« 信じる:モーツァルト:「ミサ(・ロンガ)」K.262 | トップページ | つくれない「レクイエム」に代えて »

2007年12月 2日 (日)

12月2日練習記録

大好きなTMFの皆様へ

参加できたのが3ヶ月ぶりとなりましたか・・・たいへんすみませんでした。
この3ヶ月、かつ、自分自身、楽器を手に出来る時間がありませんでした。ヨレヨレでお恥ずかしゅうございました。

そんな私が綴るのは僭越ですが、残念に感じたことを、数点あげさせて頂きます。

1)まず、ご自身のパートを「楽しんで」いらっしゃらないのでは?
  数日前の記事のタイトルにもしましたが、ブラームスの言う通り、
  「音符の一つ一つには、家のように奥行きがある」のです。
  ・・・心を込めて奏でていらっしゃいますか?
  「自分の音はただの部品」
  としか、お考えになっていないのではありませんか?

2)他パートとの連携に傾注していますか?
  仮に自分が譜面から目をはなしたが故に、出すべき音程を間違ってしまったとしても、
  他のパート(こちらが伴奏か、相手が伴奏かを問いません)に耳を傾ける。
  音楽ではなくても、「聞き上手」こそコミュニケーションの最初歩です。
  もう何ヶ月、今回の曲を練習なさいましたか?
  それでも曲のイメージが、まだ、あなたの中に固まりきれていないのでしょうか?
  どうぞ、後1ヶ月の間で、「聞き上手」になることのほうに注意を向け直して下さいませんか?

3)アイコンタクトが少なくて寂しかったです
  アイコンタクトできる相手が少なくなったので、ちょっと悲しくなりました。
  わざわざ「ここはあえて<動きますから>」
  と、見て頂くことを前提に申し上げた後になっても、やはり見て頂けませんでした。
  ・・・別に、この不味い顔を見て頂こうと思ってはおりません。
     ただ、たとえば弦セクションを木管の「音楽の流れ」を揃えたい時に、
     それがうまくいっていないな、と思った時にアクションするのが私の「役割」です。
     本人は「役割だから、せにゃならんよなあ」と思って、意を決してやっています。
     そこでコンタクトを頂けないことは、私の「役割」は不必要と思われているのかなあ、
     失職せざるを得ないなあ、と考えた方が、ほんとうは正しかったのかも知れない。
  明日、職安に行こうかな。。。

4)同セクションのなかでのスタンドプレーは禁物です
  たとえばフィンランディアの冒頭・・・
  「自分のほうが腕が上だ」
  「自分の音の出し方のほうがあいつより正しい」
  無意識にでもそんな(あえて言わせて頂きますが)<尊大な>思いを
  潜在させている方の集まりでは、
  あの冒頭部は絶対に整いません。
  (各自の意識がバラバラなのは聴く人にはバレバレです。)
  どうやったら揃うか、を、お互いがもっと謙虚にお考え頂き、
  ご自身を見つめ直して頂けないものか。
  たいへん憂慮しております。
  これは、弦のようにひとかたまりの集団の中のお一人お一人にも言えることです。
  肝に銘じて、お互い「謙虚に」なりませんか?

5)「音楽」だけが特別なのではありません
  日常の延長の中で、生活の延長の中で、音を奏で、歌をうたっていらっしゃいますか?
  オーケストラとして集まって演奏するのは、確かに「場」としては特別なものです。
  ですが、その「特別さ」は、勤務先の「事務所」が私的空間でないのと同じ程度の、
  その程度の特別さでしかありません。(演奏会本番等のセレモニーの際だけは<特殊>ですが。)
  台所で包丁でリズムを刻むのと同じように・・・
  お風呂場でつい鼻歌が出てしまうのと同じように・・・
  天気のいい日、洗濯物を干しながら、通り過ぎる車の音さえ活き活きと感じるように・・・
  ごく「あたりまえ」に音を心の中に持って、楽器を手にしていらっしゃるのでしたら、
  おのずと「あたりまえ」の音楽が出来上がる。

以上の条件が揃わない限り、真面目に練習するほど「へろへろに疲れ」ます。
「疲れない」ですか? そうでいらっしゃるのなら、私は「疲れない」かたの感性を疑います。

どうぞ、ご一考下さい。

|

« 信じる:モーツァルト:「ミサ(・ロンガ)」K.262 | トップページ | つくれない「レクイエム」に代えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/9223933

この記事へのトラックバック一覧です: 12月2日練習記録:

« 信じる:モーツァルト:「ミサ(・ロンガ)」K.262 | トップページ | つくれない「レクイエム」に代えて »