« 花から若葉へ | トップページ | 明日から恒例の春合宿です »

2009年4月25日 (土)

コップってどんなかたち?

「コップってどんなかたち?」

ワイングラスなどのようなものではなく、日本の居酒屋さんで普通に見る、水やビールを注ぐ、いかにも値段の安そうなコップについてのみ考えましょう。

「上から見れば丸だろう? 横から見たら長四角」

そうなのだよ、上からも横からもモノを見るようにしなければならない、とは、最近はどうか分かりませんが、以前なら子供たちが説教を受けるときの定番でもありました。

まあ、いろんな角度から見る、というそのこと自体は、確かによろしかろうと思います。

ここからが問題です。
斜めから見たら・・・そのかたちを、私たちは言葉に出来るでしょうか?

「図には描けるがな・・・まあ、円筒形だわな」

さて、最初の問題。
本当に、コップは円筒形でしょか?

大抵の場合、コップは、飲み口となる上の円より、そこの円の方が小さいですよね。
そのことは、でも、言われてみて初めて
「ああ、そうだよ。分かってるんだけど、ちょうどいい言葉がないからな」
「じゃあ、円筒、って言葉は、きびしくみたら、間違い?」
「・・・うーむむむ!」

幾何学的に言えば、大抵のコップは、とてつもなく長い円錐を途中で切り取ったかたちなのでしょうから、きびしくみたら<円錐を切り取った一部>という言い方がふさわしいかのように思えます。
そこで、このときには、先ほど、大人が子供に向かって言った
「横から見たら長四角」
は誤りだった、ということになります。幾何学的に正しいのは、「台形」となるわけです。

斜めから見た図を描けるということは、それを円錐の切れはしという一つの言葉でしか表わせない、などというはずはないことをも示唆します。そう、コップは、斜めから見たら、「上下に楕円の半分を台形に組み合わせた図形」もしくは「縦の二辺はだんだんに間隔の狭まっていく直線、横の二辺はお互いに相似形にある楕円の半分」(寝かせた場合には縦と横は入れ代わりますが)と表現できるでしょう・・・しちめんどくさいけれど。

ここで、二番目の問題です。
そう言う厳密さは、果たして望ましいのでしょうか?

幾何学的な「円筒」は「ズンドウ」な筒だけを表す言葉ですけれど、言葉そのものが意味を持たされたところにまで遡ると、そこまできっちりと限定されたのは「数学だとこうだ」という決めごとが出来てから後のことだったはずです。

「いいじゃないか、下がすぼんでいったって、筒は筒なんだから!」

こういう言い方でも、言葉の使い方としては間違いではないはずです。むしろ、分かり易い。

さて、最初の幾何学的なこまやかな言い方と、大ざっぱな言い方とは、日常生活の中で、果たして両立し得るものでしょうか?
これが第三の問題です。

無意識のうちに、私たちは、これらを両立させて使っているのが実態なのではないでしょうか?
手早く物事を伝えたい時には、
「コップとって来てくれい! え? コップって知らない? あそこの、丸い筒みたいな入れもんだよ!」
まさかこんなことを言わなければならない局面はよっぽどでないと考えられないでしょうが、すぐにでもビールが飲みたくて、目の前にはビンがある(ビンビール、っていう限定を、ここではしていることになりますね)ときに、コップがどんなものか分からないヤツに
「円錐形を切り取ったかたちの入れもんだよ」
と言ってしまったら、円錐ってどんなものかを知らなければそこから説明しなければならず、甚だ面倒なことになります。
一方で、コップを効率よく整理する時には、場合によってはその横の線が横から見た時には平行線ではなく、飲み口側から見ればしたに向かって間隔が狭まっていくということを利用して、コップの大きさなどの条件によっては、全部をフツウに飲み口を上に並べるよりも、あいだに逆さまにひっくり返したコップを挟み込んで行った方がいい場合もあり得ることになります。
この時には、暗黙のうちに、コップが幾何学的には「円筒」ではなく「円錐」であることを利用するのです。このことに携わる素人さんを相手にしてはじめて、
「ほら、コップの横って、下のほうがだんだんすぼんでいくでしょう? だから、そのまんま並べたら隙間が出来る。この大きさのコップだったら、そのあいだに、逆さにしたコップを挟み込んじゃった方が、箱にたくさん入れられるんだよ」
と、ちょっとはこまやかに説明することになる。

くどくどした話になってしまいましたが、要するに、手早く用事を済ませたい時には、厳密でなくても手早く相手に理解させられる言葉を使うのが良さそうであり、結果をよりいいものにしたい作業をする時には作業に応じたこまかさを持つ言葉を使うのが良さそうである気がします。

この使い分けが健康に出来ているうちは、私たちの心も健康なのだ、と思います。

しかるに、日常の中では、手っとり早く済ませたいことにほど、はやく成果を出したいが為に、こまごましたくどい言葉を使いがちであり、相手がちゃんと真相を知りたい場合には・・・真相を知りたい、というのが大概は野次馬根性から来るものだ、ということも手伝ってでしょうか、相手を性悪説で観察してしまうがために・・・あまりに大雑把な言葉で応答を済ませてしまうことが、多くはないだろうか?
飯の種か否かを問わず、課された仕事に携わるにあたって、言葉を使う「私」は、そういう逆転をおかしてはいないだろうか?

