« 音楽で出来ないこと | トップページ | 曲解音楽史15:中世前半の西ユーラシア »

2007年7月19日 (木)

大学非常勤講師の厚生年金加入を求める請願

あるかたが、ある場所で、控えめに「こんなのあるんです」と仰っていました。

私は大学進学に当たって、高校生当時、結果的に進学先となった大学の非常勤講師の方が近所にお住まいで、じつは「大学とはなにか・・・しかし、その前に、ものを考えるとはどういうことか」について、その方に非常に熱心なお教えを受けることが出来ました。内容が「西田哲学」だったので、結局チンプンカンプンなまま生返事をしていただけでしたが、現実に入学して出会ったどんな方よりも、「学ぶ」・「考える」大切さを純粋に伝えて下さいました。
そんな方の、当時の月給が、なんと、3万円でした。
ちなみに、5年後に私が民間企業に就職した時の初任給は16万円でした。

非常勤講師の方には、学問を純粋に愛する方が多いです。
下記リンクをご拝読の上、ページ最下部の「誓願に賛同します」に、是非ご署名をお願い申し上げます。

なお、これは私が、先の方に事前に承諾を頂かず勝手にやっていることですので、ご容赦下さいませ。

・リンク:大学非常勤講師の厚生年金加入を求める請願

ダイコクさんの、こちらの記事も、是非お読み下さい。

|

« 音楽で出来ないこと | トップページ | 曲解音楽史15:中世前半の西ユーラシア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/7205237

この記事へのトラックバック一覧です: 大学非常勤講師の厚生年金加入を求める請願:

« 音楽で出来ないこと | トップページ | 曲解音楽史15:中世前半の西ユーラシア »