« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

倒れる人

このところ、会社で親しい人・世話になった人が相次いで倒れました。

最初は前の職場で社長を務めたあと退職したかた。カカアやウチに来てくれていたクリーニング屋のオジサンやオヤジと同じ、大動脈解離。カカアだけが心臓直下で剥がれたので即死状態だったのですが、オジサンとオヤジとこのかたは血管の破裂なので一命は取り留めました。オヤジにせよ元社長にせよ、もう年輩だから何かあってもという気はしたけれど、やっぱり可哀想なものは可哀想。3人ともなんとか助かったのでホッとしていました。

その矢先に、先日は58歳のかたがクモ膜下出血で急死。何年か前からスポーツクラブ常連でした。詳しいことは知らないのですが、亡くなる前日まで元気いっぱいだったそうです。最初にお目にかかった1回で僕を覚えて下さって、その後も顔を合わせると何かと声をかけて下さっていたかたでした。昨日がそのかたの葬儀でしたが、直接のご縁がなかったということで出席は遠慮しました。

一昨日は自分自身が会社の健康管理関係で「うつ」経過観察の面談だったのですが、そのフロアに、娘と同じ歳の息子さんがいる人がいるので訪ねていったら、朝に
「風邪をひいたみたいだ」
ということで休んだとのことで、不在でした。
昨日になって、その人が、僕の訪ねていった時刻の1時間あとに意識不明になって救急車で運ばれたって連絡が入った、と聞かされました。52歳か53歳か、です。
やっぱりクモ膜下出血だとのことで、今日になっても意識が戻らず、戻ったとしても
「社会復帰は無理」
というのが医師の見解だそうで。
とにかく一命を取り留めて欲しいと、いまは祈るばかりです。

大動脈解離の元社長は1ヶ月ほど意識がもうろうとしていて、しばらく訳の分からぬことを口走っているという状態でしたたが、奥様は気丈で明るく振る舞いながらも、保険の手続きや何やかやでは助け舟もなく、大変だったようです。

クモ膜下出血で亡くなった方はスポーツマンでした。
昨日倒れた人(Kさん)は、もともとそう丈夫ではないところもあったのですが、最近は親しい人には
「最近健康に自信があるんだ」
といったニュアンスのことをしきりに言っていたし、顔色も良かったのです。

「意識がなくなる前に、自覚症状がなかったのかねー」
「いやー、ウチのカカアのときは、職場に着くなり『寒気がする』って言ってたみたいだけど、それだけだったんですよ。病院に運ばれた時は血圧も心電図も正常で、お医者にも何にも分からなくて、入院も拒否されて」
「Kは、頭が痛い、って、自分で病院行ったらしいよ。で、帰って来て、ろれつが回らない、って言ってたんで、お嬢さん(大学生)が救急車を呼んだんだけど、クルマんなかで意識がなくなったんだって」

亡くなった方もKさんもウチのカカアも、共通するのは、倒れる数年前から妙に
「健康に自信があった」
ということ。これはよく記憶しておかなければならないでしょう。

「奥さんやお子さんが思ってくれるところは未だいいけどなー」
と、前日ギターのCDをいっぱい貸して下さった先輩が教えてくれた体験談。
「オレのまえいたとこでやっぱり急に倒れたヤツがいてさ、奥さんに連絡したら、『あんな家庭を顧みない男の面倒なんか見たくない』って。でさー、毎晩、オレらが交替で行ってやったんだよ。仕事一本槍だったのになー、可哀想になー」
・・・そういうケースもあります。

周りもこうして倒れだしたり、あたふたしたり、というのを間近に見ていると、単純に
「頑張って生きる」
という気構えだけではダメで、やっぱり「いざ」に備えて、子供たちが困らないで先へ進める為に必要なことを盛り込んだ遺言状でも書かないといかんなあ、と思いました。
ですが、民法で遵守を保証された僅かな項目(後見人と埋葬と財産に関わることだけ)以外は、拘束力はないんだよなぁ。
財産のない僕がどうあがいても、子供たちを守ってやれるような遺言状は作れない、ってことなんだよなぁ。

