« 食べる | トップページ | 感謝。 »

2009年6月27日 (土)

パンドラの匣

Yamatouchiharu蓮見岳人・阿部千春デュオリサイタル(バロックリュート&バロックヴァイオリン、ケルン在住)是非お出掛け下さい。
千歳(7月12日)・天理(7月18日)・京都(7月19日)・名古屋(7月21日)静岡(7月22日)・東京(7月23日)です。
総合連絡先:スパティウム・ハルモニエ(電話050-5539-8845、mail:duo@angel.nifty.jp
HP:http://abe.hasumi.de/


阿部千春さんとフォルテピアノ奏者大井浩明さん共演のリサイタル(7月25日)
~若き天才作曲家が世に問うた「作品1」~
《モーツァルト:パリ・ソナタ集 作品1(全六曲)K.301-306》
(護国寺:同仁キリスト教会にて、18時開演)はリンク先、この演奏会への私の期待については「サヨナラ『古楽』」をご覧下さい。
連絡先:オフィス・アドック(電話:050-5532-5562、mail:office.adhoc@gmail.com
blog:http://ooipiano.exblog.jp/11686543/
アマチュアオーケストラ、東京ムジークフロー定期演奏会は6月28日(日)です。
ピースフル・コンサート越谷 ’09は、8月5日です。
私は、感情に流される人間が嫌いです。 嬉しければ大仰に嬉しがり、悲しければ大袈裟に悲しがり、 愛しいものは露骨に愛しがり、憎いものは極端に憎む人間が嫌いです。

私は、思い込みから離れられない人間が嫌いです。
信じた通りにしか行動出来ず、信じないことには顔を背ける人間が嫌いです。

私は、出来ない計算にうつつを抜かす人間が嫌いです。
絵に描いた餅で儲けが上がると信じきり、行動すべきことを忘れる人間が嫌いです。

私は私が嫌いです。いちばん嫌いです。
何故なら、ここまで「嫌い」とならべたてたことは、全て私に当てはまるからです。

私自身を嫌うことは、他の人を嫌うことに比べて、どれだけましでしょう?

私が私を嫌うとき、私は同時に他の人を嫌うことから自由ではありません。
この点では、なにもましではありません。

あるかたに触発されて、デリダの語ったことを、少しだけ齧り読みしました。
彼自身が著述したものでは難しいので、彼がインタヴューに答えたり対談したものを集めた薄手の本です。
デリダは、じつにうまいことを言っています。いちばん適切な箇所を失念してしまったのですが、彼の発言には一貫性がありますので、そうしたものを、ふたつ引いておきます。

「私が自分に対して約束するということは、私が分割されているということです。私が私自身に嘘をつくことができるのはただ、私が私自身に対して根本的に他者となっている場合だけです。言い換えれば、そのときは、私は私であるかぎりの私に対して嘘をついているのではなくて、私はある他人に嘘をついていることになります。」(『言葉にのって』ちくま学芸文庫 p.146)

「私は、しばしばいくつかの異名を与えます。これまで私が書こうと試みることができたすべてのものの中には、私が待ち望んでいる、あるいは挑発したいと思っている、あるいはそれが私を挑発することを期待しているそうしたものの異名、偽名、換喩(メトニミー)があります。しかし、当然のことながら、それを支配したり制御したりする力は私にはありません。もしもそれが到来するとすれば、それは私に到来するでしょう。」(同書 p.80)

難しげに見えますが、そのまま素直にきけばよい言葉なのでしょう。

してみると、私に残されている「道」は、やはり、分割された私になんとかして他者としての認識を明確に持ち、私が制御し切れずにいる異名・偽名・換喩から、やがてはあるかも知れない、あるいは永久にないかも知れない「到来」を待ち望むことだけなのでしょうか?
(メシアンの作品のようですが。)

今週綴った記事
・6月28日:東京ムジークフロー第46回定期演奏会
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/28-e633.html
 ※ ご案内です。

・「楽譜に忠実に」問題(2)Quqntz(クヴァンツ)の基本文法
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/quqntz-b4a7.html

・瞬間伝言ゲーム?:TMF練習録音を聴いて
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/tmf-ee9a.html
 ※ 先日の練習の録音を頂きましたので、聞いて考えたことを手短に。

・6月29日、本澤千惠子さん&グレゴリー・セドフさん
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-2512.html
 ※ ピッコロヴァイオリンの演奏会です。

・正式ご案内:蓮見岳人(やまと)・阿部千春デュオコンサート
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-c067.html
 ※ 日程だけでなく、各会場へのリンクを貼りました。

|

« 食べる | トップページ | 感謝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/30294797

この記事へのトラックバック一覧です: パンドラの匣:

« 食べる | トップページ | 感謝。 »