« アーノンクールの示唆:ドヴォルジャークについて | トップページ | モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲(2〜5番) »

2007年10月10日 (水)

うらやましいなあ、行ける人。(上岡/ヴッパータール)

940先月記事にしました上岡敏之/ヴッパータール交響楽団の演奏会ですが・・・

さる筋によりますと、来たる14日につくばで行なわれる演奏は、まだまだいい席があるそうです!
空席があるとは勿体ない!
でも、行けない。
CD屋の宣伝は某評論家氏の「耳のいい人向け」というキャッチフレーズ(だったかな)をデカデカと書いていたけれど・・・こんな文句を読んだせいでチケットを買わない人がいたりしたら、それこそとんでもない話です。
「耳の良くない俺は聴けない。」
・・・沈んでいる貴方(実は自分も)! この組み合わせの演奏は、むしろそんな方のためにある、と、私は本日確信致しました!

いや、これは不適切ないい方です。

「音楽そのものに身を任せる経験を一生に一度でいいからしたいんだ!」
そう思っていらっしゃるなら、私なんぞのように、みすみすそのチャンスを逃す手はありません!

遅くはない!

すぐ、チケット買いに行きましょう!



実は今日、数日狙っていたのに訪れなかったチャンス、仕事の合間にやっと見つけたこのチャンスに、
私はボーナスを前借りして(ホント!)上岡さんのCDを買いに走りました。
でも、貧乏なので躊躇しました。
幸い、試聴コーナーがあり、「悲愴」も「ブルックナー第7」も一部聴けるのでした。
「悲愴」から聴きました。
演奏効果を考えて規模のかなり大きめな編成を用意しているのは明らかです。
が、そんなことは別に、誰でもやることです。
試聴を始めて驚いたのは、
「あれ? 最初の音が聞こえない・・・」
店の中は割と静かな方なのですが、それでもざわざわはしています。
「悲愴」の冒頭部は、ご存知の通り、コントラバスの奏でるコードで始まり、ファゴット、ヴィオラと引き継がれるのですが、ファゴットの最初の部分まで、さほどでもない店の喧噪で聞こえるのが妨げられる。
そして、次第にクレッシェンド。
単に良く訓練された、と言うだけではない、「オケマンすべてが音楽を理解した」のでなければ絶対にあり得ない、ディナミークレンジの広さ。チャイコフスキーがフォルテを5つ書いたところは、チャンとフォルテ5つですが、だからといってフォルテ一つの箇所の迫力を(他の演奏ではよく勢いが失せてしまうのですが)、彼らは喪失することがない。
第2楽章以下の豊かさについても、同様のことがいえます。
第3楽章は聴き手を「興奮」させてくれるくせに、演奏者は「盲滅法の没入」を絶対にしていない。
第4楽章・・・ねえ、なんで、試聴は途中までしか出来ないの? (T_T)

ついで、ブルックナーの試聴を始めました。
これは、第1楽章の冒頭ワンフレーズを聴いて、すぐに試聴をやめました。

なぜなら・・・それで充分だったからです。
どっちか片方しか買えない私は、迷わず、お得な二枚組のブルックナーを手に、レジへ走りました。

今夜、寝床で聴くのが、今からワクワクものです。

あ〜あ、生で聴きたかったなあ。。。

是非、前の記事をお読み頂き、そこに引用した上岡さんの言葉を読んでみて下さい。
そして、彼がその言葉を見事に実践していることを、可能な方は絶対見逃したり聞き逃したりなさってはいけません!

「行けない私」から、行ってほしい「あなた」へ!

CD情報は、こちら

|

« アーノンクールの示唆:ドヴォルジャークについて | トップページ | モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲(2〜5番) »

コメント

わぁ、大プッシュだぁ。
恐縮ですが、いっちょ乗っかってずーずーしく宣伝です(ご迷惑なら遠慮なく消しちゃってください)。

■上岡敏之・ヴッパータール交響楽団つくば公演(10月14日、ノバホール)
http://daikokukinkin.blog59.fc2.com/blog-entry-161.html

〈曲目〉
R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番(ピアノ弾き振り:上岡敏之)
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

〈料金〉S:5000 A:4000 B:3000 C:2000(BCはもうないかも)

購入は下記へ。
ノバホール 029-852-5881
ヤマハつくば店 029-850-0518
チケットぴあ 0570-02-9990
実行委員会HPよりメール:
http://www.tins.ne.jp/~tsukuba-concert/

ちなみに今日、同じプログラムの演奏会が東京であったようです。つくば公演はツアー最終日ですんで、盛り上がると思いますよ。

投稿: キンキン@ダイコク堂 | 2007年10月10日 (水) 23時10分

みなさま、ぜひ、キンキンさん情報にご注目を!
(って、マイナーブログだからなあ、どんだけ効果があるか・・・)

いや、へたれとったらあかん!
是非聴きましょう!

投稿: ken | 2007年10月10日 (水) 23時23分

10月10日の演奏会に行きました。感想は、ジョルジュ・サウンド先生の夢と感動日記でチェックしてね!今日の演奏会で入手した情報ですが、2008年4月、新日本フィルとの公演が決定したそうです。お問い合わせは、www.njp.or.jp 新日本フィル・チケットボックスまで。tel.03-5610-3815です。来年の4月まで、がんばってお金貯めましょうね。

投稿: ジョルジュ・サウンド | 2007年10月11日 (木) 01時17分

ジョルジュ様
頂いたコメント末尾の「余計なお世話」に深く感謝申し上げます (^^;) まあ・・・お互いへの激励かのおつもりかもしれませんが・・・どんな方でも、本気で行きたければお金がなかったら楽屋裏からでも潜り込むと思いますよ! 財布の事情は人さまざまですから。

コメントではリンク先が参照できないので、リンクを貼っておきました。これは14日をご検討なさる方には大変いいご感想だと思います。勝手にリンクしましたことにはお許しを請います。
4月の公演情報はいまのところご紹介のサイトには紹介がないようですが・・・日程が確定しているか仮決めしてあるなら、せっかくですからご教示頂ければ、読者は助かります。

投稿: ken | 2007年10月11日 (木) 07時33分

本気で行きたいので、14日に大阪からつくばまで飛んでいきます。
ジョルジュ様はじめ、演奏会に行かれたの方のブログを拝見すると、とても感動的な演奏のようですね。東京に住んでいたら、絶対全部聴きにいくのに。もう待ちきれません!!仕事中も「悲愴」が頭の中でグルグル回っています(爆)

投稿: あか | 2007年10月11日 (木) 10時38分

あかさん、
この根性が、素晴らしい!
この財力が・・・妬ましい。

でも、音楽を愛することにかけては規範となるべき情熱です!

同じような方が、一人でもたくさんいらっしゃるといいなあ。。。

投稿: ken | 2007年10月11日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/8331974

この記事へのトラックバック一覧です: うらやましいなあ、行ける人。(上岡/ヴッパータール):

« アーノンクールの示唆:ドヴォルジャークについて | トップページ | モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲(2〜5番) »