« JIROさんがわざわざ | トップページ | モーツァルト:捨てて、得たもの~「クレド・ミサ」K.257 »

2007年12月19日 (水)

自分をここまで捨てていい?

私のこの一年の、最大の命の恩人であるかたが、某所にて「禅問答(と言ってしまっては叱られるかな)」の公案を出していらしたので、私も学生として参加させて頂き、しっかり「カツ!」を食らわせて頂きました。実に爽快でした。

で、公案に答えかね、苦悶していたら、今朝方、夢のお告げで、とある箴言に出会いました。
・・・有名な格言家サンのパクリのようですが。。。
こんな、です。

 きのうは だれを けったっけ
 きょうは だれを ぶったかな
 あしたは だれに さされるのか

 いたくない いたくない

 みんな じぶんのしたこと されること

             (相太 みずを)

・・・うーむ。
・・・本記事のタイトルにそって、どうぞ、時事問題なども考慮したければ考慮しつつ、あるいは時事なんぞ全く考慮せず、この箴言をご評価下さい。

じつは、これをもとにモーツァルトの「クレド・ミサ」まで話を引っ張るつもりだったのですが・・・時間がありませんでした。
ご容赦を。


 

|

« JIROさんがわざわざ | トップページ | モーツァルト:捨てて、得たもの~「クレド・ミサ」K.257 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/9479698

この記事へのトラックバック一覧です: 自分をここまで捨てていい?:

« JIROさんがわざわざ | トップページ | モーツァルト:捨てて、得たもの~「クレド・ミサ」K.257 »