カカアの生前、半ば真面目に
「あたしたちの世代は50代まで生きられれば御の字、ってかんじだよねー。」
と二人して話していたのですけれど。
土曜の半ドンが無くなったころに働き始め、週休二日は名目だけで縁はなく、結婚生活を始めてから半分は、二人とも実質週休が1日でした。それも、子供がいるから休めたようなものでした。休む前日は9時頃まで仕事。それでも周りより帰りが早い方で、これも子供が防波堤になってくれたからではありました。独身時代は、少なくとも二十代の間は、どちらも「休日は月2日」・「帰宅は深夜しかもシラフ」でした。僕は営業職を離れて、カカアは担任を外れたり増員のおかげで、三十代になったころようやく、そういう状況から脱出したのです。僕は「うつ」のおかげを蒙って、今はだいぶ楽なペースでの仕事にしてもらえたが、カカアは死んだ年には職場の減員で、あれもこれも引き受けて来てしまうので、ハラハラさせられたもんでした。

暗然。

日本の失業率は過去最高。有効求人倍率は過去最低。


今週綴った記事

・釜山十二華さん、今年も24時間テレビに出演
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-01f4.html

・埼玉県大宮光陵高校管弦楽団第23回定期演奏会
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/23-8e27.html

・増井 一友さんリサイタル(クラシックギター)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-7de4.html

・素朴な疑問2:「音楽史」本はなぜ20世紀で・・・
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/20-8e78.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

会津無謀旅、してきました

道中日記を付けていたし、デジカメでヘタな写真も撮っていました。
ですが、綴った日記の抜粋だけをブログに乗せました。
写真がなくて済みません。

息子と、会津に二人旅をして来たんです。
娘が部活動の合宿で・・・息子を一人放っておくのもどうか、と、あらかじめ、盆休みは諦めて、そのあとに3日間の休みをとらせて頂く予定にしていました。
で、娘が
「そのまんまウチん中にいても仕方ないじゃん」
との提言もあって、それに飛びついて、出掛ける1週間前に、急遽、ホテルを予約しました。
旅程はなんにも決めていませんで、行ってから考えよう、式でしたが、それでも結果的に会津若松の鶴ヶ城・飯盛山、猪苗代湖・天鏡閣・野口記念館・裏磐梯の五色沼から檜原湖、と、メインな観光地はゆったり見物でき、若松市内自体は周回バスを使ったおかげで観光目玉である若松市役所だとか東山温泉も雰囲気は味わえ、会津鉄道でのノンビリ旅でしたので、車窓から芦ノ牧温泉や尾瀬への入口なんかも眺められ、二泊三日ながら充実した旅が出来ました。

この一週間のメインは、併せて、吉田美里さんのヴァイオリンリサイタルを聴かせて頂いたことにつきます。
記事にしませんでしたが、実は、アンコールの「子供の夢」に、ちと涙が出てしまいました。

「子供の夢」・・・今日で五十歳になりましたが、子供らしい夢だけは、命が続いている限り消えないものだな・・・と実感しています。欲とか望みとか、じゃなく。

ひとえに、皆様のおかげです。
心より感謝申し上げます。


今週綴った記事

少しおバカさんが治って来たのか、綴るペースは落ちました。
本当にオリコウさんに向かって進んでいるんだったらいいのだけれど。
テストの点が1点上がったくらいのレベルにはいけてるのかなー。
そうでもなさそうです。。。

・吉田美里さんヴァイオリン・コンサート
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-7384.html

・素朴な疑問1:ベートーヴェン最後のピアノソナタをめぐって
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-4edc.html

・会津無謀旅
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-255d.html

・「芸人」から(永 六輔)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-b9f1.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

