« 11月19日練習反省 | トップページ | シューマンを聴く:自国語オペラへの夢、潰えて »

2006年11月20日 (月)

のだめのいいとこ:6)うらやましいな、シンクロ泣き

ココログご利用の「のだめ」ファンの方へ、お願い
あなたの「のだめ」記事をお綴りになる時、是非『のだめカンタービレ』という名前のカテゴリを作り、そのカテゴリで掲載なさいませんか? 一人でも多くの方がそうして下さると、ニフティのカテゴリ別に『のだめカンタービレ』が登録され、『のだめカンタービレ』について読みたい人が、あなたの記事をカンタンに見つけてくれるようになるそうです(ご教示下さったJIROさん、本当にありがとうございます。)



おすすめ関連CDと本:「のだめオーケストラLIVE」「くわしっく名曲ガイド」


のだめカンタービレ (6)

・・・「のだめ」を見るたび、笑って、でも涙してしまう
そんな自分が分からなくなってきました。。。

原作4巻の音楽祭の部分はドラマ化されませんでしたので、シナリオ上は設定に変更がありますね。テレビドラマとしてはこれからが真骨頂かもしれませんね。・・・シナリオ屋さんのご苦心とセンスの良さを感じさせて頂きました。
実は、我が家、たいていテレビは子供がゲームをするために占領してしまうので、ドラマってどんなものなのか、私は正直言って皆目見当がつきません。でも、展開を追いかけていると、なんだかそろそろ原作と違う楽しみが湧いてくる予感がしてなりません。

本日涙した部分。
・のだめと千秋のラフマニノフ連弾。演奏の中身云々、ではなくて(あー、演奏も素晴らしかったんですが。どうも表現が下手で、すみません)、お二人の演技にこもった気合いと、真剣なアンサンブルが本当に実を結んだときの喜びを、このお二人がその目で見事に示してくれたことが第1でした。(演奏スタイルの演技も、なかなかのものでした!ただただビックリ!)
・Sオケ打ち上げでの、「太鼓でドン!」の真澄ちゃん。それを見つめる千秋の目。もう、言葉、なし。
・同じ打ち上げの、一連の部分。アマチュアとは言え学生オケにいましたけれど、私たちのオケには、ああいう喜びの爆発が無かったな。「ドラマ」の中とは言え、あれが本来の学生さんのノリ、ですよね。。。うらやましい限りでした。
それぞれの部分で涙が出ましたが、家内も娘も息子も、いつものように1分に1度笑い転げるばかり。
私とシンクロ泣きしてくれる家族は、誰もいなかった・・・

さて、R☆Sオケの物語は、どうなって行くんでしょうか。

今日以降は、もう素人の私ごときでは蘊蓄を傾けるなんて恥ずかしくて出来ないかも知れないな。
なにか思いつけば後で付け足しますが、とりあえずは、とくにアンサンブルでの真剣勝負については、文庫本で手軽に読める茂木大輔著「はみだしオケマン挑戦記」、とくに IIIに記載の「オーボエ吹きはどこへ行く」・「オーボエ吹きの深き欲望」のご一読をお勧め致します。
この本のことは近日、またへたくそなレヴューをしますネ(しました)。

今回も、お粗末でした。



はみだしオケマン挑戦記―オーボエ吹きの苛酷なる夢


Book

はみだしオケマン挑戦記―オーボエ吹きの苛酷なる夢


著者:茂木 大輔

販売元:中央公論新社

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 11月19日練習反省 | トップページ | シューマンを聴く:自国語オペラへの夢、潰えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4256706

この記事へのトラックバック一覧です: のだめのいいとこ:6)うらやましいな、シンクロ泣き:

» 『のだめ』の影響 [オジ・ファン・トゥッテ♪]
月9ドラマ『のだめカンタービレ』の人気が高いとのことです。クラシック音楽を話題に [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 22時16分

» のだめカンタービレ6愛のシンクロ泣き! [ぱるぷんて海の家]
のだめ覚醒! いよいよこれから主役の本領発揮かと思いきや、またストーリがよく分からなくなってしまった。いや千秋さまの新しいオケ構想は分かるが、のだめの立ち位置が未だ定まらないというか・・・。とにかく原作も読まないでここまで観てるんだから、頼りになるのは想....... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 22時33分

» 「のだめカンタービレ」 Lesson6 [仙丈亭日乘]
「さらばSオケ!! 涙の解散式&愛の2台ピアノ」 [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 22時49分

» のだめカンタービレ Lesson6「さらばSオケ!! 涙の解散式&愛の2台ピアノ」 [多数に埋もれる日記/ウェブリブログ]
今週は、のだめと千秋の関係はどうなるのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 22時53分

» 『のだめカンタービレ』 第6回 「さらばSオケ!!涙の解散式&愛の2台ピアノ」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
パンチという点では落ちたし、音も少なかったけど、話は進んだ回なのかな。 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 00時05分

» のだめカンタービレ~Lesson6 [日々雑用]
さらばSオケ!!涙の解散式&愛の2台ピアノ:正直イマイチ [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 10時23分

» 劇中カラオケ大会 [るりの書斎日記]
昨日放送分の「のだめ」もとてもツッコミ所満載でした~。そのうちSオケ解散会で、カ [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 11時51分

» フジテレビ「のだめカンタービレ」第6話:さらばSオケ!! 涙の解散式&愛の2台ピアノ [伊達でございます!]
玉木さんの千秋は、指揮姿よりもピアノを弾く姿のほうが絵になりますね。ミッチーならではのナルシストなオーラは、原作の佐久間のセリフ回しにぴったりだったと思います。 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 16時49分

» のだめカンタービレ 第6話 [ドラマの話をしてみよう]
これまで笑いが多かったんですが結構まじめな感じになってきました。 ミルヒー(竹中直人)が帰国したのが原因の1つだと思います(笑) あと、のだめ(上野樹里)がピアノに没頭し、龍太郎(瑛太)と真澄(小出恵介)のアホ3トップの絡みが減ったからのような気がします。 まぁ代わりに音楽評論家の佐久間(及川光博)というアホが出て来ましたけど・・・(;一_一) でも出番少なそうだし・・・。 結局Sオケは解散のようですね。 その代わり新たに学生オケが誕生するようです。 しかも凄い面子... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 17時46分

» 水川 あさみ のだめカンタービレから [水川 あさみ~エンタメ スクープ.net~]
水川 あさみ のだめカンタービレから 水川 あさみが演じる三木清良は、ヴァイオリン科の学生。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 13時53分

» 「のだめカンタービレ」第六話 〜嫌われても良い。我を見返せるのなら〜 [混沌と勇気日記。 〜壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は〜]
 のだめ(上野樹里)は、満足に食事も取らず一心不乱にピアノの練習をしていた。桃ヶ丘音大の学園祭で、シュトレーゼマン(竹中直人)が指揮するAオケとともにラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を弾いた千秋(玉木宏)のピアノに衝撃を受けたからだった。疲れ果てて眠ってしまったのだめの夢の中に現れたシュトレーゼマンは、正面から音楽と向き合わないと心から音楽を楽しめない、と彼女に告げた――。... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 15時32分

» ドラマ のだめカンタービレ Lesson6 [ラフマニノフ大好き ]
ドラマ のだめカンタービレ Lesson6今回もまた私のお気に入りラフマニノフ  [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 08時24分

« 11月19日練習反省 | トップページ | シューマンを聴く:自国語オペラへの夢、潰えて »