« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月18日 (土)

梅雨明け・ウツ明け

Yamatouchiharu蓮見岳人・阿部千春デュオリサイタル(バロックリュート&バロックヴァイオリン、ケルン在住)是非お出掛け下さい。
千歳(7月12日)・天理(7月18日)・京都(7月19日)・名古屋(7月21日)静岡(7月22日)・東京(7月23日)です。
総合連絡先:スパティウム・ハルモニエ(電話050-5539-8845、mail:duo@angel.nifty.jp
HP:http://abe.hasumi.de/


阿部千春さんとフォルテピアノ奏者大井浩明さん共演のリサイタル(7月25日)
~若き天才作曲家が世に問うた「作品1」~
《モーツァルト:パリ・ソナタ集 作品1(全六曲)K.301-306》
(護国寺:同仁キリスト教会にて、18時開演)はリンク先、この演奏会への私の期待については「サヨナラ『古楽』」をご覧下さい。
連絡先:オフィス・アドック(電話:050-5532-5562、mail:office.adhoc@gmail.com
blog:http://ooipiano.exblog.jp/11686543/
ピースフル・コンサート越谷 ’09は、8月5日です。
つい先日、梅雨が明けました。

TMFの演奏会が終わって1週間経った頃から、何だか急に調子が悪いと思っておりました。
湿気のキツさが堪えているんだろうな、くらいに思っていました、
ですが、そのあと1週間強、予想もしていなかったのですが、久々にウツの発作に襲われました。

今は企業は3ヶ月に1回決算をするのです。で、私めは、その整理担当です。
発作は、ちょうどその時期と重なりました。

そんなわけで、職場で職務をこなすのがやっと、というありさまでした。

なおかつ、発作中は、気持ちがあらぬ方向へ飛ぶため、あれやこれや、相手に何の悪意がないのがアタマでは分かっているつもりでも、こちらが勝手に被害妄想になります。

で、実際に被害にあわせてしまった方もいらっしゃるのですが、なるべくおとなしくしよう、と、少しは殊勝なことも思いました。

ただ、今回の発作ででは、起こっている間では初めて、通勤には一切支障がありませんでした。
回復を実感しました。

かつ、「うつ」は心の病気だ、と言われていますし、自分もそう信じ込んでいましたが、
「違うなー。ウツは体の病気だ」
と、何とはなしにですが、確信を持ちました。

「ストレス」ということは大なり小なり影響はありますが、「ストレス」は別に精神上のものとは限らず、むしろ時間の制約だとか体力以上のことをこなさなければならないとk、心とは直接かかわりを持たないものの方が多い。

すると、それに誘発されて起こる「ウツの発作」というやつは、どう考えても、心そのものには原因がない。極端に言ったら、物理的な@「ストレス」で「感情障害と行動力疎外という症状が現れる」肉体の病気だとしか思えない。

・・・って、うまく説明出来ないんですが、そうらしい、ということを感じてから、とにかく
「これは気の病じゃない、あくまで他の病気と同じで、体のことなんだ」
と言い聞かせて我慢してみました。

その結果・・・梅雨が明けて、明け方の湿気が急に減ったとたん、発作がおさまりました。
「してみると、湿気とかいう気候関係の要素もストレスなのね」
かように思っておる次第です。

果たして、アタッておりますかどうか。

今週と先週綴った記事。

・蓮見さん阿部さん関西ツアー開始:CD "ROMA" ご紹介
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/cd-roma-8669.html

・音楽を聴く「点と角度」:モーツァルト「作品2」の中の1曲を例に
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-227f.html

・ミヒャエル・シェファー「バロック・リュートの音楽」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-8cbc.html

・ヘンデル「ヴァイオリンソナタニ短調」:蓮見さん・阿部さん・大井さん演奏曲目関係【6】
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-1458.html

・コレッリのヴァイオリンソナタ:蓮見さん・阿部さん・大井さん演奏曲目関係【5】
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-5cc0.html

・クリスチナのアカデミー:蓮見さん・阿部さん・大井さん演奏曲目関係【4】
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-b290.html

・ビーバー「描写ソナタ」とパッサカリア:蓮見さん・阿部さん・大井さん演奏曲目関係【3】
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-3ff5.html

