« 感・不感、信・不信。 | トップページ | 屋根の雪は瓦の形で溶ける »

2011年1月24日 (月)

今日息子にした身の上話

娘が留守なので、息子と夕飯に行った。

息子がこんなことを言い出した。
「僕は人間の友達が少ない、って、まわりに言われるけれど、どうなのかな?」
と聞くから、逆に、どうなんだい、と聞き返したら、
「放課後に人が少なくなると、マジメに話しかけて来たり、こっちも話す友達が何人かいるんだ」
そうである。
「そう出来る相手がいるってことはさあ、他のヤツに比べたら、お前のほうがホントの友達が多いってことなんじゃない?」
なる話から、僕の経験談を少し喋った。

僕の大学進学は、夢の挫折の代替行為だったようなところがあって、どうせ地元にしか行けなそうだったし、高校時分からへたくそアマオケにいたし、 地元の大学には地元の当時のプロオケより技術も真っ当なオーケストラがあったので、そこで勉強して、元からいたアマオケの連中にも上手くなってもらえる方法を見つけられればいい、と、3分の2くらいはそれが目当てて大学を選んだ。
そこの大学でオーケストラで挫折したWというやつをかばって、古巣のオケに入れてやったのが、仇になった。
自分はヘタクソアマオケでコンマスやってる、自分の技術の低さがたまらんから、大学のオケラで勉強させてもらうつもりでいた。向上したいとなると、やっぱり相対的に質がいいところで打ち込む割合が高くなる。ヘタクソアマオケには月2回程度しか行かなくなっていた。
その虚をつかれて、Wと当時の指揮者が、事前通告もなく、僕を(周りにも正式な話は何もせずに)除籍扱いにしていた。
ある日突然、出向いたヘタクソオケには僕の座る場所は最後列にも無くなっていた。
コンマスの席にはWが座っていた。
「もう来なくていいよ」
と、指揮者に言われた。
当然、行かなくなった。
周りの子たちから、
「どうして来なくなったんですか? いっしょにやりましょうよ〜」
と、たくさん連絡をもらった。
真相をも、みんなが尊敬している指揮者の悪口を言うわけにもいかなかった。
で、ある日、重い腰を上げて出向いた。
「なんで来たんだ?」
と、指揮者とWに目くじらを立てられて、それでもう二度と行かなかった。
当時の身内には、この話はしたことがない。
で、後年、もうWもそのときの指揮者もいなくなったこのオケの、その後の活動ぶりをネットで見て嬉しくなって、数少ない顔見知りにメールを入れたら、
「あんたはここのオケを見捨てたヤツだから」
と返事に帰って来た。

・・・人を見る目は、早めに養っておくべきである。

だいたい、そんな話をしたけれど、どのくらい通じたのかは、まだまだ分からないなぁ。

|

« 感・不感、信・不信。 | トップページ | 屋根の雪は瓦の形で溶ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/38595747

この記事へのトラックバック一覧です: 今日息子にした身の上話:

« 感・不感、信・不信。 | トップページ | 屋根の雪は瓦の形で溶ける »