« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

私という「自転」(この1週間の記事)

最近つくづく思うことです。
自分というものは、自分の「価値観」へのこだわりをなかなか捨てられない。
職場で私よりあとに「うつ」になった人と違って、私の「うつ」が慢性化しているのは、まず物理的要件から言えば、「サラリーマンやりながら育児も家事もやりまっせ」ということに対して、
「周りが本当に理解してくれているのだろうか」
と、つい気にしてしまっていたり、あるいは人より遅く出社して、服薬の副作用から集中力を持続できない、思考に空白が生じたときに自分なりの工夫(たとえばブログの記事の下案をワープロ打ちするとかいう具合に、全く関係のない行動をしたり、30分くらい席を外してぼやっと出来る場所を探す)をしても、それが他の社員からすれば当然真っ当に見えるわけではなく、現に気にする発言をしてくる人も職場に出て来たりして、それがさらに負荷になる悪循環に陥ったり・・・

そういう思いにとらわれる時、何度も思い返すのです。
「今の自分にはそうしか出来ないんだから、割り切ればいいんだ。自分が分かっていればいい!」

職場では仕事をきちんとこなさなければいけない・オーケストラの時には役割を全うしなければ行けない、こうしたことで、もう長いこと、自分というものが、もしかしたら自分が勝手に思い込んでいる強迫観念に縛られていたのかも知れない。

分かったようなことを今綴っていても、それで決して「悟り」得たわけでもなんでもなく、これからもまだまだ、何年も同じように悩み、同じように底から抜け出たように錯覚する。

昨日から危うかったのですが、今日もまた「うつ」に苦しみ、午前中は通院の日だったことがあって、なんとか救われましたけれど。

いいのです。あるかたが「同感です」と仰って下さったことが大きな救いになっているのですが、大きな地球の下に私と言う小さな地球があって、そこは私だけの大気が取り巻いていて、高気圧が優勢な日もあれば低気圧が勢いを増す、なんてことが繰り返されるので、いつどの程度の規模の前線が自分に大雨をもたらすかは、大きな地球が別に計算して自転しているわけではないのと同じに、私という小さな地球もで計算して自転しているわけではないのですから。

そこは、「あきらめて」かかってもいいんじゃないか。
せめて、自分が自分に優しくたっていいじゃないか。

そのかわり、他の人も他の人と言う、また別の地球であって、その人の自転を、計算せずにやっている。そのことさえ弁えていれば、自分は人にたいして、本当に優しくいられるのではないだろうか? ・・・そこを突き詰めるのが、次の課題でしょうかね。


今週綴った記事(日付逆順)

曲解音楽史45)朝鮮の中世〜累積、破壊、復興
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/45-1b8b.html

韓国音楽探検 (はじめて音楽と出会う本)Book韓国音楽探検 (はじめて音楽と出会う本)


著者:植村 幸生

販売元:音楽之友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ウィーンフィルから一週間・・・ニーノ・ロータ中毒!
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-b186.html

音楽美の認知(2)「音楽」は定義し得るか(脳神経的に!)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/2-5752.html

娘、発表会(モレル『ヘ短調の小品』:トロンボーン作品)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-31db.html

音楽美の認知(1)知覚は何を「美」とするのか
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c4e9.html

モーツァルトの自筆譜確認:付)9月21日練習記録
  http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/921-5a79.html

音楽美の認知(0):美術との対比のために〜ゼキ『脳は美をいかに感じるか』目次
  http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-3a65.html

脳は美をいかに感じるか―ピカソやモネが見た世界Book脳は美をいかに感じるか―ピカソやモネが見た世界


著者:セミール ゼキ

販売元:日本経済新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ウィーン・フィル:オールイタリアプロの印象、他(最近の記事)

「抗不安剤」に頼りっぱなしの私は、もっぱら自分の精神安定のために何をするか、が、まだまだ日々の課題です。
「ならば体を休めればいいじゃないか」
・・・これが、なかなかそうはいきません。
朝は娘と一緒に起きたいし、じゃあ早寝が出来るかというと、子供たちが寝るまでは気になって寝られなかったりします。
そんなときに、子供らの様子を見ながら自分を冷静に保つには、音楽のことを一生懸命考え続けるしかない。
そういう病気なんですね。どうしようもありません。

世の中、大変な思いをしているかたは決して少なくないのに、それは充分承知をしているのに、やはり人間、自分の「大変さ」をどう火消しするかが、最優先なのでしょう。・・・いや、そんなエゴイストは私だけかな?

