« Mozart:Exultate, jubilate K.165 | トップページ | のだめのいいとこ:10)Frei, aber froh ! »

2006年12月17日 (日)

新モーツァルト全集の無償PDF公開

な、なんと、「新モーツァルト全集」が無償公開されました。PDFでダウンロードできてしまいます!


今日は綴れることがないのですが・・・(ここのところ「あれも聴きたい、これも読みたい」と買い込み過ぎて、なにひとつ完全に消化していません)。

(08.01.21リンク修正しました。)

生誕記念年だった某作曲家の全作品解説本が、予定日を遥かに過ぎてやっと出ました。
で、楽しみにしてちょっとお店で立ち読みしたのですが、
「音楽学の学者さんって、これくらいのお仕事で満足なさるの?」
という内容で、翻訳者の皆さんも専門家ばかりだそうですが、最近手にしている、別の作曲家の音楽解説書に比べて、翻訳者による付加価値も見いだせず、ガッカリして購入しませんでした。・・・そちらの訳者は音楽ではなく、社会学を勉強なさった方です。ある別の音楽学者さん(日本人)の著作に原著及び翻訳を文献リストに載っていますが、リストに載せた音楽学者さんの該当する部分の記述は
「文献を本当に熟読したのだろうか?」
と疑問になるほど、関連情報については的をはずした議論を書きなぐっているように・・・自分に都合のいい解釈を施すためにだけ突っ走っているように見受けます。

全ての音楽学者さんがそうだ、とは思いたくありません。
ですが、作品解説のような、小事典として使いたくなるこの手の内容だったら、編纂については歴史学者さんの方が遥かに優れています。
たとえば、日本史関係の「便覧」的な本でも、中世史関係なら素人には中世史が俯瞰できるように、専門的な学習者向けには文献等の所在が明確に分かるようになっています。
「日本史だから当たり前じゃないか」
と言われそうですが、日本人の手になる世界史の啓蒙的な便覧書にも、典拠を示すだけでなく、使い手が著者の論拠を日本語翻訳で探しやすいような便宜まではかってくれる丁寧な作りのものも少なからずあります。
あるいは、演奏家の方が、よっぽど良い本を書けるほどの研究をしているのではないか、とも感じます。
ただし、演奏家はよりよい演奏に資するために研究するのですから、研究書を書くまでのゆとりはないでしょうし、あってもイケナイのでしょう。。。残念ですが。(極めて少ないとはいえ、ラインスドルフやパドゥラ=スコダ、朝比奈隆など、「演奏のための」楽譜の読み方を徹底的に教えてくれるものも皆無ではありません。ピアノですと日本の人にも著書が多いですね。)

まあ、ガタガタ言っても仕方ありません。
実は、その「全作品解説」をネタにするつもりでいたのですが、パーになってしまって、つい愚痴に屁理屈を上塗りしてしまいました。

代わりに、JIROさんに頂いた貴重なネタを、再度、きちんと公表してお茶を濁します。
(というか、この記事のトップに、もうリンクを貼りました。本文まで読んで下さった方、愚痴に付き合わせて大変申し訳ありませんでした。)

実は、昨日"Exultate, jubilate"の記事を綴った末尾に載せました通り、新モーツァルト全集がPDF形式で無料ダウンロード出来るようになった、というビッグニュースなのでした。

・・・それだけ、なんです。ホント、失礼しました。
まずは記事冒頭のリンクから実際に覗いてみて下さい。
それで充分、今日のお粗末のお詫びになるかと存じます。

JIROさん、あらためて情報ありがとうございました。)

|

« Mozart:Exultate, jubilate K.165 | トップページ | のだめのいいとこ:10)Frei, aber froh ! »

コメント

Kenさん、こんにちは。私のブログにわざわざコメントを書いて下さるなど、お気遣い頂いて恐縮です。

私のブログで、Nべさんもコメントで書いておられますが、「IT media News」が最初(だと思うのです)に報じたのが面白いですね。

IT media Newsの記事は14日付ですが、時事通信などは、今日になってようやく記事にしました。

それはともかく、これは有難いですね。プリントアウトまで(商用目的でなければ)許されるのですから、寛大なものです。

ところで、これは単なる私の興味で伺うのですが、

Kenさんが私のブログで書いてくださったけど、パート譜まで無料で見られるサイトってあるのですか?

投稿: JIRO | 2006年12月18日 (月) 18時34分

JIROさん

パート譜有り、のサイト。
あったはずなんですが・・・もう1年ちょっと前に、
「ええい、買っちゃえ!」
に方針を決めてしまってから見ていないんです・・・ごめんなさい。
いずれにせよ、あっても弦楽合奏が少々、が関の山だったと、そのようにうっすら記憶しています。。。あてになるかなあ。。。

ちょっと時間下さいね。探しなおしますから。

投稿: ken | 2006年12月18日 (月) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4584440

この記事へのトラックバック一覧です: 新モーツァルト全集の無償PDF公開:

» ベルリオーズ。お待たせしました。さらに書き足しました。/モーツァルト全作品のスコア無料公開 [JIROの独断的日記ココログ版]
◆12月11日が彼の誕生日だったのです。 今週の月曜に書き損ねたのですが、11日 [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 18時23分

» モーツァルトの楽譜が無料でダウンロード [http://pianolady.seesaa.net/]
国際モーツァルテウム財団のホームページに、モーツァルトの全作品の楽譜が公開されました。 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 23時43分

« Mozart:Exultate, jubilate K.165 | トップページ | のだめのいいとこ:10)Frei, aber froh ! »