« 年忘れ | トップページ | 「のだめ」登場曲〜4,5日放映 »

2008年1月 1日 (火)

はつひ はつゆめ

去年の今日の初日の出は、鮮やかな金色でした。
でも、そのとき夢中で綴った記事は、削除してしまいました。
今年、里で迎えた元旦は、予報が雪だったので、はなから「初日の出は見られない」と諦めていました。
ふと気がついたら、閉めていた障子の向こうは、燦々と陽が降っているようでした。
心の狭い私に祈れることは、ただ、私の子供たちが、母は無くても、それを埋め合わせて余りある沢山の愛情に包まれて、健康に育ってくれることだけです。

「男やもめに蛆がわく」
という慣用句がありまして、ふと自分の服装や振る舞いをかえりみると、情けないですが、当たっています。
せめて、我が子たちに蛆をうつさないように・・・
この子たちが私の手を離れるときには、
「父は汚らしくても、子は清らかです」
そう、胸を張って送り出せますように。

あまりに偏狭な「はつゆめ」ですが。

|

« 年忘れ | トップページ | 「のだめ」登場曲〜4,5日放映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/9674763

この記事へのトラックバック一覧です: はつひ はつゆめ:

« 年忘れ | トップページ | 「のだめ」登場曲〜4,5日放映 »