« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月 1日 (金)

朝まで浅草大作戦・・・謹賀新年(日記から)

大晦日・・・

Densha子供たちが「別にどこにも行きたくない」というし、お金はなし、で、帰省は無し。で、自分たちだけでお正月準備・・・っていえるほどのことをしたのか? 頼んでいたおせち料理を取りにいって、ついでにそこで朝飯兼昼飯にして、天気がいいから家族でよく行ってた玩具屋さんまでドライブして、その玩具屋さんの下のスーパーで焼き芋買って、また地元のスーパーまで戻って年越しそばに乗っける海老天買って帰ってきた。

娘は、あしたのお餅の下準備。
息子はいつもの公園に行ってきた。
風がめちゃ冷たい。明るいうちでも気温は6度だったらしい。

Tentouそんな中、このあと、子供たちは紅白を見て、僕は出来ればその間ちょこっと寝て、夜11時には浅草に向けて出発する。で、お参りしたら始発電車まで露店をひやかして夜明かしの予定。子供たちの発案。このまえはお参りして割とすぐ帰ってきてしまい、しかも電車は途中駅までだったのでタクシー使って・・・あと2時間だけ待てば始発電車だったのだから・・・「千と千尋」みたいな世界にどっぷり浸かりたい、というのが子供たちの希望。よく着込ませて出かけないと。(18:12)

インスタントの年越し蕎麦を食べてから横になったものの、結局眠れない。娘はパソコンいじりながら紅白見ている。息子の姿が見えないと思ったら、別の部屋で新作にとりかかっていた。猫には大晦日は関係ないから、「いつもと変わらない木曜日」ってのを描くんだそうだ。 (21:58)

Hikari11時にウチをでて電車に乗ったらガラガラだった。じゃあ浅草もすいてるのかなあ、と思ったら、とんでもない。去年の倍の人出。でも、流れは良く、いま、仲見世通りの半分くらいまで来た。ケータイはつながったりつながらなくなったりする。

あらためて、あけましておめでとうございます。

助けて下さったみんなのことを思いながら、お賽銭あげてきます。誰もが幸せな年でありますように!(0:37)

お参りのあと、子供たち待望の露店覗き。ケータイの写真ではうまく写らないが、やはり別世界。甘酒、焼きそば、あんず飴、たこ焼き、ベビーカステラ、と、次々に立ち食いする。金のウンコなる貯金箱があり、息子が買った。運がつく。
マクドナルドに休憩に入るも、30分の時間制限で、2時40分には追い出される予定。(2:23)

Roten表に出たころが、いちばんすいていた。脇から参道に入るのは混雑時はバリケードで出来ないから、一時的な解除だろう。
さっきは行けなかった西側に抜けたら、花やしきにネオンが灯っていた。つられて行ってみると、お土産屋さんが開いていた。花やしき通りから境内に戻ったら、またごったがえしていた。ねだられて、牛タン串焼きを三人で食う。また通りに抜けて、不夜城の居酒屋街に向かい、お知り合いの馴染みの店を見つけて覗いたりした。見上げたら、ちょうど部分月蝕。
結局、子供たちのほうがバテて、「無理しないでタクシーで帰ってもいいんだぞ」と言ってやったが、始発まで粘るんだそうで・・・あと一時間、喫茶店でボンヤリしていることにした。途中、「店頭睡眠禁止」とあるところにホームレスさんが数人、段ボール被って寝ていた。これでも数は減ったかなぁ、と思う。(4:10)

結局、始発電車でこれから帰宅。似たような過ごし方をした人ばかりらしく、満員。娘と僕は座ったが、息子は立っていくという。
実は、暮れに職場の向かいの席のおじさんがゴホゴホやってて、「仕事熱心すぎるのも困るよなぁ」と用心してたのだが、クリスマスの頃とうとう移され、むなぐるしいのが抜けていなかった。ウチを片付けたら湿布が見つかったので、それを貼って寝るつもり。
いちばん張り切っていた娘が、いちばんネムネムモード。みんな、何時まで寝るのかなあ。
おやすみなさいまし。(5:08)

零時の気温はマイナス2度、いまマイナス6度なんだって。ウチへ戻ってきたら、部屋はあったかい。子供たちにお年玉を渡した。息子はまた目が冴えてきた模様。テレビをつけて漫才見始めた。

ほっとこう。今日だけは勉強も免除。(6:07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »