« Mozart:1773年の作品概観 | トップページ | シューマンを聴く:「ライン」、2人の作曲家のアプローチ »

2006年12月 7日 (木)

STING "Songs from the Labyrinth"


ラビリンス

本日のネタは、実は以前ガメラさんのブログで知ったものでして・・・逃げネタです。
(今日綴ろうと思っていた件、前置き用に考えていた一節の裏付け資料が、帰宅したら見当たらず・・・前置きさえ変えればいい話なのですが、明日までちょっとこだわって探してみたいので、と言いつつ、今日はもう寝るんですけど!)

ロックには疎い私です。STINGさん、って、有名な方なんですね。
ロック歌手なのに、この人、ダウランドの歌曲だけで1枚のCDをリリースしてしまいました!
発売して間もなくだったのか少したってなのかは分かりませんが、ガメラさんのところで拝見して
「これは聴かねば!」
と、いつも行く大きなCD屋さんに即日駆け込みましたが、ロックのコーナーにSTINGのアルバムは幾つも有るものの、このダウランドを歌ったCDだけが、ない。
「じゃあ、ダウランドだからクラシック売場に行けばあるかな?」
大急ぎでクラシック売場に行き、たぶん、1時間くらい探しました。
やはり、見つからず。

数日後、別の店のロックのコーナーでようやく見つけたときには、あまりに嬉しくて気が狂ってしまいました。

ところが、いまではこのアルバム、行きつけのCD屋ではクラシックのコーナーにもロックのコーナーにも置いてあります。
私はひたすら、痩せるために走った、ということだったのか!?
・・・神慮ですね、これは。

かねがね、
「昔は本当にいま復元演奏されているような発声で歌われていたんだろうか?」
と疑問に思っていました。
歌は、発声法などに拘泥しなくて済んでこそ、初めて人々の間に浸透するはずだ、と考えていたからです。
STINGのダウランド・アルバムは、そういう意味で、歌の本質を非常に良く伝えてくれる貴重品です。

イギリスの声楽曲がお好きな方は、是非従来のダウランド演奏と聴き比べてみて下さい。そうしてみれば、このアルバムの真価がわかっていただける、と、確信しております。

これを継ぐものを、どなたでもいいから、もっと出して下さったら嬉しいな!
(映画でカラー版の「未完成交響楽」は、確かイタリアのポピュラー歌手がシューベルトに扮していたはずでしたが・・・すいぶん前のことなので忘れてしまいました。調べがついたら追記します。)



ラビリンス

Music
ラビリンス

アーティスト:スティング

販売元:ユニバーサルクラシック

発売日:2006/09/27

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Mozart:1773年の作品概観 | トップページ | シューマンを聴く:「ライン」、2人の作曲家のアプローチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4462814

この記事へのトラックバック一覧です: STING "Songs from the Labyrinth":

» メズラシイ [料理の・・・鉛人]
12/30 今日は珍しくお外に出ました。 この画像は晩御飯食べたところのテーブルにあったお花です。 落ち着いた雰囲気でイイかんじでした おいしかったし。お酒はすげえ甘いやつで甘党の僕好みでした♪(ちょっと甘すぎたかも) 最初、服を見てて一通り見終わったところでご飯..... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 01時15分

» Stingのロック風Dowland [日々是好日]
昼下がり、NHKFMから聴き慣れたDowlandの曲が流れてきた。これまでとは全く異質の演奏で、その歌声に戦慄が背筋を走った。 番組で調べてみると歌っているのはStingというロックシンガーらしい。Amazon.comからCDを早速取り寄せた。 Stingという歌手は今まで知らなかった。ロックはほとんど聴いたことがないからである。Stingが芸名であることも初めて知った。アルバムの解説で彼のポートレー... [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 08時22分

» 未完成交響楽 [1-kakaku.com]
オーストリア出身の作曲家、フランツ・シューベルトの名曲『交響曲第八番ロ短調「未完成」』の誕生にまつわるラブストーリー。33年に大ヒットした戦前を代表する音楽映画であり、この後幾度となくリメイクされた。 19世紀初頭のウィーンが舞台。小学校教師で売れない作曲家の若きシューベルトが、公爵夫人主催の演奏会でデビューする。そこで出会った美しい伯爵令嬢カロリーネと恋に落ちる。しかしそれを快く思わぬ伯爵は、2人を引き裂こうとする。 劇中では、『アヴェ・マリア』『野ばら』などの有... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 07時06分

« Mozart:1773年の作品概観 | トップページ | シューマンを聴く:「ライン」、2人の作曲家のアプローチ »