« ムラヴィンスキーによるショスタコーヴィチ交響曲集 | トップページ | シュワルツコップ逝去 »

2006年8月 4日 (金)

猛暑、涼風。

今日8月4日、うちのあたりでは気温が36度近くまで上がりましたが、いかがでしたか?
私は子供に連れ回されて熱中症気味の肥満体です!
それでも、冷房は使わず、3台の扇風機をフル稼働させて過ごしました。気象情報では風向が北なので、全部北側を向けて回します。すると、うまい具合に外の風が室内に吸い込まれるので、ちょっとだけ過ごしやすくなるのです。
風がうまく入ると、キッチンの前にかけてある江戸風鈴が時々コン、コンと鳴ります。
江戸風鈴は、ご存知ですか?毎年この時期になるとニュースなどで採り上げられますが、このガラスの風鈴、すごく熱い思いをして作るんですよね。しかも、製法を守っていらっしゃる家は一軒。
鉄の風鈴なら文字通り「リン」と鳴りますが、ガラスで軽量なせいでしょうか、少し硬い「コン」という音です。
2年前だったか、本家ではなく弟さんの方の工房に行ったことがあったなあ、と、ふと思い出しました。盆の里帰り前に、娘が、
「祖母の名前入りにしてプレゼントしたい」
というので、直接工房を訪ねて描いてもらうことにしたのです。
ガタイの良いご主人はいかにも職人というゴツい顔つきですが、頼むと気さくに引き受けて下さり、
「ほいよ」
水色と桃色二色の短冊図柄の上に祖母の名前(ちなみに単純な名前ながら旧仮名遣いで、息子の私も奇麗に書けません)を、涼しげな水のように、さらりと流し込んでくれました。
ほぼ、あと一週間で旧盆ですね。

(江戸風鈴の頁にリンクを貼って有ります・・・たぶん、橙色になっています。そちらを覗いて見て下さい!)

|

« ムラヴィンスキーによるショスタコーヴィチ交響曲集 | トップページ | シュワルツコップ逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムラヴィンスキーによるショスタコーヴィチ交響曲集 | トップページ | シュワルツコップ逝去 »