« お知らせとお願い | トップページ | いろいろ聴いてみて下さいませ »

2008年8月30日 (土)

「古楽奏法」と言ってしまうことの<マヤカシ>他(最近の記事)

使用しているプロバイダのニフティが、ファイルのアップロードサイズを1MBに制限する措置を9月8日以降講じることが決まりました。それではこれまでのように長い音楽を聴いて頂くことが出来なくなりますので、9月にはいり次第、何らかの対策を講じたいと考えております。

で、まだ期日があるので、ブラームスの交響曲第4番終楽章を3例(1934年録音のワルターによる、当時の常識的なノンヴィブラート演奏、ノリントンによる現代だからこそのノンヴィブラート演奏、40年代以降続いて来たヴィブラート演奏の中でもノリントンに先立って音楽の純度を重視したと私には思われるクライバーの演奏)をアップしました。合計で30MBです!

どうも、大きいファイルがアップできると、スパムなどで悪さをする連中がいるようで、ニフティにクレームは入れたのですが、ホンネでは同情しています。昨今のシステム屋さんは、本当にハードワークです。



先般アーノンクールの著書を読み進めるにあたり、あらためて最近の特に日本の「モダンオーケストラ」が標榜する<古楽演奏を取り入れました>的売り込みかた、あるいはそれをモダンの演奏と「別物」と信じきっている音楽家の存在に強い疑問と危惧を新たにしました。

これまで幾つも確認を取って来ましたが、歴史的に、「モダンオーケストラ」は1930年代後半まではノンヴィブラートで演奏するのが普通でした。
ただし、1925年あたりの演奏から(ちょうどヴァイオリニストの世界でもクライスラーが「初めて」ヴァイオリン演奏にヴィブラートを恒常的に取り入れた時期です)は、例外的に、指揮者が表現上必要だと考えた場合には、主題にヴィブラートをかけさせる、ということが始まっているようです。ジークフリート・ワーグナーが父の作品を演奏した際のものに、はやくもそういう例を見出せます。

ただ、1938年段階では、フルトヴェングラーも、シューマンの交響曲第4番の演奏に際してノン・ヴィブラートを貫いていることは、以前にも申し上げたかもしれません。

そのことを踏まえ、とりあえず、どなたにもお聴き頂く材料としてブラームスの第4交響曲終楽章の例を掲載しておきました。詳しい考察は、少し時間をいただきたいと存じます。


営みは生死を超えて:リパッティの演奏を聴きながら
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_df88.html
 *「音楽」とは、私たちの生死において、本質的に何であるか・・・考え始めたばかりです。

ブザンソン音楽祭における最後のリサイタルMusicブザンソン音楽祭における最後のリサイタル


アーティスト:リパッティ(ディヌ)

販売元:EMIミュージック・ジャパン

発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フリー・ワーキングプア・ニート・音楽屋
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_4d1a.html
 「音楽」を職業とした場合の、経済的な側面が、他の職業とどう同じで、どう異なるかを、まず考えてみました。下記は、この点でもっとも「実体験に基づいた私たちへのエール」の書です。

Bookフリーという生き方 (岩波ジュニア新書 569)


著者:岸川 真

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

モーツァルト:教会ソナタ3作(1777/9)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/17779_32bb.html
 *久々にモーツァルトに手をつけました!
  でも、モーツァルト理解を進めるためには、考え始めたことも突き詰めていかなければと思っております。

曲解音楽史41)16世紀のボヘミアとハンガリー(二つの帝国の狭間で)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/4116_6a01.html
 当時のボヘミアの純粋な音楽は見つけかねていたのですが、なんとか発見したので、加筆し、音もアップしました!

チェコ音楽の歴史―民族の音の表徴Bookチェコ音楽の歴史―民族の音の表徴


著者:内藤 久子

販売元:音楽之友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ノンヴィブラート:「必要性」の違い(ブラームス第4の例)
 http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_d24e.html
 *本文に述べた通りの理由で、取り急ぎ掲載したものです。

ブラームス:交響曲第4番Musicブラームス:交響曲第4番


販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック

発売日:2007/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する




L4WBanner20080616a.jpg

クラシックCD検索に便利!バナーをクリックして下さい!

|

« お知らせとお願い | トップページ | いろいろ聴いてみて下さいませ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/23349283

この記事へのトラックバック一覧です: 「古楽奏法」と言ってしまうことの<マヤカシ>他(最近の記事):

« お知らせとお願い | トップページ | いろいろ聴いてみて下さいませ »