« シューマンを聴く:「ライン」、2人の作曲家のアプローチ | トップページ | のだめのいいとこ:9)拭い去れない、それぞれの煩悩 »

2006年12月10日 (日)

のだめ)"Piano"別冊、税込1,000円!


ドラマ 「のだめカンタービレ」 ミュージックガイドブック 2006年 12月号 [雑誌]

もう読みましたか? ・・・とっくに読みましたか。。。(T_T)

おとといやっと見つけて、狂喜して買い帰ったのも束の間。
いつものコミック同様、ウチの鬼娘に取り上げられて、涙にくれておりました。
で、夜、鬼の寝てるまに・・・ああ、手に出来てよかった!
ドラマ前半までの写真なんですけれどね、どの写真も捨て難い。
(とくに「のだめ」の部屋、千秋の指揮姿。オケ全景の写真は真澄ちゃんがちょうど真ん中で見えない!YAMAHAさん、これはないでしょ!と、唯一のクレーム。黒木君がまだ出てこないのが残念)

真澄ちゃん役の小出恵介さんのポートレイト、真澄ちゃんとの落差があまりに激しくて(男っぽい!)仰天。タレント界に疎いと、こういう発見もたのしい。
でも、なによりいいのは、それぞれの意気込みや日常の心構えを読み取ることの出来る、役者さんや関係者の皆さんのインタヴュー記事。どれも素敵なお話です。とくに若い方のお話は、オヤジでも教訓受けることしきりです。
まだお手になさっていない方、これこそゲットの価値ある品ですヨ!

なお、この増刊号、後ろから開くと「夢色☆クラシック」になっています。シュトレーゼマン/千秋共演のラフマニノフのピンナップは必見!

インタヴューを受けている人のお名前のみ、以下、参考までに列挙します。
・上野樹里さん
・玉木宏さん
・竹中直人さん
・NAOTOさん
・茂木大輔さん
・外山啓介さん
・ジェイムズ・デプリーストさん
・服部隆之さん

|

« シューマンを聴く:「ライン」、2人の作曲家のアプローチ | トップページ | のだめのいいとこ:9)拭い去れない、それぞれの煩悩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4490055

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ)"Piano"別冊、税込1,000円!:

» 『のだめカンタービレ』 第9回 「コンクールvs留学!決断は別れの予感!?」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
裏でNANAがやってます。2を見てもらうんだったら、1週前だと思うんですけどね。 そんなどうでもいいことはさておき、メモです。 [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 23時48分

» 「のだめカンタービレ」第九話 〜何を今更言ふか、尻の穴小さき男が!〜 [混沌と勇気日記。 〜壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は〜]
 のだめ(上野樹里)にかけられた催眠術によって飛行機恐怖症克服のきっかけをつかんだ千秋(玉木宏)は、龍太郎(瑛太)とともに飛行機で北海道に向かった。龍太郎を誘ったのは、本当にひとりで飛行機に乗ることができるかどうか、まだ確信が持てなかったからだった。  R☆Sオーケストラの初公演は、新聞にも取り上げるなど大きな話題を集めていた。さっそく次の公演に向けて動き出した真澄(小出恵介)は、オケのメンバーに連絡を取る。い... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 21時28分

« シューマンを聴く:「ライン」、2人の作曲家のアプローチ | トップページ | のだめのいいとこ:9)拭い去れない、それぞれの煩悩 »