« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月26日 (日)

プライド

(前に書き留めた日記から)

抽象的なことを綴る。
もっと具体的に簡単に、と思っていたけれど、どうもそこまでの能力がない自分に気がついた。

日本語としての「プライド」は、「誇り」と同じ意味だということになっている。
「誇り」とはなにか、と調べてみると、「名誉に思うこと」とか「自慢に思うもの」とある(角川必携国語辞典による)。

だから、日本語では、
「プライドを棄てた」
という言い方が成り立つ。もうなにも自慢したり誇ったりはしない、ということを指すのだろう。
ところが、「棄てた」はずの何かに何かがちょっとでも触れると、
「プライドが傷つく」
などと、棄てたはずなのに、そんな奇妙なものがくっついてくる。

日本語的発想からは、棄てても棄てなくても棄てようがなく、「プライド」は身体から離れない摩訶不思議な「なにものか」であるということになる。

いま、英語やその他の、他の言葉そのもので「プライド」にあたる語を説明した辞典がない。ただ、ラテン語で英語のprideに対応するのはsuperbusなる語だということになっていて、これは奢ることや傲慢さを表すものだという対称までは出来る。これだと日本語の「プライド」とは少々ズレる気がする。「奢り」や「傲慢」は棄てた、と宣言し、傍目からそう見えるような人でさえも、「プライド」は傷つくことがあるからだ。
「プライド」というのは、少なくとも日本人の発想の中では、
「生きていく自分を保つ、自分の中の重石」
のようなものなのではないだろうか、と感じることが、ままある。

常に中にあるものだから、持っている結果表面に現れる「誇り」や「自慢」や「傲慢」を棄てても、なおそのかたちが尖っていることで、自分の内部をすたずたに傷つけ、血だらけにすることもあるのだ。

そうではあっても、この重石がなければ、僕達のからだは、いとも簡単に虚空に投げ出される。
投げ出されることで、仮に肉体の機能は保っても、精神の死を迎えることなど、いとたやすく起こってしまうのだ。

だから・・・僕たちは、僕たちの中に抱えているこの「重石」が、僕たちの中から自分自身を切り刻まないように、そのかたちを上手に丸めて行かなければならない。

表づらだけ人に優しくしたって重石のかたちが変わってくれるわけではない。
あるいは、人に優しくされて丸まって行くとも限らない。
優しさの軽い流れが急過ぎて「プライド」の重さを流し去るには力が不十分であることもある。水の働きと、なんらかわるところはない。

重石そのもをのを他人の重石にむやみにぶつけても、これはまた、お互いの重石の先っちょをますます尖らせるだけだ。それによって傷つくのは相手も勿論である。自分自身は、なおさらのことである。

どうしたら、自分の重石は丸くなるのだろう?

自分が重石の中の成分だと思っているあれこれについて、まずは自分の「傲慢かも知れない」視点から分析をしてみる。
そのうえで、同じ要素を他者はどう扱っているか、を対比してみる。
さらに、それぞれどちらが「是」でどちらが「否」かを仔細に検討する。どちらも「否」かも知れない。どちらも「是」であればすぐ幸せになれるかもしれないが、「プライド」を磨く愉悦を味わうには、たいへんものたりないことになるだろう。

「あ~、天国って幸せなところだってきいたけれど、幸せすぎるって退屈なことだねぇ」

とぼやいた、とかいう亡者の話を、どこかで聞いたことがあるような気がする。

こんな話である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

底の剥がれた靴を巡っての超詭弁無底哲学的独白

いざというときには、誰も助けてくれない・・・というのを、悪い意味で考えていたうちは、つまらなかったかも知れない。

いざというとき、とは「とっさ」でもある。救急車だって人が倒れたその瞬間に来てくるなんてことがあり得ないのを思い出せば、いざという時に助けれくれる誰か、がいないのは別にあたりまえだと分かる。

でも、たったそれだけのことが分かるまで、おいらは何年かかったか!
いいやまだまだ気付いた程度で、
「だめだ、いかん、どうにもならん」
と、人に、自分に、腹を立てる愚は繰り返してきている。根がとにかく短気なのだろう。

どうせだから、腹が立つものは立つ、と割り切ったほうがいいのだろうと思う。

そう思ってみると、つくづく「論語」なんてのは嘘つき書物だ、と・・・けなしてみようかと探したら、現物がどこかにいってしまった。
分かりやすい嘘はここだ。

・四十にして惑はず   ~四十にして「も~どうでもいいと」決めつけ
・五十にして天命を知る ~五十にして「あ~やっぱりあかんかった」と悟る

ここまでは自分も終わった。

・六十にして耳順ひ   ~六十になったら「おらこうなんだから譲れん」てことか
・七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず。
 ~これなんかまさに「老いたら頑固で人に耳を貸さない」そのものだよなぁ。

になるんではないだろうか。
ほんとうは、嘘つきなのは「論語」に並んだ字面ではなくって、それをめぐるひとりひとりの勝手な解釈なんだけれど、深入りしない。

ともあれ、気付く必要がなかった人生の期間が、47年。気付かないと生きていけないことを思い知って5年。

肝心なことは

・いざ、の瞬間から自分がどれだけゆっくり時間をかけたりアンテナを張ったりして助けを求められるか

・いざ、の瞬間に頭に血がのぼったことをどう笑ってごまかすか

なのかも知れず、いつまでも「いざ」の瞬間に自分が思ったことにしがみつかず(そんなことは外からは誰にも、いちばん信頼している相手にだって分 からないのだから)、まわりにどう柔らかくこちらを可能な限り理解してもらい、当然の代償として、理解してくれる相手のことをこちらも可能な限り理解する ことなのかも知れず。

・・・いやぁ、一生かかっても無理だなぁ。

ということで、靴の底が剥がれかけになって難儀した今日、帰宅の道々、どうやってこれ以上そこが剥がれないようにしたまま新品を調達できる場所までもたせられるか、のために、おいらは靴さんの
「底の接着のされ方具合はこんなですから、無茶なガニマタで歩くのはよして下さい」
なる声に
「はいはい、へいへい、了解です~わーい(嬉しい顔)
と満面の笑みで応えつつ歩み、本当は救ってくれるはずのところの店じまいが心配なのだが決して駆け足も急ぎ足もせず、自分にとっては赤十字マークのついて見える店が開いているのを発見するや、ようやくほっとするも、履いて着た靴さんに気取られないよう
「高かったら新品は諦めてあなたの底を貼り直してなんとかしますからね~」
とささやき、値札を見て
「なんだ~やっぱり高いわあせあせ(飛び散る汗)
と焦ってみせて靴さんが安心したところを見計らっておもむろに脱いで新品を試し履きし、
「いちおう、予備で買うんですからね!」
と断りを入れて
「でもあなたの履き心地には叶わないので・・・あなたが直るまでの間に合わせですから」
と、惚れ惚れされるようにウィンクして見せて、帰宅するなり
「んじゃ、古い靴さん、さようなら!」
をしたのであった。
靴さんの心の真実なんか、結局うっちゃってしまって。

・・・こんな醜い心でいいのだろうか?泣き顔

と、息子のレンタルしたDVDを返すために、新靴の履き慣らしがてら歩きながら、またアホなことばかりで頭の中がクルグルしていた。

ついでに
「プライドのない人間は所詮つまらない」
なる別のことを深刻に考えたりもした。
それはただプライドがあればいいという単純な話ではない、プライドを持ちつつ折れどころを知っているような人こそすごいのだ、というすごい話なのだが、今日はすこしでも早寝をしたいので、これでやめておこうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »