« 「黙って見守る、見守られる」 | トップページ | 木簡に「万葉集」の和歌! »

2008年5月22日 (木)

ベルリン「フィルハーモニー」火災(一昨日)

ラ・プティット・バンド at つくば(6月1日)、是非お出掛けになってみて下さい!(リンクしてあります。)


もうご存知の方も多いと思いますが、ネット各誌の記事を掲載しておきます。


<ベルリン・フィル>拠点ホールの屋根など火災 当面閉鎖へ

5月21日10時36分配信 毎日新聞【ベルリン小谷守彦】
世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニーの本拠であるコンサートホール「フィルハーモニー」で20日午後、火災があり、屋根や壁など約1600平方メートルを焼失した。建物の修復には日数がかかるため、運営主体のベルリン・フィル財団は「当面の間、大ホールを閉鎖する」と発表した。

 消防によると、火元は大ホールの屋根裏部分で、改修工事に伴う出火とみられている。火は約6時間後に消し止められ、ホール内に損傷はなかった。建物内に保管されている多数の貴重な楽器類も無事だった


ベルリン・フィルのコンサートホール燃える

5月21日9時30分配信 産経新聞【ベルリン=黒沢潤】
世界的に知られるベルリン・フィルハーモニーが本拠とするベルリン市内のコンサートホールで20日午後、火災が発生した。けが人はなかった。
 地元警察の調べでは、楽団員が公開リハーサルをする直前に天井付近から出火した。原因は不明という。
 同フィルは、120年以上の歴史を持ち、指揮者カラヤンなどの活躍で知られる。今回の火災で、演奏スケジュールに影響が出そうだ。


ベルリン・フィル本拠地で火災、聴衆・楽団員ら千人が避難

5月21日1時56分配信 読売新聞 【ベルリン=中谷和義】
世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が本拠とするベルリン中心部のコンサートホール「ベルリン・フィルハーモニー」で20日午後2時(日本時間同日午後9時)ごろ、火災が発生した。

 屋根から出火し、同ホール入り口付近で開かれていた室内楽の無料コンサートに集まっていた聴衆や楽団員ら約1000人が避難した。

 地元消防当局によると、屋根約1600平方メートルを焼いたが、けが人はなく、同フィルが公演を行う大ホール(約2200席)内部にも被害はなかった。しかし、23日に予定されていたクラウディオ・アバド氏指揮のコンサートがキャンセルになるなど、今後の演奏日程に影響が出ている。

 出火当時、屋根裏で溶接作業が行われており、この火が燃え移ったと見られる。同コンサートホールは1963年、東西ベルリンを隔てていた「ベルリンの壁」の西側に完成。ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908~89)ら名指揮者の活躍の場となってきた。


Fire Under Control at Home of Berlin Philharmonic (NewYorkTimes)

20berlin600

By NICHOLAS KULISH and DANIEL J. WAKIN
Published: May 21, 2008
BERLIN ? Firefighters brought a large fire in the roof of the famed home of the Berlin Philharmonic under control on Tuesday, but the full extent of damage to the building remained unclear.

The Berlin Fire Department reported no injuries, and the musicians’ irreplaceable instruments were rescued from the building, the Philharmonie. Nevertheless, the roof, made of metal, was in shambles after firefighters tore through it to get at the flames in the structure underneath, and significant water damage to the building, which is one of the world’s great concert halls, remained a concern.

Pamela Rosenberg, administrative director of the Philharmonic, said, however, that she held out hope that performances might even resume as scheduled on Thursday.

“I am very relieved, but I don’t want to allow myself to become euphoric too soon,” said Ms. Rosenberg, standing in the main concert hall as firefighters unfurled enormous sheets of plastic to catch drops of water falling from the ceiling onto the upper seats.

Officials said they believed that a team of welders working on the roof had accidentally started the fire, but the cause remained under investigation. The fire commander at the scene said that more than 17,000 square feet of the roof was damaged, from the fire and the rescue efforts.

The fire broke out shortly before 2 p.m. and was declared under control five hours later.

Ms. Rosenberg said firefighters would spend the night combing the roof with an infrared light to be certain that not a single ember remained. A spokesman for the Fire Department said it was too soon to determine the full extent of the damage.

The fire took hold just before a rehearsal that was open to the public. Musicians described a frantic evacuation.

Sarah Willis, the orchestra’s second horn, said she had been in the warm-up room when she “smelled something like lunch was burning.”

“A few minutes later, someone burst in and said we have to get out now,” she said, speaking on her cellphone as she watched smoke billowing from the building.

The Philharmonic’s distinctive yellow building, completed in 1963 and designed by Hans Scharoun, lies near the old dividing line of Berlin ? the wall ? in what was once the western sector. It is known for the quality of its acoustics.

Nicholas Kulish reported from Berlin, and Daniel J. Wakin from New York. Alan Cowell contributed reporting from Paris, and Steffen Scholz from Berlin.

ニューヨークタイムズの記事だけ、標題にリンクを貼りました。こちらから各国で取り上げている記事を見ることが出来ると思います。(未確認ですが・・・)

|

« 「黙って見守る、見守られる」 | トップページ | 木簡に「万葉集」の和歌! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/21090813

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン「フィルハーモニー」火災(一昨日):

« 「黙って見守る、見守られる」 | トップページ | 木簡に「万葉集」の和歌! »