« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月25日 (金)

アルジェリア組曲

私たちは、充たされていると・・・充たすものが幸せであろうと、「不満」と書く充満物だろうと、あるいは不幸せであろうとも・・・他所の大きな幸せ不幸せに、つい、自分なりの口出しをしたくなります。

それはその人あの人たちの喜びや悲しみであるのに、幸せか不幸せかというおもて面だけ見て、こちらの勝手な思い込みで、幸せや不幸せの価値を決めつける。そのときは決して、人を見つめてなんかいないのです。

ほんとうは、自分をからっぽにして眺めるのでなければ、「幸せなその人、不幸せなあの人」は、見えない。

ふと、それに気付くと、胸がぎゅっと詰まります。

黙って喜び、黙って悲しむしかないのか?

お釈迦さんの出した答えは、実はそうなのでした。神秘をとう問いには沈黙で答えた、とはよく説明されていますけれど、つまるところは、感覚に正直である以上に説明を求めることの奇妙さを雄弁に拒否する「沈黙」だった。

お釈迦さんのところでは、こんなこともありました。
たくさんの人に優しくし、たくさんの人に慕われた尼さんが、盗賊に惨殺されたのでした。
そのとき、みんなは憤って、
「なんであんなに徳の高いかたが、そんな死に方をしなければならないのか」
と、釈迦に詰めよりました。
「徳の大きさと、どんな死を迎えるか、には、なんの関係もない」
釈迦の答えは、そういうものでした。
(瀬戸内寂聴さんが著書で採り上げている話でもあり、原典の翻訳で読んだこともありま したが、出典をいま思い出せません。生前は国際的な作曲家として日本でも高名だったものの鋭すぎる毒舌で死後も恨まれ一般にはなかなかかえりみられずにい る作曲家、松下眞一の「シンフォニア・サンガ」第2楽章が、この原典を題材にしていたはずです。)

アルジェリアの事件をめぐっては、たくさんのかたが、いろんな感情を抱かれたり抱いたりなさったかと思います。
いま、それを私なりに語りたいと思っても、なんのことばも持ち合わせません。それは、お釈迦さんの示した積極的な沈黙でもなく(現に、こんなにお 喋りです)、世間並みな感情をお釈迦さんのように超越したものでもありません。ただ、勤め人の端くれとしての私の感慨は、日揮の広報の部長さんが
「大変残念な結果だが、全員の確認ができて……大変よかった」
と声を絞り出した,とネット新聞の記事にあるのを拝読して、切なくなったことに、つきている気がしています。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2405W_U3A120C1CC1000/

私は、いまだに外国をじかに知らない、今の世間では化石のような人間です。
アルジェリアは、カミュの小説「異邦人」から、気候の穏やかな地だということを教えられているに過ぎません。

いまは、手元に「異邦人」がありません。

ついさきおととし、自分たちの素人楽隊でやったサン=サーンス「アルジェリア組曲」の、そんなに上手いわけでもない演奏をききながら、見たこともないアルジェリアの夕景色の柔らかい静けさを、宙に描くばかりです。

(夕べの幻想 プリダにて)

なんにせよ、うまく言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

娘、成人式。

いよいよ当日となりました。
この場にて、支えて下さった皆様に、深く御礼申し上げます。

小さい頃からお世話になっている美容院さんに、朝8時到着。9時50分にはきれいに着付けも終わり、10時半に親友と待ち合わせて会場の中学校へ出掛けて行きました。

10886393_1868927870_209large


今日まで、七転八倒の日々でした。まだ続くのですけれど、とりあえず、一息ついた気がします。娘の親友のお母様に、
「奥さんお喜びですね。あとは二人分楽しまなくちゃ叱られますよ」
と仰って頂きました。

音楽系の高校に入りたい、と悶えられての先生探しに始まり、トロンボーンで入学するも2年のとき
「やっぱり歌がやりたい」
と泣かれてまたまた先生探し。
3年になりたての頃は学校がイヤになりかけた危機があって、決心して娘も学校を無理に休ませ、自分も仕事を休んで、鎌倉二人旅(日帰りだったけれど)。
途中、息子のほうの中学の部活でのいじめられ事件やら高価オルゴール買っちゃった事件もはさんで、大学は大学で音楽だと目の玉が飛び出るような学費で、私にとっては逃げたくなることばかりでした。

いかんせん、この子の親は私一人でありました。

「ほんとうに大変になるのは、これからですけれどね・・・」
とは、やはり先のお母さんと、ささやきあったことではありました。
全部を自分の責任で背負って行く人生が始まります。