お盆はお盆らしくなく

旧盆時期で、お里帰りのかたも多くいらっしゃるかと存じます。
我が家は、娘が連日部活動だったり文化祭の準備だったりで、今年の盆は久しぶりに帰省はしないで過ごすことになりました。
私自身は、娘が来週前半合宿で不在になりますので、それに併せて会社を休むことにしました。
都内の勤務先のあたりは、旧盆の初日から、いつもの喧噪がウソのように、人の姿が消えました。
昼休みに喫茶店に行っても、連日閑古鳥、です。

マンション住まいなので、玄関前で盆の迎え火も焚けないのですが、そこは地方出ですので・・・加えて、ある友人から
「自分の家はやるんだ」
という話をきかされたのも心にかかって、やっぱり迎え火送り火くらいは炊きたいな、と思って、適当な空き地を探して、割り箸に火をつけてみました。
家内にとっても、大好きだったオーボエ名人Hさんにとっても、指折り数えてみたら、数えるほどでもなく、3回目のお盆なのですよね。
迎え火を焚いて上がった火の先っちょを、子供たちがずうっと空まで見上げたら、そこにちょうど
「明るい星ひとつ みつけました」
でありました。
この時期、織姫星(織女星、こと座のベガ)が、日本では20時頃、ほぼ天頂(頭の真上・・・地平線から90度)の位置に来ます。

ですが、お盆らしいことをしたのは、迎え火くらいなものです。
ウチの小さなお厨子では盆棚も作るほどではありませんし、盆提灯を出そうにも、最近は息子のものが何故かだいぶ増えて、それが仏さんのそばに山のようになってしまっているので、置く隙き間がありません。

盆明けも、代わりになるようなことをするわけではありませんで、娘不在のあいだに、息子と二人、ぶらり旅でもして来ようと思っています。

家族での旅、というと、僅かな機会を除いて、子供たちは、ずっと、お盆と暮れに親の実感帰省する程度の旅経験しかありませんでした。
大型連休も、親の楽隊の合宿にくっついてきていたんですものね。

ですので、・・・娘は残念ながら別行動ですが・・・ちょっと違う夏を経験させたいな、と考えています。

ばちあたりですかねー。


今週綴った記事
・ヴィヴァルディ「調和の霊感」から:好きな曲027
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/027-63a5.html
 ※ 人生で唯一、「楽器ってどう弾くの?」を真剣に考えた頃・・・

・曲解音楽史60):ヨーロッパ「古典派」とは何だったのか
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/60-a1d0.html
 ※ いままでいちばん独断と偏見に満ちた音楽史記事かもです。

・のだめ22巻
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-3ff5.html
 ※ これまた偏見レヴュー。(^^;

・My Life, My Music/ Wand(ギュンター・ヴァント、DVD)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/my-life-my-musi.html
 ※ 値段を記入し忘れたのですが、格安でした。

・サントリー音楽財団創設40周年記念サマーフェスティバル2009
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/402009-03bb.html
 ※ 韓国の素晴らしい女性作曲家チン・ウンスクさん作品が演奏されます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

御礼

阿部千春さん&蓮見岳人さんのデュオコンサートにお越し頂いた方
阿部千春さん&大井浩明さんのモーツァルト作品1コンサートにお越し頂いた皆様、

遅ればせながら、大変ありがとうございました。

深く感謝申し上げます。


ここんとこ綴った記事

ずっと空きましたが、その分は省きます。
例によって駄文ばかりですが、毎度、自己顕示欲からの宣伝のみ。

・モーツァルト:「戴冠ミサ」K.317
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/k317-5336.html

・定家の熊野随行
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-0832.html

以下2文は、特に意味不明。
・限り無ない「音・響き」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-9978.html

・万物は連続である
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-6efb.html


土地はたとえ不毛の土地であっても要求することが出来る。
少なくともその地面の上に住むことが出来るからである。
けれども、あらゆる点で利害のない、だれにもなんの影響も及ぼさない
つまらない事実は、
それがほんとうだろうが、いつわりだろうが、
だれにも興味の無いことだ。
(J.J.Rousseau "LES REVERIES DU PROMENUR SOLITAIRE" 今野一雄訳)

・・・でしたら、私が辛うじて不毛の土地の持ち主ではいられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »