« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

いちばんばかな生きもの

今朝は、関東は雨模様です。息子の中学校の運動会が延期になりました。
それでも、いまの学校は、延期になった運動会の代わりに授業、です。
息子は、姉に作ってもらった弁当を持って登校しました。

運動会の代替日は平日です。親が運動会に行ってあげにくい時代になりました。

高校生くらいまでになってしまえば、こんな心配をしなくても
「来ないでくれ!」
って言われるのですけれど。
中学生までは、まだ心配が減りません。
のんきに構えている息子とは、のんきでばかりいられても困るなあ、と思いますので、いろいろ話をします。

とはいえ、勉強の話はほとんどありません。・・・諦めておりますので・・・(^^;
生きもの好きなので、そこで話を合わせます。
こないだのは、お嫌いな方には恐縮ですが、蜘蛛をきっかけにした話です。
「蜘蛛ってさあ、賢いよねえ」
と、息子。
「え、どうしてそう思うの?」
「だってさあ、虫が灯りに集ってくるのを知ってて、そこに巣を張ってる」
話をしたのが夜二人で歩いているときで、ちょうど目の前に大きなジョロウグモが巣を張っていたのです。
たしかに、巣は建物の狭い隙間の、灯りが上の方で煌煌と照っている場所に作られていました。
「そうだ、おまえの言うこと、ホントだな」
正直に感心しました。
「賢いのって、だから、脳ミソが大きいかどうかと関係がないよね」
と、息子。
「ニワトリも猫もカエルも虫もさ、みんな賢いよ。自分で生きてるもんね」
なんて、偉そうな言葉まで口から出て来たので、仰天してしまいました。
「だからさ、人間がいちばん賢いんじゃないんだよね」
「おとうさんも、そう思うよ・・・いや、人間がいちばんバカな生き物なのかもな」
「え、どうして?」
「いちばん脳ミソがでっかいからさ。でもって、生まれたばっかりん時は真っ白だからね」
「そうなのか」
「いや、チャンとは知らないけどさ。けど、どうやったら自分で生きて行けるかが分からないから、脳ミソをでっかくして、一生懸命お勉強して、生き方見つけなきゃなんないじゃんか。でもって、それでもなかなか、これでいい生き方って決まらないじゃん」
難しいかな、と思いつつ話してみましたが、
「そうだよねえ」
案外すなおに、オヤジの気持ちを(考えてることを、じゃなくて)汲み取ってくれました。
「だからさ、ちゃんと勉強してくれよな」
「う。」
というありきたりなオチで、この会話はおしまいでしたが。


今週綴った記事
・「学説」はどこまで参考になるか
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-8dec.html

・蓮見岳人さん参加CDご紹介
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-e76d.html
 ※ 人に優しく自分に厳しくのかたなので、自薦盤を探り出せず。
   でも、ほんとうにすばらしいリュートをお弾きです。
   リンクした頁で彼の演奏をパソコンから聴けますので、是非!

・「チャリティ」とは何か・・・アマチュア演奏考としての
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-a760.html

・TMF:5月24日練習記録
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/tmf-22f5.html

・アタマがよくならなかったらどうするクラシック
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-98f3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

続・ニワトリでもなつく!

今日は朝からバタバタでくたばってしまっておりましたので、本当は行きたくなかったんですが・・・
娘は午後からグウスカ昼寝。
ですので、暇を持て余している息子と、また先日の公園に行く羽目に陥りました。
そこには、こないださんざん私の足をつつきまわした、憎っくきニワトリ野郎がいます。
またつつかれるのはゴメンだけれど、息子はニワトリに会いたいので、しかたなくヤツの居所へ向かいました。

で、ニワトリのやつ、私たちの姿を見つけると、ものすごい早足でこっちに駆けてくるじゃあありませんか!
恐怖感に身を縮めましたら、でも、ニワトリのやつ、私の脇はすり抜けて行きました。

え、どないすんのやろ?

と思ったら、息子に走りよっていたのでした。
息子が
「さ、こっち」
と言うと、従順にくっついて行く。
犬みたい。
おまえは、おまえがニワトリであることを忘れちまったんか!?

同じ場所には、やっぱり息子が可愛がっているグレーの太った猫がいるんですが、ニワトリ野郎があまりにも息子になついているのに拗ねて、木陰に隠れてしまいました。
「あの猫さあ、焼きもち焼くんだよ」
フフフ、と、息子が肩をすくめて笑いました。

ふうん、と、こっちはなんだかつまんなくなって、猫とおんなじに拗ねてしまったわけではないのですが、脇にあったベンチにごろっと寝っ転がりました。

そのまんま、1時間くらい過ぎました。
うつぶせで熟睡していました。
何だか背中が重い。
そう感じた次の瞬間、息子が僕の方をみてまたフフフ、と笑うので、背中を見ると、なんと、ニワトリが載っかっているではありませんか。
「おまえが乗っけたんか!?」
「いいや、ニワトリがねえ、自分で乗っかったんだよ」
なんだって、そんなバカな。
それからしばらく、ニワトリ野郎、僕の背中から足元までを、何往復も、得意げに歩いていました。

そういえば、鳥って恐竜の子孫なんだよな。
恐竜の子孫だと思ってあらためてその様子を眺めていると、ニワトリ野郎の誇らし気なのが、なんだか可愛くなって来ました。

夕方、帰る時になると、私たち親子の後を、ニワトリ野郎は、
「また来いよ」
とでも言っているかのように、悠々と着いて来て、たぶんヤツの縄張りの境目ギリギリのところで足を止めて、あとはこっちを見もせず、のんびり草をついばみ始めたのでありました。 

ほい。また会いにきてやるよ。


この1週間綴った記事
・「古楽」は古楽にあらず・・・屁理屈概略
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-084f.html
 ※ ハイ、何でもクレーム付けて下さい。。。(T_T)

・YUI again
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/yui-again.html
 ※ 埼玉県立大宮光陵高等学校とCM共演したYUIさん、6月30日新譜。

・手に入り易くなっています、「音楽は対話である」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-eda0.html
 ※ まだお読みではなかったら
   ・・・面白い「真面目なクラシックの本」、減っていますし。

・蓮見岳人・阿部千春デュオリサイタル(先走りご案内!)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-63b1.html
 ※ ケルン在住の素晴らしいお二人の演奏会スケジュール。
   新規情報は随時付記して行きます(って、まだしていないのですが。)

・クラシックCD売られている内容
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-5933.html

・TMF:5月17日練習記録
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/tmf-a87f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

ニワトリでもなつく!

根が怠け者なので、平日の勤務のときの方が「ヒマ」です。
いや、真面目に仕事をしてるんなら、「ヒマ」だなんてあり得ないのです。
実際、「ヒマ」なのは精神状態の方でして、体は忙しい。
内勤だから、肩から下は忙しいわけじゃないんですけれど、手は終日パソコンのキーボードを動かしています。
そのあいだ、何も考えない。考えていない。
工夫が要る資料作りで頭を悩ますことはあるけれど、結局はルールがめっかれば解決することだから、本当の意味で「考えている」とは言えない。

その点、学校の成績は目も当てられないくらいひどいもんだけれど、子供達の方が「考える」毎日を送っている気がします。

ヤモメの我が家では、夕飯や翌朝の献立を考えるのは娘です。
冷蔵庫にある材料を同減らして行くか、だけでは、娘の「考える」は終わっていない。
「おいしく」まではなかなか到達しないけれど、
「これをどんな調理法で料理してみようかな」
「材料の組み合わせはどうしょうかな」
・・・なんてことを毎日考えるのは、辛くて大変じゃないかなあ、と思っていたら、そうでもないらしい。
創造的に考えているから、楽しめるんだろうと思います。

息子は息子で、人間様とのお付き合いは面倒くさくていやなようだけれど、動物相手だと、なぜだか語り合えるらしい。
言葉いらずのコミュニケーションが、うまくとれているみたいなんです。
土曜日の昼間は、だいたい一緒に公園に出掛けます。
そこには、野良猫もいれば、どこから来たのか分からない、半分野生化したニワトリ君もいます。
猫はスリスリが上手いので、まあ、僕でもなんとかなります。
ですが、ニワトリというのは、常識では人にはそうそうなつかない。
僕なんか、こいつにはしっかり敵視されていて、会うたんびに、こっぴどくつつかれます。
それでも下手(したて)に出て、優しく撫でてやろうとすると、身を縮めて「いやそう」にします。

ところが!

ニワトリ野郎、息子が撫でると、気持ち良さそうに目を細めるじゃあありませんか!
それを見て、口惜しかったのなんの!
しかも、息子がどこかへ行こうとすると、こやつ、息子の後をついて歩くのです。

どうやら、息子は動物語はマスターしていて、動物を丸め込むのは得意らしい。
「なんでそんなに仲良くなれるの?」
と聞いても
「うーん、なんでだろうなあ」
と、本人も首をかしげてはいる。

でも、よくよく見ていると、息子は、その動物と仲良しになれるまで、
・まず、目線を同じ高さに合わせて、相手が息子を見ても驚かなくなるまで待つ
・そうやって近づけるようになったら、その動物の機嫌がいい時に出す鳴き声を真似する。
・すると、相手の動物は、だんだんに警戒心を解いて、近づいてくる。
・近づいて来たところを、しばらくのあいだ丁寧に撫でる。
・相手がすっかりリラックスしたところを抱き上げる
と、これくらいの段階は踏んで、仲良しになっているのです。

でもって最後は、その動物を、用意して来た大鍋に突っ込んで、煮て食う、なんてことまでしちゃおう、と悪い心を起こすのは、僕の方。
いざ食糧難になったらこの手を使いたいですね。

とはいえ、息子が動物に興味を深めたのは、むごたらしい殺されかたをした野良猫を悼むサイトを見つけてからでした。
息子は、僕がいくら勧めたって、大鍋を用意して動物たちと会いに行くようなことはしないでしょう。

学校の勉強ができなくても、こんだけできれば、まあ、いいや。

僕の方が勉強させられる気がします。

今週綴った記事
・東京ムジークフロー定期演奏会のご案内
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-8cfe.html
 ※ とりあえず、団の頁からの転載

・クラシックCD:売られかたへのふとした疑問
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-d804.html

・「お囃子」HPご紹介
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/hp-dab3.html
 ※ リンクだけ貼ってあるようなモンですが、リンク先を是非ご覧下さい!
   東京都新宿区の戸塚囃子を守っている方の、心のこもったサイトです。

・言い換えられない「自分」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7e54.html

・曲解音楽史59)日本音楽、近世の変動-1.祭囃子
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/59--0256.html

・「全体像」を聴く大切さ:大井浩明氏「ベートーヴェン 交響曲第1番・第2番他」
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-db0d.html

・TMF:5月10日練習記録
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/tmf-b321.html

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

転載:知らずに悪化する腎臓病(NHKテレビ5月13日)

お知り合いのかたの記事の転載です。コメントを頂くことは出来ませんので、ご了承下さい。


Jinzo1

 5月13日(水)8:35~9:25 NHK総合テレビ《生活ホットモーニング》
下記の放送が有ります。発症前に気付く腎臓病のポイント、ご覧下さい。

 知らずに悪化 腎臓病にご用心!

《番組の事前コマーシャル》です。

 「慢性腎臓病」という病気をご存じでしょうか?
全国で患者数は1000万人以上、新たな国民病とも言われています。
この病気の怖いところは、自覚症状がなかなか出ないこと。そして病状が
進むと、「脳卒中」「心筋こうそく」といった突然死の要因になることです。
腎機能が低下することにより高血圧が進み、それによりさらに腎機能が低下
するという悪循環が始まり、その結果、動脈硬化を引き起こしてしまうのです。
番組では、ここ数年ようやく実態がわかってきた「慢性腎臓病」について
徹底分析、どうすれば発見出来るか、予防法は何かなどをご紹介します。

   -------------------- 番組予告 終わり --------------------

 腎臓病は、悪くなると人工透析になります。
しかし、それ以前に起きる様々な症状があります。
知らない内に進行する《慢性腎臓病》に付いて説明する番組、
上記のPRだけで詳細は判りませんが、何かご参考になると思います。

 余分ですが、掲載の写真は、本物の腎臓の標本です。
17歳の男性の腎臓、どんな経緯で亡くなられたのか判りませんが、
ご本人の無念、ご両親の悲嘆を思うと、何とも言葉が有りません。
標本になったことは、多分、知らされていないのでしょうね。

 展示されていたのは、川崎医科大学の《現代医学教育博物館》です。
写真撮影はダメでしょうけど、腎不全は、病腎移植のテーマでもあり、
本物の健康な腎臓を、ご紹介したかったのです。それと、皆さまに
この博物館をご覧になって頂きたく、そのご紹介も兼ねています。

 惜しくも亡くなられましたが、創設者・川崎祐宣先生の博物館へ
寄せる思いが書かれているパネルも写して来ましたので、ご覧下さい。
デジカメのフラッシュが故障とピンボケで、読めないかも知れませんが、
医学生教育で見せたい博物館への熱い思いが、綴られています。

 詳しくは、《現代医学教育博物館》HP↓をご覧下さい。
http://www.kawasaki-m.ac.jp/mm/
川崎先生のご挨拶が、概要の所に出ています。展示標本の種類では、手で
触れる脳の標本・プラスティネーションの説明も有ります。

| | トラックバック (1)

2009年5月 9日 (土)

虹を見た

<ウルトラQ>をテレビで見た記憶がある、というのは、今の50歳前後の方が下限になるかと思います。
このテレビ番組、それまで映画館だけを席巻していた巨大怪獣がお茶の間をも蹂躙した、当時の子供達にとっては衝撃的なものでした。
いまDVD化された映像で見ますと、特撮のウラまでみえてしまって、最近のCGによるものに比べれば「ものすごさ」には欠けるのですが、それでも、すべてが「手作り」・・・ビルの模型や乗り物のミニチュアすべてが、職人さんや現場助手の人たちによって、現実の「モノ」として造形されたのでした・・・であったことからくる温かみと、やはり「作り物」と分かっていながらじわじわと迫ってくる恐怖で、なお私たちに迫ってくるのを感じることがあります。

「虹を見た」

というタイトルにしてしまったので、つい<ウルトラQ>を連想してしまったのですが、別に<ウルトラQ>にそれそのもののタイトルの回があったわけではありません。あったのは、

「虹の卵」

という回です。
この回に出てくる「虹」は、ウランを餌にしているパゴスという怪獣が発する放射線が、空中に金色のアーチを作ってア洗われるものです。
で、「虹の卵」というのは、じつはウランのカプセルです。

ストーリーについては、<ウルトラQ>のDVDが最近廉価で再発売になりましたので、ご興味があればご覧下さい。

私が見たのは、正真正銘の、「放射線ではない」、日本人には七色に見える、あの虹です。

Pict0271

最初に見つけたのは娘で、携帯電話のメールで知らせてくれたのでしたが、それは私の見た虹とは別のものでした。娘は学校から帰る途中で目撃したのでして、それは我が家からは結構離れたところですから、同じ時に見ることは出来ません。

次に見つけたのが息子で、息子の叫び声で私もすっ飛んで窓の外を見ましたら、建物の線に隠れてその先が見えないところまで、鮮やかな輪郭で見えたのでした。

我が家から南東の方角に見えたものです。ウチからはこの方向に虹が見え易いのです。
休日だったのか、そうでなかったのか、記憶は定かではないのですが、同じ方角の虹を家内とも見たように思います。

今週綴った記事
・ソロ・アンサンブル・オーケストラ
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-d020.html
 ※ 聴いたコンサートや合宿を通じて考え続けていた屁理屈です。

・モーツァルト:Regina coeli K.276(321b)およびKyrie K.322
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/regina-coeli-k2.html
 ※ K.276にはヘンデルのハレルヤコーラスに似た部分があります。
   残念ですが、その音は載せていません。

・ハイドン伝(ガイリンガーによる):2(1740-1749)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/1740-1749-2d86.html

・音楽も絵画も超えられない精神・・・Faust(手塚治虫展を見て)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/faust-9441.html
 ※ 江戸東京博物館で見てきた手塚治虫展の感想。
   載っけたピアニストの絵は、ちょっと気に入っています。

・TMF:合宿を終えて(ちょっとだけ)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/tmf-7ba2.html
 ※ ちょっとだけ・・・ではなくなってしまいました!

・シューベルトの転調
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-3072.html
 ※ TMFの練習で「グレート」の中に見られる転調の説明を受けて
   いまの作品からも是非、見つけてみて下さい。

以上
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

明日から恒例の春合宿です

ゴルデンウィ−クは、私たちのアマチュアオーケストラ、TMFは恒例の合宿です。
毎年、この時期は、
「弦楽器やってて損したなあ」
と悲しく思う時期です。
というのも、弦楽器は出ずっぱりなので、練習でずっと缶詰で、こんないい季節に外に散歩にも行けません。
ずっと、先生にしごかれっぱなし。

で、今年の合宿は、終わった後で2日間の休日がまだ残っているので(そこはサービス業の方には申し訳ない限りです!)、もし家内が生きていたら、きっとチャンスだったのだ、と思うと、ちと口惜しい。

何のチャンスかといいますと、芝桜見物です。

宿泊が埼玉県秩父市でして、しかも、テレビでも大々的に宣伝されている羊山公園に近い。
この羊山公園の芝桜が、合宿の頃、ちょうど見頃、かつ最大の人出なのです。

連休最後に2日残っている・・・もし家内が生きていたら、1日宿泊を延長して、みんなでみよう、って行ったに違いないのです。
芝桜の名所として喧伝される前から、羊山公園は母子や友達の絶交の遊び場でした。

で、芝桜の名所になってから
「オレだけ見たことがないんだよ」
とぼやくと、家内は、
「ああまた今度、休みが余計に取れるときに見せてやるからね」
毎回、これでした。

で、とうとう、
「また今度」
はやって来ませんでした。

口惜しいんだよなあ。

こっそり抜け出して、ひとりで見に行けるようだと嬉しいのですが。


この一週間綴った記事
・「J.S.バッハ」は現代浪漫派である(2)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/js2-37fb.html

・「J.S.バッハ」は現代浪漫派である(1)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/js-eb90.html

以上ふたつ、素人の屁理屈です。

・終了:齋藤友美賀ヴァイオリンリサイタル
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-2c70.html

・曲解音楽史58:清代の豊かさ
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/58-211a.html
 ※ 京劇も、いいですよ!

・TMF:4月25日練習記録
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/tmf-80d2.html

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »