« つくづく不思議で厄介なもの | トップページ | あけましておめでとうございます »

2010年12月28日 (火)

つくづく不思議で厄介なもの

カカアの急逝後、生命保険を、出費を抑えるので必死で見直した。そのとき
「残しておいたほうがいいですよ」
と言われた廉価なガン保険が商品として打ち切られるので、今後をどうするか、の打ち合わせだった。担当さんは替わったばかりの人。中身の話は、あらかじめ分かっていたことなので、少しで終わって、若い担当さんなので
「日曜にご足労頂いて・・・ご家庭は?」
と聞いたら、奥さんお子さんと不本意に別居中だそうで、
「私がもう少し分かってやっていたらこうならなかったと思うんですけれど。子供にも会いたいんですが、仕方ないですね」
と仰って、でも、決して暗い顔をなさらないので、偉いなあと思って、
「お若いから、いろんな可能性があるから」
なんて、慰めにもならない話をして別れた。
電話で二度聞いたお声に陰があるので何かなぁ、と思っていたら、こういうことだった。

人とはつくづく不思議なもので、よくよく耳をすませば、なんとなく感じる通りの何かを持っている。

好きな人、そうでない人、の別なく、「誇り」として持っているものは何か、なるあたりはビンビンに感じる。
それが対話をしなければならない相手さんであり、こちらも同様に「誇り」に思っていることに対して<感じてもらえない>となると、波長が合わない のが気になり出す。・・・気になる自分は未熟だなぁ、さほど誇れるものも持っていないのに小生意気だなあ、とも思うが、まあ自分の器がその程度なんだから 仕方がなかろうか、との諦めもある。感情とはまた厄介なものである。接する相手さん誰もが、同じようなものをもっているんじゃないだろうか、と考えると、 大事に思っている気持ちさえ通じればさらりと流して下さるかたは意外なほどに多いことにおもいあたって、
「ああ、やっぱりおいらは視野も世間も狭いかもなぁ」
と感じ直す。

昼飯は息子と2人。会話の中身はいつもだいたい息子が好きな野良猫か自転車、でなければ、文字にしてしまうと厄介だけれど「主観と客観ってなんだろうね」のようなあたりが最近のテーマになる。
それを子供の言葉でやりとりするので、覚えているときには
「今日はいい会話をしたなあ」
と思って文字に出来るのだけれど、今日は慌ただしくて、しかも体がどうも節々痛い(コメ担いだせいとかじゃなくて、ちょっと無理な動きをしたのが原因らしい)ので、動くことに精一杯で、忘れてしまった。

たまたま今読んでいる世阿弥の著作に、今日息子と話題にしたことが、ちょっと難しい言い回しで出て来ていたので、世阿弥さんに、僕なんかより立派な言葉で喋ってもらうことにする。

能を見ること、知る者は心にて見、知らざる者は目にて見るなり。(「至花道」)・・・べつに、能に限ったことではなかろう。

舞に、目前心後と云ふことあり。・・・見所【けんしょ、観客席】より見るところの風姿【役者の演技】は、わが離見【客体化された自分のすがた】なり。しかれば、眼(まなこ)の見るところは、離見の見にはあらず。離見の見にて見るところは、すなはち見所同心【観客に同化した自分】の見なり。その時は、わが姿を見得するなり。わが姿を見得すれば、左右前後を見るなり。しかれども、目前左右までをば見れども、後姿をばいまだ知らぬか。後姿を覚えねば、姿の俗(しょく)なる所をわきまへず。(「花鏡」)

(いまの言葉に直すと・・・舞に「目前心後」ということがあ る。「目を前につけ、心を後ろに置け」という意味である。・・・観客席から見る役者の演技は、離見すなわち、よそめに見た自分の姿である。であるから、自 分の意識する自己の姿は、自分に執着して見た自分というものであって、けっして離れて見た自分ではない。離見という態度で見るときには、観客の意識に同化 して自分(の芸)を見るので、このとき初めて自己の姿を完全に見極めることが出来る。自分の姿を見極めることができれば、どこでも完全に見るのである。け れども、自分の目で自分の姿を見るのでは、目前と左右だけは見られるが、後姿は分からない。自分の後姿が感じ取れなければ、自分の姿に世間の垢がこびりつ いていることをわきまえられない。・・・小西甚一訳を改変)

|

« つくづく不思議で厄介なもの | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/38246436

この記事へのトラックバック一覧です: つくづく不思議で厄介なもの:

« つくづく不思議で厄介なもの | トップページ | あけましておめでとうございます »