« エローラ:ご来場・お手伝い御礼 | トップページ | 曲解音楽史8:インドに歴史は必要ない? »

2006年12月 4日 (月)

のだめのいいとこ:8)心の傷を超えて

のだめ関連CD・書籍:のだめオーケストラLIVEくわしっく名曲ガイドはみだしオケマン挑戦記



ココログご利用の「のだめ」ファンの方へ、お願い
あなたの「のだめ」記事をお綴りになる時、是非『のだめカンタービレ』という名前のカテゴリを作り、そのカテゴリで掲載なさいませんか? 一人でも多くの方がそうして下さると、ニフティのカテゴリ別に『のだめカンタービレ』が登録され、『のだめカンタービレ』について読みたい人が、あなたの記事をカンタンに見つけてくれるようになるそうです(ご教示下さったJIROさん、本当にありがとうございます。)



のだめカンタービレ (8)

いつものように1分に1度笑っているうちに、オーボエ協奏曲のシーンも、ブラ1のシーンも、あっという間に終わってしまいました。
それぞれの楽器の演奏を「演じる」役者さんには、本当に頭が下がります。黒木君の運指は、さすが、豪華トレーナー陣と、演じる彼(「純情きらり」で大活躍でしたね)の「ホネ」の太さを見る思いでした。。清良の運弓も瞬く間に改善。しかも、オーケストラ全体が映ったときに見事にはまっていたことも特筆すべきでしょう。真澄ちゃん、峰君、桜ちゃん・・・みんなお見事。
千秋の、ブラームスの締めは、拍を振る振付でないほうが良かったと思います。本職若手指揮者も顔負けのタクトをとれるようになってきていたのだから、すこし大袈裟な演出を付けたほうが、演奏会の感動を盛り上げる画面になったような気がします。・・・それにしても、玉木さん、上野さん、やはりドラマの顔になりうる貫録には、この歳で与太りっ放しの自分はもう、なにも言葉がありません。

シナリオが、やっぱりすごーく上手いです。
黒木君の失恋、清良の寝違え・・・いろいろな心の傷が上手に積み重なって、
「これでコンサートが山場、で、アトパッパでおわるのか・・・」
と思いきや、ミルヒーから貰った時計でのだめが千秋に催眠をかけ、その大事な時計を千秋の手に握らせ、(原作のセリフをきちんと活かしながら)千秋の心の傷をいやしたのだめ自身が、この先乗り越えていかなければならないものに静かな挑戦を始める。
ここまで鮮やかに組替えが出来るライターさんの手腕には並々ならぬものを感じます。

「音楽する」
ということは、自分の心の傷の埋め合わせでは、決してありませんから。
(これを錯覚したまま楽器を手にしていませんか? 私は30代初めまでそうでした。)

千秋はそこまでは克服している。

のだめは、まだそこにも至っていない。

このあたり、次回ミルヒーを出演させてのシナリオは、どんな展開で私たちに知らしめてくれるのか。
予告編を見た限りではかなり期待出来そうです。

これ以上何も語れません。ひたすら、楽しみです。

|

« エローラ:ご来場・お手伝い御礼 | トップページ | 曲解音楽史8:インドに歴史は必要ない? »

コメント

千秋の指揮、モーツァルトはよかつたやうに思ひました。
ブラームスはもつと「草書」でもよかつたですよね?
できれば、レニーや片平みたいにジャンプして欲しかつた(笑)
でも、それは千秋のキャラぢやないですね~

けふののだめはとてもかはいかつたですね!
ブラ1のフィナーレでの、のだめの涙には貰ひ泣きですよ~


投稿: 仙丈 | 2006年12月 4日 (月) 22時54分

モーツァルトは定石ですね。玉木さんの表情が良かったです。
ブラームスは・・・ホント、レニー風だとよかったなァ。
モーツァルトも含め、なのですが、ここまで出来ている玉木さんになら、もっと自由な演技を充分付けられたんじゃないかなあ。それだけは、残念。
指揮の演技付けって、たぶん難しいんですよね。シーンの音はどう見ても「合わせ」だったようが気がするんですが、演技の時に本当に演奏もやれば、気の入り方がまた変わって、役者さん自身の工夫が出ると思うのですが。。。撮影現場経験が無いので分かりません。ただ、拍をやたらに振ってしまっては、中学校の合唱指揮と大差が無くなってしまう。そこはご指導のかたが慎重すぎる気がします。

たとえば、自分が内輪で練習を付けるときは、(指揮自体はめったにしませんが)まずコーダの始まり部分は腕のスピードがもっと速いだろうし、弦への合図は右手、管への合図は左手になりますね。(アンサンブルしていない人達とやるときには、ヴァイオリンでの、弓と楽器での合図が必然的におなじようなものになりますし。もっとも、こちらの場合は、楽器を持っている分「振る」わけにはいきませんから、非常時・・・誰かのタイミングミスがキッカケでズレが大きくなりかけるときなど・・・は弦には胴体で、管には首で合図します。)、金管楽器が高らかになるところは伸ばしの部分は、解釈にもよりますが、通常は拍は振らないのが一般的なはずです。。。って、こまごま綴るとわけ分かんなくなりますね。スミマセン。

投稿: ken | 2006年12月 4日 (月) 23時47分

拍をやたらに振らない。
なるほど~
指揮がわかりやすいと評判?の小澤さんでも、確かにさうですね。

>まずコーダの始まり部分は腕のスピードがもっと速いだろうし、

あ、これ、さう思ひました。
自分だつたら、もつとなんといふか、あふり立てるやうに、といふか、オケをドライブするといふか、適切な言葉が出てきませんが、腕をもつと大きく速く振つてゐるだらうな、なんて思つてゐました。
指揮なんてしたこともなければ、出來る筈もないのですが、ついつい妄想してしまひます(笑)

投稿: 仙丈 | 2006年12月 5日 (火) 00時28分

>拍をやたらに振らない
というよりは、たとえばブラームスで「定石」とした部分などはコラールですので、拍を振って、金管に音で拍子を数えられると困っちゃうわけで・・・
なので、音楽の作りが少しだけでもわかっていないと指揮はおっかないし。カッコつかないし。でも勉強キライだし。
ですので、私はアマオケでの自前練習の時は極力「指揮」はしないで逃げまくっております、ハイ。・・・こわいです。

投稿: ken | 2006年12月 5日 (火) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4428242

この記事へのトラックバック一覧です: のだめのいいとこ:8)心の傷を超えて:

» 「のだめカンタービレ」 Lesson8 [仙丈亭日乘]
「新星オケ初陣!トラウマ克服に搖れる戀」 [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 22時50分

» 『のだめカンタービレ』 第8回 「新星オケ初陣!トラウマ克服に揺れる恋」 [つれづれなる・・・日記?]
裏がとっても見たい。 録画はしてるけど、いつ見れるやら。。。 ってことで、のだめのメモ書きです。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 22時58分

» のだめカンタービレLesson8「新星オケ初陣!トラウマ克服に揺れ... [読書とジャンプ]
さあ、楽しい音楽の時間だ。さあ、歌おう。絶望から希望へ!歌え!歓喜の歌を!原作を読んでるので、千秋のトラウマの内容は知ってるくせして、辛そうな表情に何故かドキドキしてしまいます。ホント、さくさくストーリーが進むなあ。もう、めっさ楽しいです。でも、原作知...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 23時12分

» のだめカンタービレ~Lesson8 [日々雑用]
新星(☆=成)オケ初陣!トラウマ克服に揺れる恋:コミック [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 00時16分

» フジテレビ「のだめカンタービレ」第8話:新星オケ初陣! トラウマ克服に揺れる恋 [伊達でございます!]
ブラボー! いやぁ、素晴らしい。ドラマも音楽も。R☆Sオケのデビューコンサートを軸に、黒木の失恋、千秋のトラウマ解消とクライマックス級のエピソードの連続でした。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 09時04分

» のだめカンタービレ [おさんぽカフェ]
だたいま、kamoにしては珍しく連ドラを見ています! それも久しく見ていなかった「月9」でぇ~ゴザイマス(笑) そうです、上野樹里×玉木宏さん主演の ‘のだめカンタービレ'ですよ きっかけは私が通っているジムでの事。 毎週月曜の夜に行くと、置かれ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 10時31分

» ドラマ『のだめカンタービレ』 #8 [Cold in Summer]
◇ドラマ『のだめカンタービレ』 #8  ↑【予約】 のだめカンタービレ 1〜16巻セット   【セット特典】のだめカンタービレシール。 ◇月曜 21:00 『のだめカンタービレ』 10.14〜 出演 上野樹里 瑛太 玉木 宏 返す返すも・・・。....... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 13時33分

» のだめカンタービレ、第8話〜千秋のトラウマ! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
のだめカンタービレ、第8話ですが、今回は後半、比較的真面目で、オーケストラも二曲ありましたので、とりあえず前半ボケておこうという感じでした。 千秋(玉木宏)の母親が登場し、自称千秋の奥さんであるのだめ(上野樹里)は穏やかでないわけです。一方、黒木君はのだめこと「恵ちゃん」のことを激しく勘違いして、ゾッコンなわけですが、スーパー・ひとしくんに向かうのだめと出くわします。(のだめカンタービレ、第8話感想、以下に続きます) のだめのバック\7,770 サイズ:38×35.5×8cm ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 16時27分

» のだめカンタービレ Lesson8「新星オケ初陣!トラウマ克服に揺れる恋」 [多数に埋もれる日記/ウェブリブログ]
千秋が指揮する新オケの初演は、どうなるのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 20時02分

» のだめカンタービレ 第八話 [ちょっと変な話]
●キャスト 野田恵/上野樹里 千秋真一/玉木宏 峰龍太郎/瑛太 三木清良/水川あさみ 奥山真澄/小出恵介 多賀谷彩子/上原美佐 江藤耕造/豊原功補 谷岡肇/西村雅彦 フランツ・シュトレーゼマン/竹中直人 ●原作 二ノ宮知子(講談社) のだめカンタービレ (7)... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 00時04分

» のだめカンタービレLesson8 [快投乱打な雑記帳]
 さあ歌おう、絶望から希望へ...、歌え!歓喜の歌を!! [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 00時20分

» ドラマ「のだめカンタービレ」第8回 [kasumidokiの日記]
カンガルー・鹿…熊肉の缶詰。千秋、大丈夫なのかなあ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 00時50分

» のだめカンタービレ 第8話 [ドラマの話をしてみよう]
どうもアホのフォーメーションが変わったようです。 のだめ(上野樹里)、龍太郎(瑛太)、真澄(小出恵介)の3人で形成されていたアホ3トップはいつしかなりを潜め、新たに浮上してきたのが、江藤(豊原功補)と佐久間(及川光博)のアホ2トップ(笑) 江藤、おなら体操完成(^O^)/ 佐久間、アホだ・・・_| ̄|○ いよいよRSオケの初公演だったわけですがさすがに聞き入ってしまいました(^^♪ 時間もたっぷりだったし良かったぁ〜♪ ただのアホなドラマじゃなく、こうした締めると... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 15時30分

» 「のだめカンタービレ」Lesson8 [つれづれ さくら日和]
「のだめカンタービレ」の後に「ビストロスマップ」を見ていたら、レビューを書くタイミングを逃してしまいました。{/face_gaan/} ・・・と言うお仲間さん、昨日はきっと多いですよね。{/face_ase2/} いよいよR☆Sオーケストラデビューですね。{/kirakira/} 原作では何故かここを一番初めに読んだので、ここは私にとってもとても印象深い話です。 何と言ってもあの魅力的なポスターですね。{/hearts... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 17時45分

» 「のだめカンタービレ」第八話 〜汝よ、次に目覚める時はもう恐れる事勿れ〜 [混沌と勇気日記。 〜壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は〜]
 千秋(玉木宏)は、メンバーそれぞれが出場しているコンクールが終わるまで、R☆Sオケ(=ライジングスターオーケストラ)の練習を中止にする。龍太郎(瑛太)は、R☆Sオケを成功させて、いつかプロオケにすることを夢見ていた。しかし、清良(水川あさみ)たち他のメンバーの夢は海外に拠点を置いて活躍することであり、そのためにもコンクールで勝つことが重要だった。彼らにとってR☆Sオケは、あくまでも限定的な活動の場なのだ。千秋... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 00時16分

» ドラマ のだめカンタービレ Lesson8 [ラフマニノフ大好き ]
また、書くのが土曜になっちゃったけど、(^^;ドラマ のだめカンタービレ Les [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 14時42分

» のだめカンタービレ☆第8回 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
おぉ~、とうとう8回目を迎えてしまいましたぁぁぁ~。ああ、あと3回で終わるぅぅ [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 12時35分

« エローラ:ご来場・お手伝い御礼 | トップページ | 曲解音楽史8:インドに歴史は必要ない? »