« 野の花を摘みたしと思へども | トップページ | モーツァルト:1773年以前の宗教曲についての補遺 »

2007年5月 5日 (土)

合宿お疲れ様でした

私の所属する東京ムジークフローの定期演奏会について掲載しました。
ご招待の企画も(個人的に)しております。リンクご参照の上、是非おいで下さい。



2日目午後、薬の効きがよかったとはいえ、夕方まで眠りこけてお役目をサボりましたことを、心からお詫び申し上げますとともに、起こさずにいてくださったことを、どなたにも深く御礼申し上げます。

こんなちょうしでしたから、こまごま整理できることもありません。
ただ、コンチェルトとオケ伴歌曲をやりますから、私が先生から受けた注意を一点だけ申し上げます。

「(あわせもののときは)独奏者(独唱者)を見たほうがいいか、棒を見たほうがいいか、スコア上でもういっぺよく研究しておいてね!」

まったくそのとおりで、細かく言えばきりがないほど、この件は1作品の中でも多様な対応を迫られます。
じゃあ、細かいことをあらかじめ「ここはこう、あそこはああ・・・」という具合に頭に入れておかなければならないのか、というと、そうではありません。
先生のご注意の要点は、
「基本は耳を使い、危うくなったら一番目に入りやすいものを目の隅っこでとらえればことたりる」
というに尽きるでしょう。
目の隅っこに引っかかりやすいのは、当然、ソリストではなくて棒のほうです。
かつ、ソリストは次の音のための準備は、オーケストラがどう準備するか、ということを優先に発想することは決してありません。
・・・ということは
「いいよ、なんか起こったら棒のせいだから」
・・・指揮者はそこまで腹を決めていなくてはならない、ということになるわけでして。
後はせいぜい私がそれをどれだけ無理なく実現させて差し上げられるか、だけなのでして。
要は、先生は
「俺が腹を決めてるんだから、俺のせいにすればいいよ」
と、暗におっしゃっているのでありまして。

などと種明かししても仕方がないので、繰り返して申し上げますが、どなたも

「基本は耳を使い、危うくなったら一番目に入りやすいものを目の隅っこでとらえればことたりる」

のだということだけ、今回は頭に入れておいていただければよろしいのではないかと思います。

お粗末な内容ですみません。これをもってまとめに換えさせていただきます。

|

« 野の花を摘みたしと思へども | トップページ | モーツァルト:1773年以前の宗教曲についての補遺 »

コメント

Kenさん合宿だったのですか?

お疲れ様でした。

ところで、77年のベーム・ウィーンフィルによる、「運命」全曲を、

動画共有サイト、「Stage6」で見られることを私は今頃知りました。

御存知かも知れないけど。TBした記事にも載っているけど、

http://stage6.divx.com/members/62893/videos/2319/

です。びっくりしました。

画質・音質は劣るけど(1959年のものですから)、

フランチェスカッティが「チゴイネル・ワイゼン」を弾く動画も見られました。

http://stage6.divx.com/user/alanlive/video/1103969/Sarasate-Zigeunerweisen-Francescatti-1959

________________________________________
これは、もっと御存知かもしれないけど、無料楽譜(オーケストラスコアだけでなく、色々な分野、驚くほど多くの作曲家)サイト。

Main Page - IMSLP
http://www.imslp.org/wiki/Main_Page

なかなか、感動的でした。

では、またね。

投稿: JIRO | 2007年5月 6日 (日) 15時07分

JIROさん、いつも貴重な情報をありがとうございます!

メインPC、修理も新品の出荷も終わっているのですが、GW中ということで、手元にまだ届かず、ちと不自由してます。
メインPC環境に復帰しだい、バシバシ試したみたいなあ。。。
日常が、そこまで時間を許してくれるかなあ。。。
だいぶ、リズムはできてきたのですけれど。。。

投稿: ken | 2007年5月 6日 (日) 19時43分

ご無沙汰です。合宿お疲れ様でしたm(_ _)m
「基本は耳を使い、危うくなったら一番目に入りやすいものを目の隅っこでとらえればことたりる」というのは、吹奏楽でも使えそうですね。今度やってみようと思います。
でも、うちの学校の顧問に「俺が腹を決めてるんだから、俺のせいにすればいいよ」とか、「いいよ、なんか起こったら棒のせいだから」なんて気持ちはあるのでしょか・・・?

投稿: 近所のパートリーダー | 2007年5月 6日 (日) 21時50分

>吹奏楽でも使えそうですね。今度やってみようと思います。

学校の吹奏楽で、指揮がその学校の先生だとか、ちょっと態度が大きめの講師さんの場合には・・・危険度は高いかも知れません(一概には言えないのですが)。。。あしからずご了承くださいね。
ただ、とにかくまずはじぶんたちがお互いにお互いの耳を使いうことによってアンサンブルが揃う、という訓練ができていることが大前提にありますから、それ抜きで指揮だけを悪者にするのはよしましょう。。。かわいそうすぎるから。。。

投稿: ken | 2007年5月 7日 (月) 02時46分

合宿お疲れ様でした!
5年ぶりの参加で混ざれるか不安で一杯したが、すんなり受け入れてもらって、団のみなさまの暖かさに感謝です。

お客様あっての演奏会なので、多くの方に足を運んでいただけたらなと思っています。協奏曲独特のソリストとオケの駆け引きを楽しんでもらえますように。

演奏会の案内に恐縮ながらトラックバックさせていただきました。
事務連絡:MLへの登録よろしくお願いします。

投稿: とりもっち | 2007年5月 8日 (火) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/6317385

この記事へのトラックバック一覧です: 合宿お疲れ様でした:

» YouTubeで見られる、「ヴァルトビューネ」/【追加】Stage6で1977年ウィーン・フィル東京公演「運命」全曲 [JIROの独断的日記ココログ版]
◆いきなりDVDを買う気がしない方もおられるでしょうから。 先日、ベルリン・フィ [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 15時09分

« 野の花を摘みたしと思へども | トップページ | モーツァルト:1773年以前の宗教曲についての補遺 »