« のだめ)皆様へのお願いとお詫び | トップページ | のだめのいいとこ:6)うらやましいな、シンクロ泣き »

2006年11月20日 (月)

11月19日練習反省

TMFの皆さま

大ざっぱなまとめになりますが・・・
全曲目を通じおなじ点のご指摘を受けており、かつ私からも申し上げましたので、その点のみ整理して掲載しておきます。

1)和声が崩れていることが分からなくなってしまうような、
  自分自身に熱中してしまった「大きな音」で演奏しないこと。
  ・・・かえって「響きを殺し」ます。
  とくに『エロイカ』第1楽章と『モルダウ』の管楽器陣、<充分に>ご留意下さい。
  
2)上記に通じますが、「頑張りすぎないこと」。
  適宜な抑制をし、音楽上での「自分」と「応答者」の関係を常に見失わないよう配慮すること。
  (弦楽器陣は2つのことが言えます。
   第1に、伴奏音型は・・・いかに簡単なものであっても、または、いかに複雑なものであっても、
   音譜にとらわれて全体を見失い、力弾きになるのは厳禁。
   第2に、旋律担当であっても、同じく力弾きは伴奏者に無理を強い、響きが濁る原因になる。
   ・・・『モルダウ』はとくに注意を要します。
   
3)ご自身の大事な「入り」は確実に入って下さい。
  また、絡み合いが重要な箇所は、楽器が手に取れない環境でも、
  頭の中で反芻しながらリズムを正確に取れるよう、
  今からでも極力毎日、頭の中でイメージしつつ練習頂けると
  ありがたく存じます。(メトロノームをご利用下さい。)
  旋律の設計に留意しなければならない方、よろしくお願い致します。
  以上、該当の方、場所はおわかりと存じますので、具体例示しません。

以上、次回の練習が「主観」に走らず、客観的な確認に徹することを心から希望します。

|

« のだめ)皆様へのお願いとお詫び | トップページ | のだめのいいとこ:6)うらやましいな、シンクロ泣き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/4247966

この記事へのトラックバック一覧です: 11月19日練習反省:

« のだめ)皆様へのお願いとお詫び | トップページ | のだめのいいとこ:6)うらやましいな、シンクロ泣き »