« 曲解音楽史13)どこまで分かるかササン朝ペルシア | トップページ | 御礼と身内慰労:東京ムジークフロー定期演奏会 »

2007年6月15日 (金)

東京ムジークフロー演奏会を前に・・・ご挨拶

私の所属する東京ムジークフローの定期演奏会(6月16日、杉並公会堂)について掲載しました。
リンクご参照の上、是非おいで下さい。
・ご来場下さるお客様へ
お忙しいところ私共の拙い・・・いや、メンバーに叱られますので言い替えます・・・私の拙さにも関わらず団員皆が自己を精一杯発揮するであろう演奏会にお越し頂けますことを、大変光栄に存じます。
お手伝い下さる本職さんをいっしょくたにしてはいけないのですが、アマチュアを見る・聴く楽しみは、音楽を生業としない連中が、たかが任意団体の中で、こんなにも熱を込められる、そんな様子を、あたかもマンガのように眺め渡せるところにあるのではないかと思います。熱ゆえに周囲が見えなくなる、思いがけずハズしてしまう例もあります。が、それをも皆様の娯楽になさって頂けるようでしたら、なおありがたく存じます。
何とぞよろしくお願い申し上げます。
なお、場合によっては、「あ、あいつとアノコ、できてるな!」なんていうのに勘付ける場合があります。鈍感な私は、当団に現状そういう事実があるかどうか把握しておりません。お気づきの場合はそちらもお楽しみ下さい!
ちなみに、私は他団体で過去2、3度、実例を発見したことがあります。で、そのカップルの先行きは・・・みんな「今日でお別れね」でした。(合掌。)

・団員各位
一言。
なるべくアンサンブルにきちんと参加することを忘れず、しかしなお、お一人お一人の最高の「演技」をお客様に披露してくれることを、切に希望しております。

お粗末な前口上、平にご容赦下さいませ。

|

« 曲解音楽史13)どこまで分かるかササン朝ペルシア | トップページ | 御礼と身内慰労:東京ムジークフロー定期演奏会 »

コメント

いよいよ明日になりましたね。
皆さんのちからがひとつになつた、聽くものになにがしかの感動を與へられる、そんないい演奏になるとよいですね!

投稿: 仙丈 | 2007年6月15日 (金) 12時51分

ありがとうございます。お返事遅くなりました。
みんな、最善を尽くしてくれるものと信じています。
だいたいいつも終演後「思うように出来なかった」と涙を流すまじめな子もいて・・・僕なんか「あ〜、また失敗しちゃった、ハハ。。。」で済ましてばかりなので・・・また後輩のまじめさに反省させられてかえってくるはめに陥るのかなあ。。。やばいなあ。

投稿: ken | 2007年6月15日 (金) 22時26分

Kenさん。杉並公会堂ですかあ。

そこ(荻窪)が私の「故郷」でして、来週引っ越すのですが、

それはともかく、私は、そこで初めてオーケストラを聴き(音楽教室でね。殆どN響と日フィルの降り番の人たちでした)、音楽にはまりました。

自分が古い公会堂のステージに上った事もありますが、それはどうでも良くて、都響のファミリーコンサートをよく聴きました。

コバケンが「悲愴」を演ったときは渡邉暁雄さんがおられて、ご両名からサインを頂きました。

また、ソリストに、何と元・ベルリンフィル首席フルート奏者(Kenさんは御存知でしょうが、ご覧の方々のために説明してます。悪しからず。)、ジェームズ・ゴールウェイが来て、(杉並公会堂に、ですよ!)モーツァルトのD-durを吹いた上に、何曲もアンコールを吹いてくれたこともあります。

懐かしい場所です。

明日のコンサート、行けなくてごめんなさいですが、成功を祈ります(ショスタコ5番、コンマス・ソロのグリッサンド、難しいの?)。

投稿: JIRO | 2007年6月15日 (金) 23時14分

あらまあ、JIROさん、荻窪に縁が深くていらしたとは・・・

グリッサンド自体は、やりかたはいろいろでも方法を変えて聞こえかたが変わる、というシロモノではないので、難しくはありません。
難しいのは・・・音程が当たるか外れるか、です!
(こういうところは、まともに弾けはしないけど、ふざけてチゴイネルワイゼンでやってみせるとそれらしくなるので、だいたい大受けが獲れます! ああ、デタラメ弾きのショーをやる方が、ずっと気楽だなあ・・・ヴァイオリンでラジオ体操やるとか。。。あ、あんまりこういうことを綴っておかない方がいいですね!やばいやばい。)

投稿: ken | 2007年6月15日 (金) 23時52分

Kenさん、お疲れ様。名演だったと確信しています(そうじゃなくても構いません)。

Kenさんの労をねぎらいたい。

ところで、私のブログ、お読みになったかも知れないけど、すごいことがあったです。

チャイコフスキーコンクールの楽器製作部門でヴァイオリン製作部門は1位、2位ともに日本人だったというニュースを引用した記事を書いたのです。
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2007/06/post_b681.html

そうしたら、何と、2位受賞の高橋さんという方ご自身が、私のブログを読んで喜んで下さって、コメントを書いて下さいました。
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2007/06/post_b681.html#comment-14012635

コメント欄掲示板代わりに開放していますから、ヴァイオリン弾きのKenさんからも(今日はお疲れだろうから、何時でも良いですけど)、お二人にお祝いのメッセージを頂けると有難い。何せ、ヴァイオリン弾きだから。Kenさんは。喜ぶと思いますよ。

色々とおありでしょうから、無理をなさらない程度に、ということはいうまでもありません。(^^)

投稿: JIRO | 2007年6月17日 (日) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/6791404

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ムジークフロー演奏会を前に・・・ご挨拶:

« 曲解音楽史13)どこまで分かるかササン朝ペルシア | トップページ | 御礼と身内慰労:東京ムジークフロー定期演奏会 »