« 怒らないことによって怒りにうち勝て | トップページ | 浄められた<三島由紀夫>:杉山欣也「『三島由紀夫』の誕生」 »

2008年4月 8日 (火)

ご報告:姉と弟、同日入学式。。。

本日は、音楽に関係のない私事のみで申し訳ございません。
(明日は音楽ネタに戻る予定です。)

今日は、朝から関東はひどい嵐でした。
桜はすっかり散りました。
海沿いの電車が止まりました。

我が子たちは卒業式も雨でしたが、入学式も雨になってしまいました。
しかも、冬の名残も、春の芽吹きも、いっぺんに吹き飛ばしてしまうような強風の中での入学式でした。

ただ、こういう日は虫がとりやすいのでしょうか、たくさんの が飛び交っているのを目にしました。
つい一昨日までは、 が鳴いていたのに・・・(音楽の話題でないお詫びに、鳥の名前のところに鳴き声をリンクしておきました!)

姉は高校で学校は家から1時間かかる場所、弟は中学で学校は目と鼻の先。

で、弟クンの入学式には祖母が出てくれました。
こちらは昼までに終わったようですが、昼頃が、ちょうどいちばん振りも風も強かったし、出席した本人も、つきそったばあちゃんも、へとへと。帰り着いて、へたっ、と床に座り込んでしまった由。

娘の入学式は、そのあとの事務説明も含め、4時過ぎまでかかりました。
図太いタチのはずの娘が、緊張で、昼ご飯を食べる気力が出ずにいましたから、つきあって私も食べずにいたら、式典と説明会のすべてが終了した頃には疲れきってしまいました。・・・が、まだ、電車の定期券購入をしなければなりません。これがまた長蛇の列でした。

くたびれた〜。

でも、子供たち、よくここまで無事にたどり着いてくれました。

明日からが、本当の新天地。
オヤジとしても気を引き締めて、この子らが独り立ちできるまでは、この子たちを支えてあげられるだけのヤツにはならなくては、と思うものの、夫婦揃ってお子さんにつきあってきたかたを見たり、
「いや、うちは娘のほうが中学の入学式でね、そっちは女房が行って、僕がこっちへ来たんだよ」
なんて話を耳にして、
「男親一人で、果たして、どこまでできるのかなあ・・・」
と、不安感も新たに涌いてきているところです。

でも、不安であろうがなかろうが、これは他人様に代わって頂けることではない。

これからが、私自身にとってもいい勉強になって行くのかな、というつもりで、日々に臨んで行きたいと存じます。

今後とも、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。


|

« 怒らないことによって怒りにうち勝て | トップページ | 浄められた<三島由紀夫>:杉山欣也「『三島由紀夫』の誕生」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/20023909

この記事へのトラックバック一覧です: ご報告:姉と弟、同日入学式。。。:

« 怒らないことによって怒りにうち勝て | トップページ | 浄められた<三島由紀夫>:杉山欣也「『三島由紀夫』の誕生」 »