« 実在した!映画"BEAN"に登場する「名画」 | トップページ | ショスタコーヴィチ:「ひとつの音へ」 »

2007年7月13日 (金)

チャップリン皿

ショスタコーヴィチについて考えるところがあって準備しているのですが、完了していないので、明日かあさってにまわさせて下さい。そのあとでモーツァルト、中世ヨーロッパの音楽、という感じになると思います。

ですので、音楽の話でないのが続いてすみません。

今日は息子といっしょに陶器作りをしよう、というイベントでした。
二人とも不器用なので、なかなか要領がつかめず、回りの人にアドヴァイスを貰ったり道具をお借りして、3度やり直してやっと出来たのが、
「チャップリン皿」。
チャップリンの顔を竹ヒゴで線画で描いただけの、シンプルなもの。

200707131536000


提出したとき、2年前の担任の先生に、
「おお、君らしい!」
と頼もしげに言われ、近くで見ていた別のお母さんが、
「まあ! 芸術的!」
だなんて持ち上げるものですから、息子本人はいい気になっております。

でも、チャンと焼き上がるのかなあ。。。
完成品を見ることの出来るのは2学期に入ってからです。・・・不安。

|

« 実在した!映画"BEAN"に登場する「名画」 | トップページ | ショスタコーヴィチ:「ひとつの音へ」 »

コメント

息子さんらしいですね。
喜劇俳優としてのチャップリンを超えた、人間チャップリンを感じさせるといふと云ひ過ぎでせうか?
口元、目元に、意志の強さを感じますね~

投稿: 仙丈 | 2007年7月14日 (土) 17時47分

下書きでは上半身をすっかり描くつもりでいたようですが、作っているうちに
「うるさいかんじになるね」
ということで、自分の判断で顔だけにしました。絵だけはやり直しもせず、すんなり描いたので、ちょっと驚かされました。
息子の希望で、帽子、髪、ヒゲのところだけ、私が少し彫り込みました。
余計なことしちゃったかな〜、輪郭だけでも充分だったかもなあ、と、悩んでおります。ハイ。

投稿: ken | 2007年7月14日 (土) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/7131267

この記事へのトラックバック一覧です: チャップリン皿:

« 実在した!映画"BEAN"に登場する「名画」 | トップページ | ショスタコーヴィチ:「ひとつの音へ」 »