« 音楽史を聴く:簡単な叙説 | トップページ | Mozart:4つのキリエ(1772) »

2006年9月 5日 (火)

しかたがないのでセミの話

ことしはやはり気候が変だったのでしょうか、ウシガエルはとうとう、ほとんど鳴きませんでした。
セミも、例年は後で鳴き始めるヒグラシが、先陣を切るはずのクマゼミより先に鳴き出し、最近はその声も殆どしないほどです。

ところが、残暑がやや厳しめのせいでしょうか、9月に入ってクマゼミが張り切りだしました。
今朝も6時頃に1匹、最初の2声ほどは遠慮がちだったのが、三声目には急に、ピアニッシモからフォルテシシシモまでクレッシェンドしやがって・・・もうちょっと寝たかったのに、こいつに起こされてしまった次第。

西日本や中部はひどい水害の繰り返しでしたが、秋の台風シーズン、日本のどこかでまたヒドい水災が起きないことを祈るばかりです。

敬具。

|

« 音楽史を聴く:簡単な叙説 | トップページ | Mozart:4つのキリエ(1772) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95716/3334886

この記事へのトラックバック一覧です: しかたがないのでセミの話:

« 音楽史を聴く:簡単な叙説 | トップページ | Mozart:4つのキリエ(1772) »