そいうことが、ときに大変心配になることがあります。

こんな心配をすること自体、ちょっと神経質に過ぎるでしょうか?

いえ、人の言葉を受け止める時にも、相手の言葉の中に全てを求めるのではなく、私が人に話すときになすべきことと同じ反省をしながら「言葉の奥」を読むべきなのではなかろうか、と、ときどき思うようになりました。

上っ面な言葉だけを使っておきながら、人様がそれを理解できなければ
「あちらさんが愚かなのだ」
ともし私が思うようでしたら、それはただの傲慢でしょう。

同様に、ちまたにあふれる簡単明瞭な、であるがゆえに分かり易いと錯覚を起こさせる皮相な「見出し」言葉だけで、その背景にある事実に対するイメージを固定してしまい、事実の善悪を簡単に断定するようなことを日々やっているのだとすれば、あまりにもお人好しだ、ということになるでしょう。

いずれにしても愚かなことではないか、だからこそ日々、自分をよくよく戒めなければならないのではないか、とは、懲りない私がいちにちを振り返るとき
「ああ、またやっちまったよ!」
と叫んでしまうほど、おそらくは残りの一生、迫り続けなければならない反省なのかも知れない、と、たまには感じる今日この頃です。

今週ブログに綴った記事

・C.Brown 第1章:理論上のアクセント(拍節)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/cbrown-7640.html

・ブルッフ「ヴァイオリン協奏曲」:好きな曲026
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/026-7cf2.html

・モーツァルト:レシタティーヴォとアリア(シェーナ) K.316およびK.368
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/k316k368-0eac.html

・シューベルト「ザ・グレート」二つのライヴ 付:能の謡の音域
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-998c.html

・TMF:4月18日練習記録(全体)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-f185.html

・TMF:4月18日練習記録(弦分奏のみ)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-f668.html

|

« 花から若葉へ | トップページ | 明日から恒例の春合宿です »

コメント

ラウテンバッハーさんを何の気なしに打ってみましたら、
たどりつきました。彼女の演奏煮については貴殿
の感想と同じです。彼女は幅広いレパートリーを持って
いますがやはり古典系がいいですね。確かにCDは
そんなにありませんが、最近時々復刻版が出ていますので必ず入手しています。LP時代は沢山あったのですがね。中でもベーレンライターレーベルのテレマンの
室内楽集、ヴィンシャーマンさん(今年初めに大阪フィルの
室内オケとフーガの技法を指揮されてお元気でした)
やブリュッヘンさんなど豪華メンバー?のがあります。
これもCD化して欲しいものの一つ。バッハVn協は
この曲のベスト5に入る、と思っています。
彼女は一時武庫川女子大の先生をやられていまし
たよね?小林道夫氏とその時一緒に演奏されたん
ではないでしょうか。その録音も聴きたいです。
またなつかしいこのネタで投稿しますのでよろしく

投稿: いつかはひくぞう | 2009年5月 1日 (金) 15時30分

いつかはひくぞう様

ありがとうございました。
ラウテンバッハーさんの録音がCD化されたものは、私は残念ながらまだ無伴奏ソナタとパルティータのものしかもっていません。

そう、日本にいらしたこともあるんですよね。でも、学校までは存じ上げませんでした。ご教示に感謝申し上げます。

その他、ご示唆頂いたものなど、機会をみて探して参りたいと存じます。
またいろいろ教えて頂ければありがたく存じます。
何とぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: ken | 2009年5月 1日 (金) 23時25分

ビーバーのロザリオソナタは輸入盤を扱っているところなら見付かると思いますよ。バッハVn協も
出てくるでしょう。我慢強く探すことですね。
ラウテンバッハさんとほぼ同時期にバルヒェット
さんがいました。このかたの演奏はラウテンさん
と双璧でしょう。一昨年でしたか、数枚ソロや
クワルテットが復刻盤で出ました。バルヒェット
のバッハVn協はいかにも、と言う感じのドイツ
風。音程のヘンなところもありますが録音か?
この二人のバッハ二重協はあれば最高ですね。
ラウテンさんは多分録音してないのか、ヘンデル
Vnソナタが聴きたいですね。特に13番ニ長調。
彼らの流れが、ゲーベルまで続いたんだ、と想像
すると面白いですね。先日こちら思い出し、LP
の彼女の演奏を聴きました。さすがに音質がよく
なく残念でしたがでも、彼女らしいどこかやさし
さ溢れる雰囲気は伝わりました。ベー協も1楽章
のみ聴きましたが、かわいい曲に聴こえました。

投稿: いつかはひくぞう | 2009年5月11日 (月) 17時37分

いろいろ手に入るようになったんですねー。。。

男手一つの子育てを脱出したら、楽しみに聞かせて頂きます。(;ω;)

ご教示に心から感謝致します!

投稿: ken | 2009年5月11日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/29274464

この記事へのトラックバック一覧です: コップってどんなかたち?:

« 花から若葉へ | トップページ | 明日から恒例の春合宿です »