« 大阪市消防音楽隊を救う会」締め切りが2月13日まで延長 | トップページ | 第3回ウィーン旅行前のザルツブルクシンフォニー »

2007年2月10日 (土)

フルート。フルート

明日明後日、コメント・トラックバックが即座には表示されません。
が、頂けていると大変嬉しいです。。。ご了承の上、よろしくお願い申し上げます。


私を励まして下さるために、と頂いてから2週間もたってしまってのご紹介で、申し訳ない限りなのですが、私の所属するアマチュアオーケストラのフルーティストのご著書を拝読しました。

吉倉弘真「フルート、フルート」大河出版1999年刊 1,575円

理科の先生だから、という域を超えたフルートマニアぶりが存分に発揮された、面白い本です。
日頃の演奏を通じて感じたことをもたくさんお書きになっているのですが、何と言っても本領発揮なのは、豊富な図を駆使しての、フルートという楽器のメカニックについての解説の数々です。よっぽど高価な本でも載っていないようなトピックがさらりと扱われている(安藤由典「楽器の音響学」音楽之友社からの引用図が主ですが)。
しかも、もとの「楽器の音響学」よりクダいた説明をしていらして、
「ほほう!」
と、声を上げること幾度だったか。
おかげさまでフクロウになってしまった私です。

ホホウ、ホホホウ。。。

是非ご一読下さいませ!


Book

フルート、フルート!


著者:吉倉 弘真

販売元:大河出版

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 大阪市消防音楽隊を救う会」締め切りが2月13日まで延長 | トップページ | 第3回ウィーン旅行前のザルツブルクシンフォニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/5292652

この記事へのトラックバック一覧です: フルート。フルート:

« 大阪市消防音楽隊を救う会」締め切りが2月13日まで延長 | トップページ | 第3回ウィーン旅行前のザルツブルクシンフォニー »