それを思いやると、きりがありません。
私は、ここまで何とかたどり着かせてやれたことで良しとしたいと思います。

成人式の式典の後、娘がどうするのかは分かりません。
着物が窮屈で脱ぎたいときだけ、一度連絡が来ることになっています。
あとは、近所の広い居酒屋さんで、中学時代のお友達がたくさん集まる中で、遅くまでどんちゃん騒ぎをするようです。

どなたも、ほんとうに、ありがとうございました。

「成人の日」そのものは明日ですから、明日式典をなさるかたもいらっしゃると思います。
成人を迎えられた皆様にも、併せて御祝申し上げます。「おとな」と認められた皆様が、月並みながら「花も嵐もふみこえて」素晴らしいご奮闘できれいに輝いて行かれることを、心からお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

じぶんにできること

3日間の出社で、なさけないことに体力消耗しつくした。
わりと真面目にやったということではあるか。

夕方、
「今夜は早く寝させておくれ」
とメールしたら、しかし、娘は学校で遅くなるとの返事。息子はたぶん今日からのフル授業でダウンで眠りこけていて返事無し。

おかずを買って帰ったら案の定息子熟睡。
洗濯機を覗いたら、しっかり洗濯物が入っている。
まずそれを干してから、おかずをあっためて息子を起こして、夕飯。
食べて、自分の分だけ洗い物を済ませ、今日のうちに、明日収集の燃えるゴミをまとめて出してくる。

で、娘に
「おかずをラップしてあるからあっためて食べて」
とメールして、さて、万が一もあるから寝酒は無理かと思っていたら、いましがた帰って来た。

明日は必然的に外食である。
どっちかというと外食の方が多いので、調理しないのはうしろめたいが、ウチで食事はカロリーも塩分も取り過ぎにならず、助かる。

洗濯も風呂入れも飯炊き準備も、普段は息子がやってくれる。
娘は帰宅さえ遅くなければ食事の支度はしてくれる・・・こともある。

娘にまだバイトさせていないのが少し過保護かも知れないが、学業を犠牲にするようなバイトなら、いまんとこはさせないほうがいい。ただ、社会にはいる時影響がないかどうかは心配ではある。

父ちゃんはせいぜいウチで選択物干しとゴミまとめをやるに過ぎない。
家の中は相変らずきたない。それでも子供らの部屋は子供らがまともに使える所まで来た。今年はさらに片付けたり奇麗にしたりしたいと思う。

自分に出来ることは、せめて、子供らには、僕が親として君たちを愛している、と、常に信じてもらえることだけなのだろうかと思う。

というわけで、娘も帰って来たので、ワインを茶碗一杯飲んで、今日はさっさと寝るのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

年頭に

生きることは日々のじたばたの中にしか「本当」はなくて、たちどまったり振り返ったりして思い考えることに意味はないのかも知れません。
大多数の平凡な生は、終わりとともに、あっという間に、家族の記憶からさえ消えて行く。

それでも、時間に淡い層しか残さない、じたばたの積み重ねが、間違いなく私たちすべての暮らしを、いろんな意味でかたちづくっているのであって、再び見出だされる日を待っている。体の生に限りはあるけれど、眠っている心は、古代の種のように、いつかまた芽を出して、おのれが花となり実となる価値があるかどうか、あるいはシミとなるだけなのか、と、いきいき思い巡らすこともあるのでしょう。花であれ実であれシミであれ、どう現れるのでも構わない。シミがなければ、花だって引き立てられることはない。

現役バリバリの頃は深雪もいとわず雪害で切れた電線を復旧していた父ですが、病気続きで外出もままならなくなりました。その父が、孫娘がお酒を飲めるようになったことを喜び、久しぶりに飲んで顔を真っ赤にしていました。孫息子があと3年で飲める日が来たら飲み比べをするのだ、と、疲れをみせながらも張り切っていました。
どんなことか、までは確かには分かりませんが、父は孫との飲み比べを通じて、残るだろう心の財産を確かめて安堵したいのだろうと感じました。

「こうやって孫と飲めるのは幸せだと思うよ。お前はたぶん出来ないで終わるだろうからさ」
と、勝利宣言されました。
その通りだろうとは思いましたが、不思議と悔しさはありません。

進んできた向きは父と僕とは全く違ったけれど、それはかたちだけのことで、根は同じだ、と、今では腹を括っているからかも知れません。

さて、またじたばたしましょうか。

でもとりあえず、元旦は思う存分、寝正月で過ごしました。

どなたにも、新たな年が、まずご自身にとって意義深いものとなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »