« 「古楽奏法」と言ってしまうことの<マヤカシ>他(最近の記事) | トップページ | 最近マニアックに走り過ぎか? »

2008年9月 4日 (木)

いろいろ聴いてみて下さいませ

子供たちの夏休みも終わりました。・・・長かった!
新学期が始まってみると、あっという間に4日経っている。なんでこんなに早いのか!

夏休みは、30日に娘の部活動(高校のオーケストラ部で、普通科の生徒も入っています)の演奏会、31日は、息子が残していた理科の実験をほとんど僕がやってしまう、と、本当に最後の最後まで慌ただしいことこのうえありませんでした。

おかげさまで、昨日の午後は、安心感からでしょうか、とうとうダウンして早退。まっすぐ帰り着けないくらいのくたびれ具合で、とりあえず家の最寄駅まで着いて、駅前のドトールに入ってひとやすみ、と思ったら、店で1時間は眠りこけてしまっていたようでした。
帰宅したら、こちらも部活動が終わって帰って来たばかりの息子が、前もって「ちょっと早く帰って来ちゃった」ちだけ電話をしておいたら、布団を敷いておいてくれました。

今日も早寝せねば。


この1週間に綴った記事(日付逆順)
「クラシック音楽」お仕事ヴィジョン(1) 初めの疑問と設問
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/1-c7fc.html
 ・・・ちょっと、あたらしく考え始めたいことがあるものですから。。。

J.S.Bach:BWV10〜12
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/jsbachbwv1012-7.html
 バッハのカンタータが演奏された日付がキリスト教でどんな祝日か、シリーズ

「読めて」いなけりゃはじまりません。。。付)シューマン:第2交響曲
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c0d2.html
 文の中身はともかく、シューマンの第2、他に比べて知られていません。
 この交響曲の中で最も美しい第2楽章をお聴き頂けます。

曲解音楽史42)トルコの脅威とは何だったのか
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/42_0d3e.html
 15-6世紀、オスマン=トルコが如何に強大だったか
 その音楽の影響は、しかしなぜ、ヨーロッパでは18世紀に現れたのかを
 辿ってみました。

モーツァルト:「ああ、私の思った通り--どこかへ消えておしまい」K.272
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/k272_9328.html
 これも曲を聴いて頂けます。私の大好きだったルチア・ポップの歌声で。

ベートーヴェン第8「メヌエット」解釈の変遷
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_8da1.html
 ・・・タイトルだけが大仰で、中身は全然。
 フルトヴェングラー、カラヤン、クリュイタンスの解釈の相違と、
 (残念ながらフルトヴェングラーは違いますが)ベルリンフィルと言う器の
 指揮者によっても変質しない、ガッチリ築き上げられた音色感、
 さらにはストックホルムフィルとベルリンフィルの音程感の違い。
 ・・・そのあたりをお聴き比べになって見て下さい。
 音程感の違いは3度音程で最も容易に知ることが出来ます。

|

« 「古楽奏法」と言ってしまうことの<マヤカシ>他(最近の記事) | トップページ | 最近マニアックに走り過ぎか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/23495569

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ聴いてみて下さいませ:

« 「古楽奏法」と言ってしまうことの<マヤカシ>他(最近の記事) | トップページ | 最近マニアックに走り過ぎか? »