« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月27日 (木)

守るものがあるうちは

何が楽しくて生きてんのかなぁ、と、思う。
定時での帰りぎわ、となりの職場の同期に
「こんな早よからどこ遊びに行くん?」
と冗談を言われた。
「いつもニコニコ真面目な直帰だい!」
答えを知ってて言ってくるんだから、別になんてことはないんだが、つい、
「何の楽しみもねぇよ」
と付け加えてしまった。

演奏会だ飲み会だ、と、だいぶ行けるようにはなってきたけれど、6年前、家内を亡くして最初のうちは、娘も中2、息子も小5、で、どんな用事や娯楽に行くにも子連れだった。そのほうが、今思うと、しんどいなりにも気分は楽だった。子供らにトサカが生えてきた最近のほうが、留守宅を考えると、気が気ではない。

ただし、楽しいとか楽しくない、とか思う、いちいちのことは、今どうか云々以前に、つきつめれば、家内の死なるひとつのこと以外は、自分の意志で全てを選択してきたのだ、と、この頃感じる。
選択の結果は自分ひとりでは決まらない、周りがどうか、なるダイナミズムもあって、自分と周りの関係が「運」というやつだから、甘んじて状況は直視しなければならない。

これだけは言えるかなあ、と思うのは、
「守るものがあるうちは強い」
なることである。

「子供らは守らなければ。他には誰にもできないんだから」
と思ってきたから、踏ん張れた。
また、そう思っているあいだは、外からも誰かが助けてくれる。

トサカが生えてきたガキども、というのは難儀で、
「わかったから、もう手放してちょ・・・あ、でも少し待って」
といつも言っているみたいなもんだから。
どこまで守っていいのか、を見失い始めたら、ズルズル弱くなるだろう。

「守る」
は、諸刃のやいばだと、つくづく恐ろしく思う。

どこかで、子供らが、子供らなりに「守る」ものを見つけられるチャンスを、やらなくちゃならない。

見つけられたら、やつらは強くなるだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

息子がいないと

息子がいないと、息子の部屋以外が、汗臭くない。
息子がいないと、なんとなく散らからない。
息子がいないと、余計な話をしてこられないからほっとする。

ほっとしすぎたのと、昨日は飲み会でしたたか飲んだのと、で、息子がやっていった洗濯物が洗濯機の中に放置されているのに、さっきまで気がつかなかった。

息子が洗濯物を干すと、しわしわでくちゃくちゃになる。
箪笥の引き出しが溢れ出る。
まだおいらが干した方が、しわしわにはならない・・・と思う。

が、最近はすっかり息子がやってくれていたので、干し方も忘れていた。

(><)

夕方、娘に
「晩飯どうする〜?」
ってメールしたが、あんまり腹が減ってない、ときた。
朝は、ん〜、作るかもしれない、って言ってたんだけどな。
作る気も出なかったらしい。
ふたりで長崎チャンポン食いにいったけれど、スモールで満腹だった。
猫店長のいるコンビニまでドライブしたけれど、店長は留守だった。
それから、川沿いの道をぐるっと遠回りして、本屋によって、僕が好きな本を手に取ったら、娘が音楽雑誌とイタリア語の読物を持って来たので、自分の本は買うのを諦めた。・・・じつはもう、帰り際に勤め先近くで2冊買っちゃってたからなんだが。

あさって、息子が修学旅行から帰って来たら、またあれこれやかましくて仕方ないんだろうなぁ。

きのうといい今日といい、夜がホントに静かである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

心に絵を描けなければ

心に絵を描けなければいかんのだなぁ。

接する世界の数だけ、絵にできないから、ごちゃごちゃしたままの「自分」という歯車で、みんなミンチにしてしまう。精製ミンチではないから、カツにしても食えない。食っても、美味くない。

明るい色、暗い色、まぶしいかたち、ひっそりしたたたずまい、あざやかな光、くすんだ空気・・・接するままに受け止めて、おのれのキャンバスに描きとめてみる。
描きとめてみないと、ふりかえって眺められない。

すてきな画家さんの絵は、外にあるキャンバスに描かれた結晶だ。それは、下手くそな腕前で僕が描くべきものとは違う。作品としての絵もまた、自分のキャンバスに描き直してみなければ、自分には価値が分からない、ということではないか?
下手くそでいいのだろう、自分の内側にキャンバスを持つべきなんだ。画材のいらないキャンバスだ。

それが出来るようになったら、見えてくるものも豊かになって、いらない「自分」も本当にいらなくなるんじゃないだろうか?

と、なんだか分からんが、そんなことを思っている帰り道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »