« デュ・ピュイ〜スウェーデンへ移住した大陸作曲家 | トップページ | 「固定ド」か「移動ド」か:付)リハビリ問題へのリンク »

2007年6月30日 (土)

ひどい本なのかいい本なのか?:「クラシック大作曲家診断」

東京ムジークフロー第44回定期演奏会の、演奏の音はこちらで聴けます。併せて(私個人の偏った視点ではありますが)反省もお読み頂けますよう、お願い申し上げます。


チャイコフスキーコンクールヴァイオリン製作部門で優勝・第2位・第4位を獲得した菊田さん、高橋さん、天野さんについて紹介させて頂いた記事はこちら

先に。
今朝、ケータイでニュースを見ていたら、チャイコフスキーコンクールのヴァイオリン部門で神尾真由子さんが優勝、チェロ部門での山上薫(かおり)さんのディプロマ獲得を知りました。おめでとうございます。
・・・と、はやいとこ言っとこう、と思って帰ってきたら、
ヴァイオリン製作部門での菊田さん・高橋さん・手嶋さんの入賞記事のコメントに、JIROさんがしっかりコメントでお知らせ下さっていました・・・
なので、この件はJIROさんの記事で読んで下さいね!

演奏家のコンクール入賞とその後、というのには、常々野次馬根性的興味があるのですが、ある方をサンプルに、ある「追跡」をしたい、と企画中です。・・・ただし、いつ実現するか分かりません。
(才能の無い者のやっかみ、みたいな記事になったら、それこそ綴る方も単なるオバカでしょう? まあ、バカだからそれでもいいのだけど、もっと「意味のある」追っかけをしたいんですよね、どうせなら。)



というわけで、私は、全然違う話題で行きま〜す!
ある「立ち読み」本のご紹介です。



西村朗と吉松隆のクラシック大作曲家診断


西村朗と吉松隆のクラシック大作曲家診断


著者:西村 朗,吉松 隆

販売元:学習研究社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


最初に開いた時、こんなにアタマにきた本も、最近珍しゅうございました。

モーツァルトなんて、ありふれた音楽の中から運良く生き残ったにすぎない・・・当時は同類の音楽がちまたにあふれていたはずだ・・・だから、モーツァルトが「自分の言葉でしゃべった」音楽なんて、ほとんど無いに等しいだろう・・・だから、モーツァルトが一番好きだ、だなって言ってるやつの気が知れないね!

極端に(いや、本文を読んで頂ければそう極端でもないことはお分かり頂けると思います)こんな具合の話から始まるこの本、
「ちくしょう、またマヤカシ本が出たか!」
しかも、著者の一人は、私もその作品が好きな吉松隆氏ではありませんか!
「バカヤロー、ヨシマツなんて、もう、大嫌いになってやる!」
はじめは、書店に並んだ本に火をつけてやりたくなるほど、この語り始めにはヒステリックになりました。

でも、です。

読み進んでいくと、話が結構まともなんです。

ハイドンは若いモーツァルトの後期交響曲に影響を受けたし、ベートーヴェンはハイドンやモーツァルトを乗り越えなければならなかったけれど、3人比べると、モーツァルトにはハイドンの要素が、ベートーヴェンにはモーツァルトとハイドンの要素が痕跡を残している一方で、ハイドンにはそうしたものは全くない。してみると、ハイドンこそが、本当に独自の交響曲人生を貫いた人なのよね・・・みたいな方へ、西村氏との対話が健全な方へ進んでいく。

そのあとどういう展開になるかは、まあ、おいやでなければ実際に手にしてお読みになってみて下さい。

モーツァルトの件については、大胆な発言に見えながら、実は西村・吉松両氏とも、ある意味脇道にそれないように用意周到な思考を巡らして(いや、案外そんなに深くは考えていなかったりして!)述べていることが、現代音楽の問題に触れるところまで彼らの対話を追いかけていくと理解出来ます。

ですので、本の「部分」にとらわれて読むのがお好きな方には、決してお勧めしません。
部分部分は、本当に、お二人の独断と偏見による毒ガスに満ちています。

この本、まさに、「ガス室」です。平和主義者には似合いません。
語り口が軽いだけに、危険度は超巨星級です。

・・・こういうの、僕、でも、実は大好きです。

|

« デュ・ピュイ〜スウェーデンへ移住した大陸作曲家 | トップページ | 「固定ド」か「移動ド」か:付)リハビリ問題へのリンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/6983068

この記事へのトラックバック一覧です: ひどい本なのかいい本なのか?:「クラシック大作曲家診断」:

» 保全処分とは [保全処分とは]
保全処分の解説 [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 22時28分

» PR会社 [PR会社]
PR会社/株式会社ラインワークスでは商品を売るための“PR”を行うPR会社です。タレント・スポーツ選手を起用した各種PRイベント企画,広報,WEBプロモーションなど。PR実績はこちら [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 22時35分

» 神尾真由子 [blonavi]
神尾真由子のヴァイオリンは1727年製作アントニオ・ストラディヴァリ。画像は神尾真由子さんの... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 22時43分

« デュ・ピュイ〜スウェーデンへ移住した大陸作曲家 | トップページ | 「固定ド」か「移動ド」か:付)リハビリ問題へのリンク »