« 音楽と話す(番外):そうは言っても何から聴けば?(CD。注意:最後はクラシック限定!) | トップページ | 空転の使者だった?NewYorkフィル »

2008年3月 5日 (水)

時間は止まる

いろんな哲学者さんや科学者さんや宗教屋(あ、宗教家ですね)さん、その他諸々の人たちが、「時間」のことをいっぱい考えて、語って、綴って、私たち素人に教えてくれます。

でも、
「時間よ、止まれ」
とまで発言したのはゲーテと矢沢永吉くらいかな。
あとは、おバカですから知りません。


「時間は、止まらない」というのが、どんな難しい話の中でも大前提だったように受け止めておりましたが、これも、バカのことゆえ、分かりません。

昼休みに入ったとき、食事に出る途中まで、いつも気にかけてくれている同僚が声をかけてくれました。
「どうや!」
「うん、娘も進学先決まったしな、息子も中学上がるし・・・いま、ちょっと<心の空白期間>かな。ぼんやりしてらあ」
「ええんとちゃう?」
「いいんだけどさ、やっと見つけたと思ったスーツ、みんなボロんなってたり、カビ生えてたり。だから、ホントはこの隙に新調しに行かにゃならんのだけど・・・ボーッとしてるうちに、子供の卒業前の行事とかでいっぱいいっぱいになりそうでな」
「でも、父ちゃんは、せめてパリッとして、卒業式とか出てやらんとナ」
「・・・そうだな。」
で、家内の遺体を運び込んだときのドサクサで、まだ行方不明のものも、あるのです。
気にかけていなかったのですが、デジタルカメラも、そうでした。
かつ、新学期が始まると、子供達の入学式が同日なので、二人のうちの一方は親に出席と写真撮影を頼まざるを得ません。
「まあ、そんなでな、これからデジカメ2台仕入れて来んといけねえんだ、安いやつ」
「ほっかあ・・・まあ、いろいろ、進んでいくなあ」
そう言われて、ふと口にしてしまいました。
「でもなあ、あんときのことだけは、自分の中で、時間が止まっとるんだよ」
「奥さんか。」
「うん。」
「でも、周りはどんどん動いとるやろ」
「まあ、自分もぐらぐらしたしな。けどなあ、あんときの、あの日だけは、いつまで経っても昔にならねえんだ」
「・・・それ、分かるなあ」
同僚、そう言ってくれて、私と別れました。


家内の気絶した顔、臨終で微笑んだ顔、霊安室に送る前の日に布団の上から一晩中その体に手を回してやっていた感触、次の朝に声ならぬ声で
「見えるよ。見える?外、見えるよ。」
と家内が話し掛けてくれた言葉。
これだけは、自分でも妙だとは思うのですが、決して「記憶」のおかげとかいうのではなく、それを見た自分の目、それにふれた自分の手、それを聴いた自分の耳にとっては、
「そこで家内との、いや、自分自身の時間がピッタリ止まっている」
という以外、私の貧弱な語彙の中では、実感の表現のしようがありません。


人間にとって、普通は、時間とは「動くもの」や「動かないもの」が、どれだけ「動いているか」・「動いていないか」を計るために生み出した<物差し>なんだろう、とは、思っています。

だのに、不思議ですねえ。
「止まっている時間」
というのも、あるんだなあ、と・・・これは、多分、同僚のおかげで、お昼に一瞬、自分が純粋に「カラッポ」にさせてもらえて、感じたことではありました。

普段綴っている「音楽」は流れていく「時間」としっかり繋がっているものですけれど、ふと思うに、
「時間は止まる」
・・・ファウスト君、だから、何の心配も要らないよ、と、そう語りかけてくれる「音楽」というものも、もしかしたらあるのかな。

まあ、無理してそっちまで話を広げるのは、よしておきましょう。

時間が止まる、そのことが喜びなのか、悲しみなのか、も、いまは考えずにおきましょう。

考えること自体、無意味かもしれませんから。


今晩は早い時刻からブログに長時間のメンテが入るそうですから、本日はこんなところでお茶を濁して、早目に載っけときます。

・・・あ、ベレゾフスキーさんの「つくばノバホール」でのコンサートも3月9日に迫っています。
・・・聴き逃す手はないですよ!(前に綴った記事にリンクを貼りました!)


追伸)よくよく確かめたら、メンテは別の日でした・・・ま、いいや。

|

« 音楽と話す(番外):そうは言っても何から聴けば?(CD。注意:最後はクラシック限定!) | トップページ | 空転の使者だった?NewYorkフィル »

コメント

sergejoさん、申し訳ない、

・・・やはり、頂いたコメント(と言っても別にただのリンクなのですけれどね・・・)のノリには、私はどうしてもなれませんので、削除させて頂きますね。

懲りずに宜しくお願い致します。

投稿: ken | 2008年3月 6日 (木) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/10976483

この記事へのトラックバック一覧です: 時間は止まる:

« 音楽と話す(番外):そうは言っても何から聴けば?(CD。注意:最後はクラシック限定!) | トップページ | 空転の使者だった?NewYorkフィル »