« <悲愴>記事リンク総括、他 | トップページ | モーツァルト:新機軸!(ピアノ協奏曲<ジェナミ>K.271) »

2008年4月20日 (日)

4月20日弦分奏記録

管楽器の方は管楽器のかたでまとめておかれることをお勧めします。

<悲愴>の第4楽章、第1楽章から取り出して、技術的な問題をクローズアップして(というつもりで)練習しました。

ファーストは最終的に4人(うち一人は本来セカンドのエキストラ、しかも今回初出席なのですが、バランス上お願いして入っていただきました)、セカンドは5人、ヴィオラは5人、チェロは4人(お一人は咳が止まらなくなって欠席の由)、コントラバスは3人、というご出席状況でした。

第4楽章
・まず、練習記号Gのところを4小節間弾いて頂きました。冒頭部は、書かれかたが違いますが、耳に聞こえる音はこのGの部分と同じになるはずですので、音を覚えて頂くためです。
・その後に、冒頭部を弾いて頂きました。・・・Gと同じに聞こえない。理由を考えて頂きました。
 *ファースト、セカンドヴァイオリンは、最も上のメロディを構成する音のほうを心持ち大きく弾く
 *ヴィオラ、チェロは、最も下のメロディとなる音を、ヴァイオリン同様に考える。
・このとき、1小節目(3小節目)も、最後の16分音符を、長めに大事に弾くようにしないと、次の小節に繋がっていきません。くれぐれも最後の16分音符を大切に。

・19小節目、難しいですが、冒頭部の応用です。

・最後の部分(練習記号N)は、確認だけしました。

第1楽章
・練習記号Iの2小節目(184小節)4拍目からは、トリッキーですが、この4拍目を第1拍とする書法がとられています。それを理解すると音の変わり目が「分からなくなる」ことを避けられます。(本当はヴァイオリンのフィンガリングのことまでお話できれば良かったのですが、そこまでは出来ませんでした。)

・練習記録Kのところは、ヴァイオリンは次のチェロに渡さなければなりませんから、切り上げが早くてはおかしいです。チェロは、ヴァイオリンが終わって受け継ぐ時に、「あ、終わった」と耳で確認してから入ると、聴覚の性質上、必ず遅れます。(ヴィオラは弾きっぱなしです。)〜全パートが、せめて8分音符単位できちんと「カウント」:し続け、カウントに乗って、焦らずに弾くことが、第1番目に大事です。先に終わる方が、ですから、慌ててさっさと切り上げてしまう不正確さを犯さないことが、次に重要です。最後に入るパート(ここではチェロ)は、(カウントされているテンポがみんな出そろっていることが大前提ですが)あらかじめ入りを予測しておいて、テンポに乗ってカウントし、入るべきところで適切なブレスをとって入れば、間が空くというみっともない事態が避けられます。これが、三番目に大切なことです。コントラバスは、チェロが正確に入ってしまえば、苦労せずに乗れてしまいます。

・206小節以降、練習上は、チェロ・バスはひとつひとつの三連符の頭にアクセントを付けて、カウントを上声パートに分かりやすく示してやってみて下さい。ヴィオラ以上のパートは、休符のあとに入る音符は明瞭な輪郭で(アクセントをしっかりつけて)入るようにして下さい。休符は「矯め(タメ)」の役割をになっていますから、ボンヤリ入っては休符の意味がなくなってしまいます。・・・以上のようにしておくと、211小節から始まるシンコペーションで、タイミングを見失わずに演奏を続けることが出来ます。223小節アウフタクト以降は二分音符を挟みますのでごまかされないようにいっそう用心が必要です。

以上で時間切れとなりました!

|

« <悲愴>記事リンク総括、他 | トップページ | モーツァルト:新機軸!(ピアノ協奏曲<ジェナミ>K.271) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/20420049

この記事へのトラックバック一覧です: 4月20日弦分奏記録:

« <悲愴>記事リンク総括、他 | トップページ | モーツァルト:新機軸!(ピアノ協奏曲<ジェナミ>K.271) »