« ねこは猫の夢を見る | トップページ | ことば »

2009年1月30日 (金)

なにごとにつけ

「常識」は疑ってかかるべし。
「権威」の発言は斜めに聴くべし。

ならば、自分ならどう考えるのか、を、突き詰めてみるべし。
突き詰めた『自分」が「現実的」かどうかを見直すべし。

そこまでやって、もういちど「常識」・「権威」を眺め直しましょう。

果たして、自分自身がそれらをみる目は正しかったでしょうか?
正しかったかた、よかったですね!
外れたかた・・・私と一緒です。

客観的にものを見るのは、何と難しいことか!
なぜなら、「客観的に」ものを見るべき「私」は、どこまで行っても「私」という主体であり、純粋に「客観的」であるためにはそれなりの<方法>を見つけ出さなければならないからです。

・・・私自身にも言い聞かせるつもりで、綴りました。

まず思考。

いま、ひとりひとりが、「もっと考える」ことが必要とされています。

そして、行動。
ただし、それは
「人のためになるように」
という発想からではなく、まずは
「人を害さないように、でいながら、決して<無難>に走るという消極的なものにはならないように」
でなければならないのではなかろうかと思います。

ちょっと、前後に何の脈絡もなく、突飛なことを綴りました。ビックリしないで下さいね。


今週綴った記事
・TMF:先週の練習記録(シューベルト「グレート」)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/tmf-289e.html
 ※ ある団員のかたがメールで送って下さった練習記録です。

・曲解音楽史53)舞曲とディヴェルティスマンのフランス
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/53-da3c.html
 ※ フランスバロックから3曲お聴き下さい。

・曲解音楽史52)「バロック」では括れない・・・バロック音楽概観
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/52-8779.html
 ※ うーん、バロックって、ずいぶん変化に富んでいるんですね!

・ご案内:大宮光陵高等学校音楽科 第21回卒業記念演奏会
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/21-f697.html
 ※ お出かけになって見て下さい。

・メンデルスゾーン:THE COMPLETE MASTERPIECES
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/the-complete-ma.html
 ※ CD紹介。記念年にふさわしいセットです。

・千五百番歌合5:判者の価値観(3)御子左家—旧世代から新世代へ
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-a5a9.html
 ※ 「千五百番歌合」はここまででとりあえず締めておきます。

・両手に花で歌舞伎観劇(新橋演舞場)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-da9f-1.html
 ※ 3年ぶりに出掛けた歌舞伎の感想。海老蔵・獅童に感動!

|

« ねこは猫の夢を見る | トップページ | ことば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/27621047

この記事へのトラックバック一覧です: なにごとにつけ:

« ねこは猫の夢を見る | トップページ | ことば »