« 忘れ得ぬ音楽家:1)岩城宏之 | トップページ | チェリビダッケ 音楽の現象学 »

2006年12月14日 (木)

2007年が記念年!

某BBSで近代の何人かの名前が飛び交っていて面白くなりました。
で、どんな作曲家・音楽家たちが記念年、というより、生没10年キザミを迎えるのか、ちょっとリストにしてみます。

オケゲム:1497没(没後510年)
モンテヴェルディ:1567生(生誕440年)
リュリ:1687没(没後320年)
ブクステフーデ:1707没(没後300年)
ヘスラー:1747生(生誕260年)
テレマン:1767没(没後240年)
ドメニコ・スカルラッティ:1757没(没後250年)
ヨハン・シュターミッツ:1757没(没後250年)
プレイエル:1757生(生誕250年)
アドルガッサー:1777没(没後230年)
ヴァーゲンザイル:1777没(没後230年)
グルック:1787没(没後220年)
レオポルト・モーツァルト:1787没(没後220年)
シューベルト:1797生(生誕210年)
メユール:1817没(没後190年)
ベートーヴェン:1827没(没後180年)
フンメル:1837没(没後170年)
フィールド :1847没(没後160年)
メンデルスゾーン:1847没(没後160年)
チェルニー:1857没(没後150年)
エルガー:1857生(生誕150年)
ボロディン:1887没(没後120年)
ブラームス:1897没(没後110年)
コルンゴルト:1897生、1957没(生誕110年、没後50年)
ヨアヒム(ヴァイオリニスト):1907没(没後100年)
グリーク:1907没(没後100年)
フォルトナー:1907生(生誕100年)〜オペラ『血の婚礼』初演50年記念
松平頼則:1907生(生誕100年)
尹伊桑:1917生(生誕90年)
ラヴェル:1937没(没後70年)
ガーシュウィン:1937没(没後70年)
シマノフスキ:1937没(没後70年)
シベリウス:1957没(没後50年)

・・・うーん、名前しか知らない人も、全然知らない人もいるゾ!
(これでも知らない人は省いたんですけれどね。)

きりのいいのは、ブクステフーデ、D.スカルラッティ、J.シュターミッツ、プレイエル、チェルニー、エルガー、ヨアヒム、グリーク、コルンゴルト、フォルトナー、松平頼則、シベリウスの12人ですかね。

それにしても、生誕記念は9人。没後記念が25人。あれまあ。

ウィキペディアで見つかった人物名にはウィキペディアへリンクを貼りました。
見つからなかった人は、探した中で人物概要などが少しは分かるかな、というものを選びました(へスラー、アドルガッサー、ヴァーゲンザイル、ヘスラー、フォルトナー)。これらの人たちについてもっといいサイトがあったらお知らせ下さいますよう、伏してお願い申し上げます。 m(_ _)m

|

« 忘れ得ぬ音楽家:1)岩城宏之 | トップページ | チェリビダッケ 音楽の現象学 »

コメント

こちらでははじめまして。
某BBS(笑)で作曲家生没年の話題で悪ノリしておりました、ちぇろりすとです。こちらへのリンクを紹介されておられましたので伺いました。ガーシュウィンとシマノフスキの生没年は、すっかり失念しておりました。生前、出会いがあったというガーシュウィンとラヴェルは没年が一緒なんですね。去年、今年と、「のだめカンタービレ」のおかげで、音楽に満ちあふれた楽しい一年でした。来年も音楽に満ちあふれた、楽しい一年に出来るといいなあと思っております。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ちぇろりすと | 2006年12月25日 (月) 10時44分

ちぇろりすとさん、いやあ、ビックリ!
こんなお粗末で出来の悪いブログへようこそおいで下さいました!
(感激です。)

ガーシュウィンとラヴェルのような偶然もあるのですね。
縁は異な物、とはよく言ったもので。。。
私は、今年のシューマンと来年のブラームス(ちと切りは悪いけれど)を繋げてみたいな、と思っております。

あちら(!)でのちぇろりすとさんのお言葉は、熱意がこもっている上にあったかくて、いつも尊敬のまなざしでおります。
これからも何卒宜しくお願い致します。
ほんとうに、ありがとうございます!

投稿: ken | 2006年12月25日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4548116

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年が記念年!:

» 今年の記念の作曲家 [Klaviermusik]
去年はモーツァルトとR.シューマンの記念の年であった(シューマンの方は、モーツァルトと比べて随分お寒い状況であったようだが)。今年はエルガー、シベリウス、グリーグの記念の年であるそうだ。 シベリウス辺りは、そこそこ盛り上がるかも知れない。 個人的にはエルガー..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 2日 (火) 22時57分

« 忘れ得ぬ音楽家:1)岩城宏之 | トップページ | チェリビダッケ 音楽の現象学 »