・モーツァルトのフォルテピアノ:蓮見さん・阿部さん・大井さん演奏曲目関係【2】
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-d7b1.html

・大井浩明さん、BS hi 出演:8月5日・12日
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/bs-hi-0bbc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

感謝。

Yamatouchiharu蓮見岳人・阿部千春デュオリサイタル(バロックリュート&バロックヴァイオリン、ケルン在住)是非お出掛け下さい。
千歳(7月12日)・天理(7月18日)・京都(7月19日)・名古屋(7月21日)静岡(7月22日)・東京(7月23日)です。
総合連絡先:スパティウム・ハルモニエ(電話050-5539-8845、mail:duo@angel.nifty.jp
HP:http://abe.hasumi.de/


阿部千春さんとフォルテピアノ奏者大井浩明さん共演のリサイタル(7月25日)
~若き天才作曲家が世に問うた「作品1」~
《モーツァルト:パリ・ソナタ集 作品1(全六曲)K.301-306》
(護国寺:同仁キリスト教会にて、18時開演)はリンク先、この演奏会への私の期待については「サヨナラ『古楽』」をご覧下さい。
連絡先:オフィス・アドック(電話:050-5532-5562、mail:office.adhoc@gmail.com
blog:http://ooipiano.exblog.jp/11686543/
ピースフル・コンサート越谷 ’09は、8月5日です。
先日の私たちのアマチュアオーケストラ、東京ムジークフロー演奏会の音を、なんと3日後4日後という超スピードでMさんとYさんから送って頂き、これは 「早めに反省してちょうだいな!」 とのご要請だと勝手に解釈して、取り急ぎ演奏を載っけると共に、自分なりに気になった諸々は今日綴りました。 あくまでもそれはそれ、でして、日頃から私ごときを支えて下さる団員・OB・お友達の皆様へは、また無事にこの日を迎えさせて頂けましたことに、心から御礼申し上げます。

ムジークフローの練習のときはもちろん、なのではありますが、それ以外にも、ここ数ヶ月、家内を亡くしてから、いや、もしかしたら仕事上で第一線の業務を離れて以来初めて、というくらいに、仕事や他の日常生活の中で、最も多くの人たちと交流出来る機会を持たせて頂くようになり、自分でも
「なんでこうなったなろう?」
と、驚いている次第です。

何かやっている、いつも動いている、というのは、週末にはへろへろにはなってしまうのですが・・・でもって土日も結局は子供達との生活でへろへろのまんまなのですが・・・5年前に「うつ」と診断された頃を思い返すと、嘘のように光に満ちています。
続けてのお付き合いの中では、私が人に機嫌を損ねられたり、私の方が人の機嫌を損ねたり(こっちの方が多いかも)ということも多々あります。・・・それもまた、実は、平板だった心に起伏と豊かさを取り戻させてくれることなのだなあ、と感じています。あるお願いごとで、知らないお店を回っては頭を下げて歩く、たった一度だけの出会いも、このところ集中して重ねましたが、そっけなくあしらわれることあり、愛想良く断られることあり、無愛想なまんまなのに実際はいちばんでっかいふところで請けてくれることあり、で、新米会社員の頃の気分を想い出しては、なつかしくもあり、新米の時と違うのはそれがひとつひとつとても楽しかったりしています。

こういうことをしているうちは、まあ、生きているんだろうな、生かされているんだろうな、との思いがひとしおです。

昼間にどれだけ感情の起伏が激しくても・・・せめて夜、眠る前は、誰に向かって、ということなく
「ありがとう」
と言うことにしなければいかんかな・・・。


今週綴った記事

・「運命の力」、ハイドンHob.108:TMF20090628演奏会
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/hob108tmf200906.html
 ※ 能書きつき。

・シューベルト"The Great":200608TMF定期より
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/the-great200608.html
 ※ 愚痴つき。

・ロイスナー「リュート組曲」:蓮見さん・阿部さん・大井さん演奏曲目関係【1】
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-97fa.html
 ※ 分かる範囲で今後もご紹介して来ます。

・ご来場御礼:東京ムジークフロー第46回定期演奏会
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-4ee8.html
 ※ 二日酔いの翌日に綴った御礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »