« Mozart:名曲の多い機会音楽(1772年) | トップページ | シューマンを聴こう:まずは交響曲 »

2006年10月11日 (水)

ハイティンクのベートーヴェン

Hai190650
こんなにトシとったんだね、ハイティンクさん。。。

クラシック界は今週は目新しいニュースもなく(茂木さんが「のだめ」のドラマの裏方奮闘中、というのは面白いけれど)、やや旧聞に属しますが、ベルナルド・ハイティンク氏(77歳)がシカゴ交響楽団の音楽監督に就任要請された話題です。「こんな年寄が音楽監督だなんて、スキャンダラスだよ」と断わろうとしたハイティンクさんも偉いですが、折衝にあたったCard女史も執念の交渉だったようです。
そんなハイティンクさんが最初のコンサートでBeethovenを採り上げた由。基本に帰らなければならないから、との提案のようです。
リンク先の記事から、彼がLSOと録音したBeethovenの交響曲の演奏が聴けます。NewYorkTimes Webはこういうところが粋ですヨ。日本の新聞サイトではありえない。うらやましい。

|

« Mozart:名曲の多い機会音楽(1772年) | トップページ | シューマンを聴こう:まずは交響曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/3771067

この記事へのトラックバック一覧です: ハイティンクのベートーヴェン:

« Mozart:名曲の多い機会音楽(1772年) | トップページ | シューマンを聴こう:まずは交響曲 »