« 転載:知らずに悪化する腎臓病(NHKテレビ5月13日) | トップページ | 続・ニワトリでもなつく! »

2009年5月17日 (日)

ニワトリでもなつく!

根が怠け者なので、平日の勤務のときの方が「ヒマ」です。
いや、真面目に仕事をしてるんなら、「ヒマ」だなんてあり得ないのです。
実際、「ヒマ」なのは精神状態の方でして、体は忙しい。
内勤だから、肩から下は忙しいわけじゃないんですけれど、手は終日パソコンのキーボードを動かしています。
そのあいだ、何も考えない。考えていない。
工夫が要る資料作りで頭を悩ますことはあるけれど、結局はルールがめっかれば解決することだから、本当の意味で「考えている」とは言えない。

その点、学校の成績は目も当てられないくらいひどいもんだけれど、子供達の方が「考える」毎日を送っている気がします。

ヤモメの我が家では、夕飯や翌朝の献立を考えるのは娘です。
冷蔵庫にある材料を同減らして行くか、だけでは、娘の「考える」は終わっていない。
「おいしく」まではなかなか到達しないけれど、
「これをどんな調理法で料理してみようかな」
「材料の組み合わせはどうしょうかな」
・・・なんてことを毎日考えるのは、辛くて大変じゃないかなあ、と思っていたら、そうでもないらしい。
創造的に考えているから、楽しめるんだろうと思います。

息子は息子で、人間様とのお付き合いは面倒くさくていやなようだけれど、動物相手だと、なぜだか語り合えるらしい。
言葉いらずのコミュニケーションが、うまくとれているみたいなんです。
土曜日の昼間は、だいたい一緒に公園に出掛けます。
そこには、野良猫もいれば、どこから来たのか分からない、半分野生化したニワトリ君もいます。
猫はスリスリが上手いので、まあ、僕でもなんとかなります。
ですが、ニワトリというのは、常識では人にはそうそうなつかない。
僕なんか、こいつにはしっかり敵視されていて、会うたんびに、こっぴどくつつかれます。
それでも下手(したて)に出て、優しく撫でてやろうとすると、身を縮めて「いやそう」にします。

ところが!

ニワトリ野郎、息子が撫でると、気持ち良さそうに目を細めるじゃあありませんか!
それを見て、口惜しかったのなんの!
しかも、息子がどこかへ行こうとすると、こやつ、息子の後をついて歩くのです。

どうやら、息子は動物語はマスターしていて、動物を丸め込むのは得意らしい。
「なんでそんなに仲良くなれるの?」
と聞いても
「うーん、なんでだろうなあ」
と、本人も首をかしげてはいる。

でも、よくよく見ていると、息子は、その動物と仲良しになれるまで、
・まず、目線を同じ高さに合わせて、相手が息子を見ても驚かなくなるまで待つ
・そうやって近づけるようになったら、その動物の機嫌がいい時に出す鳴き声を真似する。
・すると、相手の動物は、だんだんに警戒心を解いて、近づいてくる。
・近づいて来たところを、しばらくのあいだ丁寧に撫でる。
・相手がすっかりリラックスしたところを抱き上げる
と、これくらいの段階は踏んで、仲良しになっているのです。

でもって最後は、その動物を、用意して来た大鍋に突っ込んで、煮て食う、なんてことまでしちゃおう、と悪い心を起こすのは、僕の方。
いざ食糧難になったらこの手を使いたいですね。

とはいえ、息子が動物に興味を深めたのは、むごたらしい殺されかたをした野良猫を悼むサイトを見つけてからでした。
息子は、僕がいくら勧めたって、大鍋を用意して動物たちと会いに行くようなことはしないでしょう。

学校の勉強ができなくても、こんだけできれば、まあ、いいや。

僕の方が勉強させられる気がします。

今週綴った記事
・東京ムジークフロー定期演奏会のご案内
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-8cfe.html
 ※ とりあえず、団の頁からの転載

・クラシックCD:売られかたへのふとした疑問
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-d804.html

・「お囃子」HPご紹介
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/hp-dab3.html
 ※ リンクだけ貼ってあるようなモンですが、リンク先を是非ご覧下さい!
   東京都新宿区の戸塚囃子を守っている方の、心のこもったサイトです。

・言い換えられない「自分」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7e54.html

・曲解音楽史59)日本音楽、近世の変動-1.祭囃子
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/59--0256.html

・「全体像」を聴く大切さ:大井浩明氏「ベートーヴェン 交響曲第1番・第2番他」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-db0d.html

・TMF:5月10日練習記録
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/tmf-b321.html

以上

|

« 転載:知らずに悪化する腎臓病(NHKテレビ5月13日) | トップページ | 続・ニワトリでもなつく! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/29647286

この記事へのトラックバック一覧です: ニワトリでもなつく!:

« 転載:知らずに悪化する腎臓病(NHKテレビ5月13日) | トップページ | 続・ニワトリでもなつく! »