« 曲解音楽史:22)平曲と能楽:付)発声法について | トップページ | 「オルフェオ」〜北とぴあにて »

2007年11月13日 (火)

子守歌(恥ずかしいけど自作)

何とか今日中に間に合いましたので、アップします。

私と同じ病気と、大なり小なり日々戦っているお友達、
今日も応援して下さるお友達、
毎日忙しくしているお友達、みなさんに捧げます。

・・・一昨日、あるメッセージを頂いたことから思い立ち、最近巡り会ったいろいろなことどもに、俄かに心が動きました。
そんな次第で、昨日と今日の2日でにわか作りしたもので、聴き直すと手直しが随分必要なのですが、取り急ぎ、この出来でご容赦下さい。

(Ken自作、4分38秒ほどです)
右クリックで別ウィンドウで聴けます。。。

赤面ものですが。

※手軽なソフトを使ったのですが、不慣れで、
 パソコン内臓のソフトシンセの音なんですが、
 実際にピアノで弾くようには響きが柔らかくもならず広がりもせず、それも悩みの種です。
 とくに、音が伸びない、ペダル効果がでない、高音が鳴らないのには辟易しています。
 アドヴァイスいただければ幸いです。

|

« 曲解音楽史:22)平曲と能楽:付)発声法について | トップページ | 「オルフェオ」〜北とぴあにて »

コメント

Kenさん

素敵な曲ですね。全部聞きました。不具合がでてなかなかきけなかったんですが、今やっと全部ききました。感動しました。よくこんな曲ができるものですね。伴奏までついていたのでびっくりです。すばらしい。作曲はよくされるのですか?CDデビューしてください。即、買いますから。ピアノの楽譜がほしいです。練習したいです。

投稿: チョコレート・ケーキ | 2007年11月14日 (水) 19時08分

・・・いや、お恥ずかしいです。
昔、頼まれ仕事で1分きっちりと言う条件で数曲作るバイト(というほどではなかったのですが)をしましたが、それからしばらく作っていませんでした。まして、今回は、あるかたに頂いたメッセージがきっかけで、思い立ってパソコンに直打ちしたので、聴き直すと
「ここは作り直さなければ」
というところだらけです。
本来はテーマをスケッチしておいて、五線譜に鉛筆書きで下書きして、(弾けないなりに)実際にピアノを叩いて音を埋めていく作業をしないといけません。そう言う意味では例外でもあり、ちょっと直す時間を下さい。
単純で、弾くのに難しくないものを、というのは念頭にはあるので、難しくはないのですが、今のままでは、あまりにお恥ずかしい。

投稿: ken | 2007年11月14日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/8906288

この記事へのトラックバック一覧です: 子守歌(恥ずかしいけど自作):

« 曲解音楽史:22)平曲と能楽:付)発声法について | トップページ | 「オルフェオ」〜北とぴあにて »