« ブログ記事リスト | トップページ | 考えるということ »

2010年2月 7日 (日)

価値観(子供たちとのおしゃべりから)

夕食のときの子供たち・・・とくに息子との会話。中身は「加工品」です。
ちなみに、リンリンとは、娘の学校でのあだ名。

息子「学校でクリーンキャンペーンやってるの知ってるよね」
鬼娘「なんでごはんのときにそんなはなしすんのん!」
仏父「まあまあ、いーじゃないか!」
息子「あれってさ、新聞紙いっぱい集めるじゃん」
仏父「うち、新聞とってないからごめんなー」
息子「あ、そうじゃなくて。クラスで新聞集まらないから係のやつが面白いこと考えてさ」
仏父「どんなん?」
息子「ゴミ収集所にある新聞もどんどん持って来ちゃいましょう、って。」
仏父「おかあさん、リンリンのときにはそれと似たようなことしてたよ。ウチには新聞紙ないから、よそからいっぱい集めて来てさ、リンリンと一緒に学校に持ってってた。」
息子「でもさ、みんなそれで大笑いでさ。泥棒になるんじゃないか、って。」
鬼娘「あんたさあ、うざいはなしやめてよ!」
仏父「まあまあ。」
息子「ゴミ収集所から持ってくとき、人が変な目でみるから、やだよねー。だって、そこから盗んで行くんだもん。」
鬼娘「捨てたもん持ってくのは泥棒になんないんだよ、バカ!」
息子「だって、僕は泥棒はイヤだもん。」
鬼娘「アホ! そうはならないんだってば!」
仏父「まあ、考え方の話をしてるんだから、そう怒るなよ。・・・おとうさんはさあ、リンリンの言ったことがあたりだと思うよ」
息子「だって、人の場所から持って行くって、恥ずかしいことでしょ?」
仏父「恥ずかしいかどうかは、ちょっと考えないでみようか」
鬼娘「(息子に向かって)ほんと、バカじゃん!」
仏父「(無視して)まず、捨てたってことはさ、持ってることをやめたわけだからさ」
鬼娘「そうそう」
仏父「ゴミ収集所にある新聞は、もう誰のもんでもないよね」
鬼娘「で、そのまんまゴミ屋さんに持ってかれたら、再利用されないで終わるんだよ! わかってんのっ!?」
仏父「そんな勢い込まんでも。( ̄◆ ̄;)」
鬼娘「そんな無駄になるくらいだったら、あんたらが持って行ったほうが、よっぽどマシじゃん、再利用に回るんだから」
息子「でも、やっぱり、人の場所から持って行くんだからなあ・・・みんなでぞろぞろゴミ収集所に行って新聞持って行くのは、正しいことじゃないんじゃないかなあ」

・・・結論は、あえて出さず。

|

« ブログ記事リスト | トップページ | 考えるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/33278259

この記事へのトラックバック一覧です: 価値観(子供たちとのおしゃべりから):

« ブログ記事リスト | トップページ | 考えるということ »