためと測ることになって、みたら微熱である。それで風邪薬も処方してもらった。

夜は例によって外食である。
リクエストは、ピザおかわり自由の店。そこでたらふく食った。
ほんとうは、どんなに安上がりでも、家庭で「おふくろの味」がいいんだが、我が家では永遠の幻である。子供らの先々を思うと、かわいそうになるのだけれど、いまを考えると、僕のふところがかわいそうである。

うちの前のテニスコートは、満開を保っている。おとといから雨で、気温も低くなったので、花がもっている。帰ってくるおじさんおばさんが、思わず立ち止まって、ケータイで写真を撮る姿が目立った。毎年同じ景色でも、いまこのときが素敵なのだ。

娘は昨日は中学時代の友達9人で近所の公園までバスに乗って出掛けて「花見de女子会」で楽しかったのだそうである。女子会だなんて、生意気なことを言うようになった。

息子は、昨日からのはずだった塾の春講習が今日からになって、これで月内はだらだらした春休みではなくなるだろう。変わり者だから集団ではだめだと、高いのに目をつぶって生徒二人の個別指導カリキュラムを選んだのだけれど、成果のほどは分からない。うまくいくもいかないも「自分次第」だからな、と、うるさい、分かってるよ、と言われても繰り返しているけれど、さて、どうなることやら。

|

« 苦しくても子はなぜかわいいか | トップページ | しあわせはどこにあるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/50982543

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年同じ景色でも:

« 苦しくても子はなぜかわいいか | トップページ | しあわせはどこにあるのか »