ちょっとしたことに毎朝腹立ち、子供を叱るのでは収まらず、ヒステリー状態になって、慌てて、それを押えるために薬をのむ。
そんな毎日の繰り返し。

そんなダメオヤジですから、子供たちの「夢」だけは、なんとか「具体的な目標」として明確化させられるように導いて行きたい。それだけが、日々願っていること、かもしれません。

あとは、何にも出来ていません。

という次第で、息子と映画を考えることもしていきたくておりましたが、映画そのものの記事はやっと最初のものを綴りました。冷やかして頂ければ幸いです。

で、その息子とは、明日にでも北野武「アキレスと亀」を見に行く約束です。
それが、第2弾の素材になればいいな、と思案中です。
北野武「監督ばんざい」・・・究極の駄作。
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/movies/2008/09/post-7b67.html

いつもの音楽の方では、清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったチケットを握りしめ、娘とウィーンフィルを聴きに行きました。昨日のオールイタリアプログラムで・・・これは記事中に綴りましたが、ウィーンフィルの来日公演としては非常に珍しい、いや、初めてのものではないかと思います。
「ゴッド・ファーザー」の映画音楽で日本でも有名になったニーノ・ロータの作曲したトロンボーン協奏曲が、娘に聴かせたい目玉でした。その感想を含め、ウィーンフィルを「見て」私なりに学んだことは、是非、記事をご参照頂ければと存じます。


ウィーンフィル来日2008補遺(9.18)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/2008918-4da7.html

ウィーンフィル:一夜だけのオールイタリアプロ(ムーティ)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-2851.html

「クオリア」は感性の究極ではない、という疑問
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-cc39.html
 ※過去に「音楽史」カテゴリに掲載した、さまざまな国の音楽を
  再度お聴き頂き、比べてみて頂きたく存じております。

曲解音楽史44)明、近代中国への架橋
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/44-3761-1.html

モーツァルト:カプリッチョK.395(284a)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/k395284a-588a.html
 ※「モーツァルトらしからぬ」モーツァルト作品をお聴き下さい。

「マイスタージンガー」ですよ!:付)9月14日練習記録
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-8ac3.html
 ※1920年代の骨董的演奏をお聴き頂けます(カール・ムック指揮)

ハンスリック「音楽美論」・・・受手にとってのクラシック音楽
  http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-12d9.html
 ※もういちど、新たな日本語訳が出て読みなおされていい本では?

今週は、以上です。ハンスリックの記事以外では音楽を聴いて頂けます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月12日 (金)

最近マニアックに走り過ぎか?

568新ブログに移行してから、子供の新学期が始まって、自分も慌ただしくなって少し気難しくなっているのか、屁理屈記事が増えた気がしないでもありません。
前回最後に触れた記事以降は、一層その傾向が強いのかな。
で、あいかわらず、新しいほうへのアクセスは伸びません。・・・自分で読み返しても「訳分からん」から、仕方ないのかなあ、と思っております。まあ、もともと数を気にして綴っているわけではないし、数を気にし始めたら、どこかで媚を売ることになって、ホンネでモノを言わなくなるから(いや、これでもいつも、わりと「媚、売り過ぎかな」・「逃げてるかな」って思っているんですが、一方ではどうせ一素人の戯言で、本職さんから見れば筋が通っていないでしょうから、そんなあたりも伸びない原因なのだろうとは思っております)、この調子で構わない、と考えております。
「いやあ、なんぼなんでもキチガイじみてるよ!」
とお感じの際は、是非、警告なりアドヴァイスを下さいますよう、お願い申し上げます。

と言いながら、一方で、一定期間に綴った記事の紹介以外には新しい記事を綴り足しているわけでもないこちらへのアクセス数が減っていないこと、なかでも、この数週間は、どう言う訳だか「楽譜の読み方」について初歩的なことを記した3記事が結構読まれている事実がありまして、
「これは意外だなあ」
という気もしております。

楽譜の読み方1(五線譜の初歩)

楽譜の読み方2(音の長さ)

楽譜の読み方3(調・旋法・音階)

という記事です。
記事数が多いから検索で引っかかるんでしょうけれどね。

きっと、「分かり易さ」をもとめて、「(クラシック)音楽をもっと知りたい」と思って、ネットを逍遥している方は、案外少なくないのかもしれませんね。

そのあたりを、すこし考慮して、自分の足りない知識の中から、少しでも「知りたい」人の役に立てるものを綴れることを考えて行かなければならないのかな、とも反省をしております。



最近の新ブログ上の記事(日付逆順)
コンサート紹介:シュッツ「ダヴィデの詩篇曲集」9月19日(金)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/19-c9dd.html

「クラシック音楽」お仕事ヴィジョン(4)「地平線のクオリア」:作曲家の視座
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/4-814a.html

ベートーヴェン「第8」解釈の面白い視点
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-d328-1.html
※アーノンクールの2、3楽章の「J.シュトラウス的」解釈に仰天!

曲解音楽史43)多様な大陸・アフリカ
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/43-1a32.html
※アフリカの多様さは、実は今回調べて初めて思い知りました。そういう意味では、社会史そのものの記述にとどまっていて、かならずしも大切なことを語り尽くせていません。

新書アフリカ史 (講談社現代新書)Book新書アフリカ史 (講談社現代新書)


販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シューマン「交響曲第4番」第1楽章新旧版比較(付9月6日練習記録)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/96-9878.html
 音を載せてありますので、まだお聴きでなければ是非比べて下さい!


「クラシック音楽」お仕事ヴィジョン(3) 「企画」の意図
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/3-07f5.html
 ※(2)とともに、一見「非難」記事に見えますが、そこに意図はありません。
  ただ、、まだ上記(4)でも、考えたいことの入り口の前でモタモタしている感じでおります。

「クラシック音楽」お仕事ヴィジョン(2) 「クオリア」の誘惑?
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/2-2641.html

モーツァルト番外:アレグリ「ミゼレレ」(付:音楽療法のポイント)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-a36f.html
※少年モーツァルトが一度聴いて書き取ったと言う伝説のある「ミゼレレ」をお聴き頂けます。美しい曲ですよ!



音源等、入手困難な場合は下記をご利用下さい。

江村哲二作品集《地平線のクオリア》Music江村哲二作品集《地平線のクオリア》


アーティスト:江村哲二,豊田喜代美

販売元:ALM RECORDS

発売日:2007/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Beethoven: Symphonies Nos. 1-9MusicBeethoven: Symphonies Nos. 1-9


販売元:Teldec

発売日:2003/05/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<COLEZO!>アフリカの音楽/オムニバス[CD]<COLEZO!>アフリカの音楽/オムニバス[CD]


販売元:Joshin web CD/DVD楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

(CD)(宗教音楽)/世界宗教音楽ライブラリー43 西アフリカのアニミズム(CD)(宗教音楽)/世界宗教音楽ライブラリー43 西アフリカのアニミズム


販売元:S-プレミアムCD・DVD&GAME館

楽天市場で詳細を確認する

シューマン:交響曲第4番Musicシューマン:交響曲第4番


アーティスト:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

販売元:ポリドール

発売日:1997/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Musicシューマン:交響曲全集 Vol.2


アーティスト:準・メルクル

販売元:オクタヴィアレコード

発売日:2006/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する


L4WBanner20080616a.jpg

クラシックCD検索に便利!バナーをクリックして下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

いろいろ聴いてみて下さいませ

子供たちの夏休みも終わりました。・・・長かった!
新学期が始まってみると、あっという間に4日経っている。なんでこんなに早いのか!

夏休みは、30日に娘の部活動(高校のオーケストラ部で、普通科の生徒も入っています)の演奏会、31日は、息子が残していた理科の実験をほとんど僕がやってしまう、と、本当に最後の最後まで慌ただしいことこのうえありませんでした。

おかげさまで、昨日の午後は、安心感からでしょうか、とうとうダウンして早退。まっすぐ帰り着けないくらいのくたびれ具合で、とりあえず家の最寄駅まで着いて、駅前のドトールに入ってひとやすみ、と思ったら、店で1時間は眠りこけてしまっていたようでした。
帰宅したら、こちらも部活動が終わって帰って来たばかりの息子が、前もって「ちょっと早く帰って来ちゃった」ちだけ電話をしておいたら、布団を敷いておいてくれました。

今日も早寝せねば。


この1週間に綴った記事(日付逆順)
「クラシック音楽」お仕事ヴィジョン(1) 初めの疑問と設問
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/1-c7fc.html
 ・・・ちょっと、あたらしく考え始めたいことがあるものですから。。。

J.S.Bach:BWV10〜12
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/jsbachbwv1012-7.html
 バッハのカンタータが演奏された日付がキリスト教でどんな祝日か、シリーズ

「読めて」いなけりゃはじまりません。。。付)シューマン:第2交響曲
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c0d2.html
 文の中身はともかく、シューマンの第2、他に比べて知られていません。
 この交響曲の中で最も美しい第2楽章をお聴き頂けます。

曲解音楽史42)トルコの脅威とは何だったのか
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/42_0d3e.html
 15-6世紀、オスマン=トルコが如何に強大だったか
 その音楽の影響は、しかしなぜ、ヨーロッパでは18世紀に現れたのかを
 辿ってみました。

モーツァルト:「ああ、私の思った通り--どこかへ消えておしまい」K.272
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/k272_9328.html
 これも曲を聴いて頂けます。私の大好きだったルチア・ポップの歌声で。

ベートーヴェン第8「メヌエット」解釈の変遷
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_8da1.html
 ・・・タイトルだけが大仰で、中身は全然。
 フルトヴェングラー、カラヤン、クリュイタンスの解釈の相違と、
 (残念ながらフルトヴェングラーは違いますが)ベルリンフィルと言う器の
 指揮者によっても変質しない、ガッチリ築き上げられた音色感、
 さらにはストックホルムフィルとベルリンフィルの音程感の違い。
 ・・・そのあたりをお聴き比べになって見て下さい。
 音程感の違いは3度音程で最も容易に知ることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »