« 今週の雑談:春告げ花火 | トップページ | 足踏み桜、やっと満開直前ですか。 »

2009年3月30日 (月)

転載:香川県議会、修復腎移植推進を決議

ネットのお知り合いで、腎移植推進のためにガンバっていらっしゃるかたがいらっしゃいます。
私には、なにもご支援できる力がありませんので、お許しを得て、こちらにそのかたの記事を転載可能となりましたので、お読み頂ければ幸いに存じます。
なお、たいへん恐縮ですが、本記事につきましては、コメントはお寄せ頂けなくなっております。こういう「頑張り」をなさっている方がいらっしゃる、というご紹介が趣旨ですので、何卒ご了承下さいませ。



表題の件で、先日、山陽新聞に出た陳情予定の記事を日記 に書きましたが、
今日は、徳洲新聞(09年3/30)NO.665に出ましたので、貼ります。

【香川県議会、修復腎移植推進を決議】

 香川県議会は、3月19日、修復腎移植について臨床研究の積極的な推進などを国に求める意見書を採択した。地方議会の決議としては初めてのこと。

 香川労災病院(香川県丸亀市)は、腎がん、尿管がんの腎臓摘出4件を実施しており、同院の調査委員会は「摘出は妥当だった」と結論づけている。この腎臓の提供を受け移植を行った患者さんは全員、元気で生活を続けている。

 同院の西光雄医師は、昨年10月に県議会議員の勉強会に出席。「生存率、生着率とも死体腎移植に劣らない」とその有用性を訴え、「移植への理解を求める会」(向田陽二代表)の香川支部(長谷川博支部長)も今年2月、県議会に対し修復腎移植推進を陳情している。

 今回の決議はこうした動きを受けたもの。向田代表は「とにかく多くの人たちに修復腎移植の本当の情報を知っていただくことが重要。当初、悪い情報だけが流されてしまい、元に戻すのが本当に大変だった。今後もさまざまなところでこの問題を取り上げていただきたい」とコメント、愛媛県議会にも同様の働きかけをする可能性もあるとしている。
http://www.tokushukai.jp/media/rt/665.html

 ---------------------------------------

《雑感》
★ 病腎移植を、國が禁止したのは、妥当だったのか。
 問題は、先ず、そこから考えてみましょう。

西光雄先生の場合、こう↓なっています。
> 香川労災病院は、腎がん、尿管がんの腎臓摘出4件を実施しており、同院の
> 調査委員会は「摘出は妥当だった」と結論づけている。この腎臓の提供を
> 受け移植を行った患者さんは全員、元気で生活を続けている

 
光畑先生も西先生も、処罰は有りませんでした。
万波先生の方は、保険事務所が容認しておいてXと主張、宙に浮いた儘です。
これで、全國の医師に対し、病腎移植を禁止すべきだったのでしょうか。

 禁止は、また新たな問題をはらんでいます。その禁止で、生体腎移植をする
ドナーの腎臓に癌が見つかった場合、それも使わせないということになります。

 ICも手順も全て正常に行なわれ、あと、癌を切除して植えるだけなのに、
捨てさせるのです。家族のレシピエントがリスクも受けると言っても、です。

 捨てなければ、医師は5年間の保険医停止、病院も保険医指定を取消され
これでは病院経営は成り立たず、周辺の住民は路頭に迷います。

 これほど人権を無視したことが、國の病腎移植禁止でもあるのです。
日本移植学会は《病腎移植の全てに妥当性がない》とする調査書を出し、それを
丸ごと受けて厚労省は禁止。臨床研究はOKと言い乍らする気配もありません。

 香川労災病院の西光雄医師は、昨年10月、県議会議員の勉強会で「生存率
生着率とも死体腎移植に劣らない」とその有用性を訴え、「移植への理解を
求める会」香川支部も今年2月、県議会に修復腎移植推進を陳情しています。

 これでも、厚労省が全国の医師に禁止命令を出す腎移植でしょうか。
生体腎移植で、担癌腎の移植を断られ、捨てられた腎臓は取り戻せません。
厚労省は裁判になり敗訴した場合、どうやって弁償するのでしょう。禁止を
決めた人達が腎臓を提供しても、それくらいで追いつくでしょうか。

病腎移植の問題は、大雑把に言えば二つです。
一つは、ICの有無など様々な不備。後一つは、担癌臓器移植の是非です。

不備は正せば済むことで、國が全国に禁止するものではないでしょう。
問題は、担癌臓器移植の是非ですが、成功例が国外で次々報告されています。

徳洲会が臨床研究をするそうですが、データが出る度、ポコポコ叩かれる
可能性もあり、それでは、いつまで経っても透析患者は救われません。

臨床研修に委ねるべきと言うなら、何処までどんなデータを出したらいいのか
厚労省や日本移植学会は、その指標を示すべきではないでしょうか。

今の日本では、亡くなられた方からの献体が激増する状況にはないようです。
透析患者は、毎年平均一万人増え続けています。保険財政はどうなるでしょう。

昨年、國は、献腎を増やすと称し、生体腎移植の報酬を一挙に47%削減しま
した。一年で献じんはどれだけ増えたのでしょう。透析では移植より余命が
平均半分と言われ、待ったナシです。禁止した國に打つ手は有るのでしょうか。

★ 病腎移植を、國が禁止したのは、妥当だったのか。
 生体腎移植で担癌腎の場合、ドナーの腎臓を捨てさせ、見殺しにするのか。
身内にドナーがゴロゴロいる訳ではない。掛け替えのないドナーです。
問題は、その答えを問うところからも考えるべきでしょう。

|

« 今週の雑談:春告げ花火 | トップページ | 足踏み桜、やっと満開直前ですか。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/28883705

この記事へのトラックバック一覧です: 転載:香川県議会、修復腎移植推進を決議:

« 今週の雑談:春告げ花火 | トップページ | 足踏み桜、やっと満開直前ですか。 »