« 手軽に読めるクラシック新書【音楽家が著者のもの】(+α) | トップページ | お知らせとお願い »

2008年8月22日 (金)

アーノンクール・チェリビダッケまとめ

本日(2008.08.22)より3日間、所用で、新規記事を綴りません。

自分の見直し、ということもありますので、従来の「音楽史」とモーツァルトの路線をちょっとだけ外して(もちろんまた継続しますが)、このところは、チェリビダッケのベルリン時代の録音について(および当時のベルリンの事情についての若干)、アーノンクール『古楽とは何か』第1章購読と関連しての他者との演奏比較を重点的に綴りましたので、便宜のため、それらの記事についてのリンクのみ、ここへまとめておきます。

※チェリビダッケとベルリン関連
  (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)『第三帝国のオーケストラ』

※アーノンクール購読
 ・『古楽とは何か』第1章
  (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
 ・関連する演奏比較
  (1)(2)(3)

このあと、従来追いかけてきたことのほか、トピックとしては「音楽家と<雇用あるいは労働>」、「気軽な<音楽本>の功と罪」のようなことも見つめたいと思っており、極めて「手抜き」でお恥ずかしいのですが、準備をしております。

ああ・・・ますますマニアック!

|

« 手軽に読めるクラシック新書【音楽家が著者のもの】(+α) | トップページ | お知らせとお願い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/23162095

この記事へのトラックバック一覧です: アーノンクール・チェリビダッケまとめ:

« 手軽に読めるクラシック新書【音楽家が著者のもの】(+α) | トップページ | お知らせとお願い »